豊後国

豊後国

-豊後国
-西海道
別称 豊州(ほうしゅう)
二豊(にほう)[1]
所属 西海道
相当領域 大分県大部分(宇佐市中津市除く)
諸元
国力 上国
距離 遠国
8郡44郷
国内主要施設
豊後国府 大分県大分市
豊後国分寺 大分県大分市(豊後国分寺跡
豊後国分尼寺 (推定)大分県大分市
一宮 西寒多神社(大分県大分市)
柞原八幡宮(大分県大分市)

豊後国(ぶんごのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。西海道に属する。

沿革

7世紀末に、とよのくに、とよくに)を分割して、豊前国とともに設けられた。豊後は、平安時代まで和名で「とよくにのみちのしり」と読んだ。

豊後国風土記』は、全国で5つだけのほぼ完全な形で残る風土記の1つである。

近世以降の沿革

国内の施設

国府

国府は大分郡にあった。現在の大分市古国府と推定されるが、遺跡はまだ見つかっていない。

国分寺・国分尼寺

豊後国分寺
現在の金光明寺(大分県大分市国分)。

神社

延喜式内社
延喜式神名帳』には、以下に示す大社1座1社・小社5座4社の計6座5社が記載されている(「豊後国の式内社一覧」参照)。大社1社は、名神大社ではない。
総社一宮
  • 総社 不詳
  • 一宮 西寒多神社または柞原八幡宮 (大分市上八幡) - 並立し、古くから論争が続いていた。また、中世以降は大伴氏により大分社が一宮に指定されたともいう。

二宮以下は不詳である。

安国寺利生塔

地域

特記した以外は『豊後国風土記』での表記による。

江戸時代の藩

人物

国司

鎌倉幕府

室町幕府

戦国大名

  • 大友氏:豊後・筑後二国の守護に任じられていたが、義鑑の代に肥後に進出し1543年には肥後守護に補任される。義鎮(宗麟)の治世に最盛期を迎え、肥前・豊前・筑前にも進出して1554年に肥前守護、1559年に豊前・筑前の守護に補任。九州6ヶ国の守護となり、龍造寺氏島津氏と九州の覇を競った。徐々に衰退して豊薩合戦で島津氏に敗れ、豊臣氏の九州平定後には豊後1国のみを安堵される。

豊臣政権の大名

江戸時代以前

江戸時代

豊後国の合戦

脚注

  1. 別称の「豊州」は、豊前国とあわせて、または単独での呼称。また、「二豊」は、豊前国とあわせての呼称。
  2. 末広利人「日田県管地化の実体:佐伯藩預所の場合 (PDF) 」 大分縣地方史 No.105(1982年3月) pp.20- 37、大分県地方史研究会
  3. 和名類聚抄』での表記。
  4. 近世の表記。

参考文献

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.