谷正人

谷 正人(たに まさと)は、日本音楽学者[1]サントゥール奏者。専門領域は民族音楽学イラン伝統音楽研究[2][3][4][5][6]

略歴

大阪音楽大学卒業。大阪音大時代に出会ったイラン音楽の授業がきっかけで、1995年から1998年にわたりイラン国立芸術大学へ留学しサントゥール科卒業。卒業後もサントゥールの研鑽のためイランに滞在した。帰国後京都市立芸術大学大学院修士課程及び大阪大学大学院文学研究科博士後期課程修了(音楽学)。

修了後に直ちに非常勤講師の職を得て、現在は神戸大学大学院人間発達環境学研究科人間発達専攻表現系講座で准教授を務め、エスノミュージコロジー[7]・民族音楽演奏演習(サントゥール)などの授業を担当する。

サイード・サーベットアルダヴァーン・カームカールスィヤーバシュ・カームカールなどにも師事している。

受賞歴

  • 第1回イラン学生音楽コンクール(於:テヘラン大学) サントゥール独奏部門奨励賞受賞 1998年4月
  • (社)東洋音楽学会「第25回田邉尚雄賞」『イラン音楽―声の文化と即興―』(単著)に対し。2008年
  • (社)東洋音楽学会「第28回田邉尚雄賞[8]」『アラブの音文化』(共著)に対し。2011年

著書

  • 『イラン伝統音楽の即興演奏ー声・楽器・身体・旋法体系をめぐる相互作用』(スタイルノート2021年1月刊行予定)
  • 『イラン音楽―声の文化と即興―』(青土社2007年、第25回田邉尚雄賞受賞)

論文

  • 谷正人「指で感じ理解すること : 楽器間で異なる身体感覚の研究にむけて」『イラン研究』第13号、大阪外国語大学地域文化学科ペルシア語専攻、2017年、 136-149頁、 ISSN 1880-0033 NAID 40021143326
  • 谷正人「打弦楽器をめぐる試行錯誤 : インド・イランのサントゥール (特集 旅する楽器)」『季刊民族学』第42巻第4号、千里文化財団、2018年、 43-50頁、 ISSN 0389-0333 NAID 40021726190
  • 谷正人「イラン音楽のチャルフ」『東洋音楽研究』第2005巻第70号、東洋音楽学会、2005年、 19-33,L2、 doi:10.11446/toyoongakukenkyu1936.2005.19
  • 谷正人「異文化理解における「わかりにくさ」の効用」『音楽教育学』第37巻第2号、日本音楽教育学会、2007年、 1-12頁、 doi:10.20614/jjomer.37.2_1

関連項目

脚注

  1. 卒業生インタビュー”. www.kcua.ac.jp. 京都市立芸術大学. 2020年7月2日閲覧。
  2. 神戸大学, 人間発達環境学研究科, 准教授”. nrid.nii.ac.jp. KAKEN. 2020年7月4日閲覧。
  3. Iran: Iranian discussion forum”. www.reddit.com. Reddit. 2020年7月4日閲覧。
  4. 水野信男「谷正人著『イランの音楽 声の文化と即興』」『東洋音楽研究』第2008巻第73号、東洋音楽学会、2008年、 107-110頁、 doi:10.11446/toyoongakukenkyu1936.2008.73_1072020年7月9日閲覧。
  5. 教員情報(TANI Masato)”. www.h.kobe-u.ac.jp. 神戸大学. 2020年7月4日閲覧。
  6. 神戸大学 大学院人間発達環境学研究科 人間発達専攻 准教授”. researchmap.jp. researchmap. 2020年7月4日閲覧。
  7. エスノミュージコロジー1, 国際人間科学部, 2019”. kuid-rm-web.ofc.kobe-u.ac.jp. 神戸大学研究者紹介システム. 2020年7月4日閲覧。
  8. 田邉尚雄賞 これまでの受賞者・授賞対象”. tog.a.la9.jp. 東洋音楽学会. 2020年7月4日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.