讃詞

讃詞(さんし、ギリシア語: τροπάριονロシア語: тропа́рьルーマニア語: Tropar英語: troparion, tropar)とは、正教会における祈祷文の種別[1]。スラヴ語から片仮名転写して「トロパリ」とも呼ぶ。

狭義には発放讃詞(はっぽうさんし、ギリシア語: ἀπολυτίκιον)と呼ばれる、祭日における最も重要な要素を表す祈祷文を指す[2]

広義にはカノンの讃詞讃頌[3]小讃詞坐誦讃詞[4]など)といった様々な祈祷文を指す[1]

広義の讃詞一覧

  • 讃頌 - стихира(スティヒラ)
  • 小讃詞 - кондак(コンダク)
  • 坐誦讃詞 - седален(セダレン)

脚注

参考文献

  • ミハイル・ソコロフ著、木村伊薩阿克訳『正敎奉神禮』(日本正教会・明治24年3月)

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.