論語

論語』(ろんご、拼音: Lúnyǔ)は、孔子と彼の高弟の言行を孔子の死後、弟子達が記録した書物である。『孟子』『大学』『中庸』と併せて朱子学における「四書」の1つに数えられる。

儒家経典
五経
九経



儀礼/周礼
春秋
礼記
春秋左氏伝
春秋公羊伝
春秋穀梁伝
七経十二経
論語
孝経
爾雅
十三経
孟子
邢昺『論語注疏』
何晏『論語集解』 学而
論語 衛霊公
論語 八佾
莫高窟出土の『論語』

四書のひとつである『孟子』はその言行の主の名が書名であるが、『論語』の書名が(たとえば「孔子」でなく)『論語』であるその由来は明らかでない(『漢書』巻30芸文志[1]に「門人相與輯而論纂 故謂之 論語」と門人たちが書き付けていた孔子の言葉や問答を、孔子死後に取り集めて論纂し、そこで『論語』と題したとある)。

別名、「倫語(りんご)」、「輪語」、「円珠経(えんじゅきょう)」とも言う。これは、南朝梁の学者の皇侃(おうかん)の著作『論語義疏』によると、漢代の鄭玄(じょうげん)という学者が論語を以て世務を経綸することが出来る書物だと言った所から、「倫語」という語が出現し、又その説く所は円転極まりないこと車輪の如しというので、「輪語」というと注釈し、「円珠経」については鏡を引用して、鏡はいくら大きくても一面しか照らし出さないが、珠(玉)は一寸四方の小さいものでも上下四方を照らすものであり、諸家の学説は鏡の如きもので一面しか照らさないが、論語は正に円通極まりないものである、という所から「円珠経」と言うと説かれている。

概要

歴史

成立

『論語』は春秋時代を生きた孔子とその弟子たちとの言行録である。時代が下り、始皇帝は儒教弾圧のため焚書坑儒を行い、『論語』本文は失われてしまった。しかし、生き残った儒者が口承で内容を伝え、これが現在の『論語』の原型になった。また、孔子の子孫である孔安国は自宅の壁の中に隠されていた『論語』を発見したと称して、新しい系統の『論語』本を加えた。前漢時代には、儒者たちが景帝のために『論語』を編纂し、いまに伝わる『論語』が完成した。このような来歴があるため、本文には潤色が含まれており、全てが実際の孔子の言動というわけではない。

古代・中世

『論語』は五経(六経)のうちには含まれないが、『孝経』と並んで必読とされる書物であった。『顔氏家訓』勉学篇には、「乱世では貴族の地位など役に立たないが、『論語』・『孝経』を読んでいれば人を教えることができる」と書いてある。

近世

南宋朱子は『論語』を『孟子』『大学』『中庸』と並んで四書と定め、宋学朱子学)ではこれをテクストとして重視し、科挙の出題科目にもなった。朱子は新注と称される論語への注釈『論語集注』を著し、時に強引な解釈をしながら新たな哲学体系を作り出した。同時代の陸九淵王陽明は、朱子学を批判しながらも大きな影響を受けて陽明学を創始した。

東アジア

古代に朝鮮日本など周辺諸国に伝わった。日本では、飛鳥時代には既に伝来していたが、平安時代には漢籍の一つとして貴族の間で読まれていた。五山文学僧侶たちは仏教に紛れて伝わった朱子学を学んでおり、徳川家康のような学問を好む武将も読んでいたという。江戸時代には藤原惺窩林羅山山崎闇斎らが朱子学を普及させ、一方で伊藤仁斎荻生徂徠といった古学者たちが朱子学の解釈を批判し、新たな注釈を作っていた。また、町人たちは寺子屋などで儒学を学び、石田梅岩のような思想家も現れた。明治時代以降は徐々に廃れて行くが、渋沢栄一は『論語と算盤』や『論語講義』で企業活動にも論語の道徳が必要だと説いた。ビジネス書や自己啓発書などとして、現在でも読まれている。注釈としては伊藤仁斎の『論語古義』、荻生徂徠の『論語徴』がある。近代の東洋史、東洋哲学での研究には津田左右吉『論語と孔子の思想』、武内義雄『論語之新研究』、宮崎市定『論語の新しい読み方』などがある。

西洋

ヨーロッパでは、中国大陸で布教活動を行っていたイエズス会宣教師により『大学』『中庸』と共にラテン語に翻訳され、17世紀フィリップ・クプレによって出版された。中国の哲学はシノワズリの一部としてフランスのヴォルテールシャルル・ド・モンテスキューケネーといった思想家らに大きな影響を与え、啓蒙思想の発展に寄与した[2]。ドイツのクリスティアン・ヴォルフはこれに大きな影響を受けドイツ観念論哲学の原型を作り上げた[3]。 

文献

『論語』には伝統的に複数の注釈書がある。現存最古の注釈書は、何晏がまとめたとされる『論語集解』(古注)である。 但し、『三国志』巻九の何晏の列伝には編纂したことは書かれておらずどこまで何晏の解釈か難しい。南宋の朱熹は、独自の立場から注釈を作り『論語集注』(新注)としてまとめた。江戸時代以降の日本でももっぱら新注が用いられたが、朱子学の論語解釈を批判する形での論考に、伊藤仁斎『論語古義』、荻生徂徠『論語徴』がある。

それらの注釈書が作られる前の漢代には、『論語』は三つの伝承流派によって伝えられており、地方で伝承していた『魯論語』(魯論)、地方で伝承していた『斉論語』(斉論)、孔子の旧家の壁の中から発見された古文の『古論語』(古論)、以上三つの『論語』(三論)があった[4]。三論はそれぞれ編の数や順序が異なっていた[4]。前漢の張禹が魯論と斉論を統一して『張侯論』を作った後、後漢の鄭玄が魯論を中心に三論を統一して注釈書を作った[4][5]。この鄭玄の注釈書は現存しないが、これが以降の『論語』のもとになった[4]

漢代以降は、熹平石経などの石経にも刻まれて伝えられた。

1900年代以降、莫高窟をはじめとする敦煌・トルファン地域の遺跡で、上記の鄭玄の注釈を含む、唐代の『論語』の写本の断片が出土した。

1970年代河北省定州漢墓から、前漢の紀元前55年以前に書かれたと推定される『論語』の竹簡が出土した[6]

1990年頃、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)平壌市郊外の楽浪区域にある遺跡(貞柏洞364号墳)から、紀元前45年楽浪郡のものと推定される『論語』の竹簡が出土した[7]。この出来事は、2009年頃から国際的に知られるようになった[7]

2016年江西省南昌市にある遺跡海昏侯墓(前漢の劉賀の墓)から、漢代当時の『斉論語』と推定される竹簡の断片(『論語』知道篇)が出土した[8]

2020年、注釈書の一つ『論語義疏』について、6~7世紀初めに中国で書かれたとみられる最古級の写本が日本で見つかった[9]

構成

512に区切られる短文・長文が、全10巻20篇の中にまとめられる形で収録されている。

篇の名称は(「子曰」を除く)各篇の最初の二文字(または三文字)を採ったものであり、章によってはその章の内容のことをいう。前10篇を「上論」、後10篇を「下論」と呼んで区別したりもする。論語は学問に関する章が多く取り上げられており、学以外にも社会秩序などにかんする内容も取り上げられている。

  • 巻一
    • 学而(がくじ)第一
      • 「学」についての記述、孔子の根本思想についての立件が多いため、熟読すると良いと朱熹は言う(集注)。凡そ十六章[10][11]
    • 為政(いせい)第二
      • 政治についての記述が多いとされる。凡そ二十四章[10][11]
  • 巻二
    • 八佾(はちいつ)第三
      • 礼楽に関する記述が多く、この「八佾」も礼楽の行列の名前である。凡そ二十六章[10][11]
    • 里仁(りじん)第四
      • 「仁徳」に関する記述が多いとされる。朱熹は凡そ二十六章[10][11]
  • 巻三
    • 公冶長(こうやちょう)第五
      • 名の通り孔子の弟子の公冶長との問答より始まることから公冶長篇と名付けられたとされる。この章の殆ど(最後の三章)が孔子と弟子との問答や人物評価が書かれている。凡そ二十七章[10][11]
    • 雍也(ようや)第六
      • 人物評論や「仁」と「知」の論が目立つとされる。凡そ二十八章[10][11]
  • 巻四
    • 述而(じゅつじ)第七
      • 孔子の自身言葉や容態、行動に関した記述が多いとされる。凡そ三十七章[10][11]
    • 泰伯(たいはく)第八
      • 泰伯への称賛から、礼楽など、終盤には聖人などの構成とされる。凡そ二十一章[10][11]
  • 巻五
    • 子罕(しかん)第九
      • 孔子の言行や孔子の出処進退に関する門人の記録が多いとされる。凡そ三十章[10][11]
    • 郷党(きょうとう)第十
      • 篇首が「孔子」で始まり、「子曰」という記述がないとされる。吉田(1960)は朱熹の集注をもとに十八章に分けた[10][11]
  • 巻六
    • 先進(せんしん)第十一
      • 門人などの人物評論が多く、孔子が祖国の魯に帰国してからの門人との言行の記述があることから孔子晩年期がわかる。凡そ二十五章[10][11]
    • 顔淵(がんえん)第十二
      • 孔子と門人、君主が「仁」や「政」に関する問答は多く、篇首には顔回との「仁」についての問答から始まる。凡そ二十四章[10][11]
  • 巻七
    • 子路(しろ)第十三
      • 前半は政治について、後半は善人や士君子や道徳についての問答が多いとされる。凡そ三十章[10][11]
    • 憲問(けんもん)第十四
      • この篇首、原憲が孔子に「恥」について問いたが、これ以降の篇では「原憲」のことを「原思」と字を用いていることからこの篇はは原憲が書いたのではないか,または魯の国で編集したのではないかと吉田(1960)は考察した。凡そ四十六章[10][11]
  • 巻八
    • 衛霊公(えいれいこう)第十五
      • この篇は修身出処に関する雑言が多いとされる。凡そ四十一章[10][11]
    • 季氏(きし)第十六
      • この篇は「下論」でも体裁が異なっているとし、「子曰く」とあったところが「孔子曰」となっている。凡そ十四章[10][11]
  • 巻九
    • 陽貨(ようか)第十七
      • この篇は孔子の出処進退に関する章が数章ある。世の中が衰え、道が行われないことを嘆いたり、当局者や門人に与えた警告も多いとされる。凡そ二十六章[10][11]
    • 微子(びし)第十八
      • この篇は他の逸民の話が多いが、孔子に関係を持った人達の出処進退などが記されているとされる。凡そ十一章[10][11]
  • 巻十
    • 子張(しちょう)第十九
      • この篇の大体が孔子の門人たちの言葉のみ記されている。特に高弟の言が多く、孔子に類するような言葉などが多いとされる。凡そ二十五章[10][11]
    • 堯曰(ぎょうえつ)第二十
      • この篇は凡そ三章であるが、聖人の政治や為政者にとっての政治的訓誡、君子の要訣など論語全篇に照応させたように見られると吉田(1960)は言う[10][11]

内容

内容は解釈の如何によって異なる。本文には今では使われていない単語や意味の分かりにくい部分や、解釈の分かれる部分があるため、読むためには注釈に頼ることが必要である。注釈は古注や新注、それ以外の注釈など多数あり、それぞれ内容が異なる。注によって解釈が全く異なり、訓読文や現代語訳もどの注釈に従うかで変わってくる。そのため、以下の内容はそのまま本文に書かれているというわけではないことに注意が必要である。

学而(がくじ)第一

全16章。

為政(いせい)第二

全24章。

八佾(はちいつ)第三

全26章。

里仁(りじん)第四

全26章。

公冶長(こうやちょう)第五

全27章。

雍也(ようや)第六

全28章。

述而(じゅつじ)第七

全37章。

泰伯(たいはく)第八

全21章。

子罕(しかん)第九

全30章。

郷党(きょうとう)第十

全18章。

先進(せんしん)第十一

全25章。

顔淵(がんえん)第十二

全24章。

子路(しろ)第十三

全30章。

憲問(けんもん)第十四

全46章。

衛霊公(えいれいこう)第十五

全41章。

季氏(きし)第十六

全14章。

陽貨(ようか)第十七

全26章。

微子(びし)第十八

全11章。

子張(しちょう)第十九

全25章。

堯曰(ぎょうえつ)第二十

全3章。

刊行文献

校訂訳注

  • 荻生徂徠『論語徴 1』小川環樹訳注、平凡社〈東洋文庫 575〉、1994年3月。ISBN 4-582-80575-2。
  • 荻生徂徠『論語徴 2』小川環樹[13]訳注、平凡社〈東洋文庫 576〉、1994年4月。ISBN 4-582-80576-0。
  • 朱熹論語集注土田健次郎訳注、平凡社〈東洋文庫〉(全4巻)、2013-2015年
  • 朱熹『四書章句集注』〈新編諸子集成〉、中華書局、2006年。ISBN 9787101081695。
  • 宇野哲人『論語新釈』講談社講談社学術文庫 451〉、1980年1月。ISBN 4-06-158451-0。
    • 別版『論語 上・下』明徳出版社〈中国古典新書〉、新装版2010年
  • 『論語』貝塚茂樹訳注、中央公論新社〈中公文庫〉、改版2020年3月(原著1973年7月)。ISBN 4-12-206848-7。
  • 『論語』加地伸行全訳注、講談社〈講談社学術文庫 1962〉、2009年9月、増補版(原著2004年3月)。ISBN 4-06-291962-1。
  • 『論語』金谷治訳注、岩波書店岩波文庫〉、1999年11月、新訂版(原著1963年)。ISBN 4-00-332021-2。
    • 『論語』金谷治訳注、岩波書店〈ワイド版岩波文庫〉、2001年1月(原著1991年1月)。ISBN 4-00-007169-6。
  • 穂積重遠『新訳 論語』講談社〈講談社学術文庫 549〉、1981年8月。ISBN 4-06-158549-5。
  • 宮崎市定『論語 現代語訳』岩波書店岩波現代文庫〉、2000年5月。ISBN 4-00-600017-0。
  • 吉川幸次郎『論語(上・下)』角川学芸出版角川ソフィア文庫〉、2020年10月。ISBN 4-04-400627-X。ISBN 4-04-400628-8
  • 吉田賢抗『論語』明治書院新釈漢文大系 1〉、1960年5月。ISBN 4-625-57001-8。

解説文献

  • 荒川健作『論語大成 全訳 最高の徳「中庸」とは何か?』三恵社、2007年6月。ISBN 978-4-88361-552-0。
  • 狩野直禎図解雑学 論語』ナツメ社、2001年7月。ISBN 4-8163-3046-1。
  • 加地伸行『「論語」再説』中央公論新社〈中公文庫〉、2009年3月。ISBN 978-4-12-205136-2。
  • 簡野道明『補註 論語集註』明治書院、2003年2月。ISBN 4-625-73301-4。新版再刊
  • 武内義雄『論語之研究』岩波書店、1939年。
    • 武内義雄『武内義雄全集 第1巻』角川書店、1978年7月。
  • 陳舜臣『論語抄』中央公論新社〈中公文庫〉、2009年8月。ISBN 978-4-12-205189-8。
  • 津田左右吉『論語と孔子の思想』岩波書店、1946年。
    • 津田左右吉『津田左右吉全集 第14巻』岩波書店、1987年10月。ISBN 978-4-00-091124-5。
  • 橋本秀美『論語 心の鏡』岩波書店〈書物誕生-あたらしい古典入門〉、2009年9月。ISBN 978-4-00-028294-9。
  • 緑川佑介『孔子の一生と論語』明治書院、2007年2月。ISBN 978-4-625-68403-6。総ルビ付き。
  • 三谷幸広・竹内貴久雄『論語くん』毎日小学生新聞、2014年4月1日 -。ISBN 978-4-620-32313-8。
  • 宮崎市定『論語の新しい読み方』礪波護編、岩波書店〈岩波現代文庫〉、2000年7月。ISBN 4-00-600022-7。新版再刊
    • 宮崎市定『論語の新研究 宮崎市定全集 第4巻』岩波書店、2000年9月。ISBN 4-00-091674-2。
  • 安岡正篤『論語に学ぶ』PHP研究所〈PHP文庫〉、2002年10月。ISBN 4-569-57813-6。新版再刊
  • 吉川幸次郎『「論語」の話』筑摩書房〈ちくま学芸文庫〉、2008年1月。ISBN 978-4-480-09121-5。新版再刊
  • 呉智英『現代人の論語』筑摩書房〈ちくま文庫〉、2015年8月。ISBN 978-4-480-43254-4。新版再刊
  • 井波律子『完訳 論語』岩波書店、2016年6月。ISBN 978-4-00-061116-9。
  • 『論語 現代語訳』齋藤孝訳、筑摩書房ちくま新書〉、2010年12月。ISBN 978-4-480-06578-0。
    • 『論語』齋藤孝訳、筑摩書房〈ちくま文庫〉、2016年10月
  • 『論語 現代訳』下村湖人訳、PHP研究所(選書判)、2008年10月。ISBN 978-4-569-70314-5。 新版再刊、現代語訳のみ。
  • 『論語 朱熹の本文訳と別解』石本道明、青木洋司、明徳出版社 2017年12月
  • 仁斎論語 『論語古義』現代語訳と評釈』子安宣邦、ぺりかん社 上下、2017年12月
  • 『全譯 論語集解』渡邉義浩主編、汲古書院 上下、2020年
  • 『論語 孔子の言葉はいかにつくられたか』渡邉義浩、講談社選書メチエ、2021年

脚注

  1.  班固. 漢書/卷030. - ウィキソース.
  2. 後藤末雄 (1969). 中国思想のフランス西漸. 平凡社東洋文庫
  3. 井川義次 (2009). 宋学の西遷―近代啓蒙への道. 人文書院
  4. 本田濟 日本大百科全書(ニッポニカ)『論語』 - コトバンク
  5. 佐田弘道「三論小考」『漢文學會々報』第10巻、東京文理科大學漢文學會、1939年12月1日、 doi:10.15068/00147308 NAID 120006343825
  6. 高橋均「「定州漢墓竹簡『論語』」試探 (一)」『中国文化 : 研究と教育』第57巻、1999年、 2頁。
  7. 李成市平壌楽浪地区出土『論語』竹簡の歴史的性格」『国立歴史民俗博物館研究報告』第194巻、2015年、 201頁。
  8. 1800年前に消えた幻の「論語」、海昏侯墓から出土か―中国 (日本語). Record China. 2020年10月11日閲覧。
  9. 最古級の「論語」写本を発見 中国でも消失、古書店から”. 朝日新聞. 2020年9月27日閲覧。
  10. 吉田賢抗『論語』明治書院〈新釈漢文大系〉、1960年5月25日。ISBN 9784625570018。
  11. 朱熹『四書章句集注』中華書局〈新編諸子集成〉、2006年。ISBN 978-7-101-08169-5。
  12. 『論語』金谷治訳注 岩波文庫
  13. 元版は『荻生徂徠全集 3・4 経学』みすず書房、1977-78年。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.