訓練

訓練(くんれん、トレーニングともいう)とは、

  • 実際に、何らかのことを行って習熟させること[1]
  • 一定の目標に到達させるための実践的な教育活動[1]
  • 動物に何らかの学習をおこなわせるための系統的な方法[1]

企業では研修(けんしゅう)ともいう。

概説

訓練とは、基本的に、馴(な)れるまで練習させることである。ただの、文字・言葉という形で表現された「知識」を伝えることにとどまる「教授」とは異なり、実際に何かを行わせることで、何かを実際にできるところまで習熟させることである。

学生向け

教育用語としては、「訓練」は「教授」と対比的に用いられる[2]。 「教授」が主として知識の伝達や習得を目的としたものであるのに対し、「訓練」(訓育)のほうは、実際的・身体的な意味合いが濃く、実践的・意思的な面に焦点をあてている[2]。特に その厳しさが強調されている場合は「鍛錬(たんれん)」とも呼ばれる。

学生、教育の関連用語
職業人向け

民間企業では、従業員(社員)の様々な能力を向上させるために、時折 研修が行われている。訓練の内容は業種や職種による。

例えば小売店のチェーンなどの新入従業員などに対しては、それぞれの業種の実態に即した接客の基本などの訓練が行われる。

たとえば企業に入社したての新入社員などに対しては、企業の従業員の振る舞いの基礎となる 企業の社員らしい挨拶のしかた、おじぎのしかた、名刺交換のしかた、電話応対のしかた、顧客や上司に対して使うべき それぞれに異なった敬語の使い方、組織内の他のメンバーへの報告・連絡などのしかた... 等々等々を訓練し、自然にできるレベルまで繰り返し訓練し、体得させる。(新入社員の段階を終えた)主にオフィス内で仕事をする事務職などに対しては、PCのアプリケーション(ワープロ表計算などのアプリケーション)などを自在に使えることを目標として訓練を行う。営業販売推進経理物流ロジスティックス) 等々等々 それぞれの職種ごとに必要な訓練が行われている。管理職などに対しては管理職向けの訓練が行われており、経営陣から求められていることを的確に理解し、自身がまかされている部下を束ね彼らの能力をうまく引き出し、組織として成果を出すための訓練を行う。また、経営者のための訓練もあり、その場合、例えば経営シミュレーション(ゲーム)などを使って、架空の企業の経営者の役になり、さまざまな状況を架空的に作り出し、自社の諸資源(人・設備・資本)なども踏まえて、状況に対して適切な経営的な決断を下す訓練が行われる。

企業の研修は、外部の、研修を専業とする業者の研修所において行われることもあれば、講師やトレーナーなどを招き、企業内の会議室や研修用の部屋などで行われることもある。

公務員の中でも消防警察軍隊など、特に身体的な強靭さ、行動のすばやさ、判断力、精神的な粘り強さが求められる職種では、平素から、実際にありうる様々な状況も想定しつつ、身体的・実践的・精神的な訓練が繰り返し行われている。

訓練の例

炊き出しの訓練。
軍隊における、シミュレーターを用いた大型車運転の訓練
米国海軍 SEALs のライフル訓練。
バスケットボールのトレーニング(1962年)

(研修の例)

ジャーナリストのトレーニング
犬の訓練

脚注

  1. 広辞苑 第六版「訓練」
  2. ブリタニカ百科事典「訓練 training」

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.