言語入力キー

言語入力キー(げんごにゅうりょくキー)は、日本語朝鮮 (韓国)語キーボードに見られる、インプットメソッドで文字を変換するために使用するキーである。これらのキーのないキーボードでIMEを使用するときはショートカットキーを使用するが、常に言語入力キーと同じ働きをするとは限らない。

日本語キーボードのキー

日本語キーボード(OADG 109A)
Appleの日本語キーボード
PC-9800シリーズのキーボード

Microsoft Windowsで標準となっているOADG109キーボード配列には、「半角/全角/漢字キー」・「無変換キー」・「変換キー」・「ひらがな/カタカナ/ローマ字キー」・「英数キー」の5つの言語入力キーがある[1]

macOS用に設計されたアップルのキーボードには、英数キー(英数)とかなキー(かな)がある。

1980年代から1990年代にかけて日本で最も優勢であった日本電気 (NEC)のPC-9800シリーズのキーボードには、カナキー、NFERキー(no transferの略。無変換キーと同じ[2])、XFER(transferの略。変換キーと同じ[2])の3つの言語入力キーがあった[3]

漢字キー

漢字キー(漢字)は、日本語入力モードと英語入力モードの切り替えに使用する。IBM PS/55 5576-001では独立のキーであった。IBM PS/55 5576-002では左のAltキーと共用された。106/109キーボード配列では、単独のキーではなく半角/全角キーと統合されており、「漢字」と刻印されていない場合もある。

変換キー

変換キー(変換)は、かな漢字変換において仮名を漢字に変換し、また、次の変換候補にフォーカスするのに使用する。 Shift+変換で前の変換候補にフォーカスする。ただしこの機能は、Microsoft IMEなど多くの日本語IMEのデフォルト設定でスペースキーでも同じ動きをするようになっている。スペースキー#他の用途を参照。

無変換キー

無変換キー(無変換)は、かな漢字変換を行わずに平仮名として確定する場合に使用する。

半角/全角キー

半角/全角キー(半角/全角)は元々(Windows 98以前)は全角と半角の切り換えに使用していた。現在(Windows 2000以降)では、IMEのオンオフ(日本語モードと英語モード)の切り換え、つまり漢字キーと同じ意味で使用している。106/109キーボードでは、キーボードのタイピングエリアの左上端にあり、以下のように刻印されている。

半角/
全角
 漢字 

Microsoft IMEで入力文字を全角・半角にするには、以下のキーを押下する。

ひらがな/カタカナキー

ひらがな/カタカナキー(ひらがな/カタカナ)は、平仮名と片仮名の切り換えに使用する。

以下のように「ローマ字キー」が統合されている場合もあり、その場合、 Alt+ひらがな/カタカナCtrl+ Shift+ひらがな/カタカナ [4]でローマ字入力モードとカナ入力モードを切り換える。カナ入力モードになっている状態を「カナロック」と言い[5]、Windowsでは言語バーの"KANA"が青く表示される。PC-9801シリーズでは、この機能のための カナ キーが存在した[3]

カタカナ
ひらがな
ローマ字

英数キー

英数キー(英数)は英数モードへの切り換えに使用する。106/109キーボードではCapsLockキーと共用されている。英数/CapsLockを単独で押した場合は英数キーとして働き、 Shift+英数/CapsLockを押下した場合はCapsLockキーとして動作する。

韓国語キーボードのキー

韓国で一般的な2ボル式(두벌식)配列のキーボード

韓国PC/AT互換機の標準的なキーボードには、한/영ハングル/英数)キーと한자(漢字)キーの2つの言語入力キーがある。いくつかのキーボードでは、独立のキーになっていない場合もある。

한/영キー

韓国語(ハングル)入力モードと英語(ISO基本ラテンアルファベット)入力モードを切り換えるのに使用する。「한」はハングル(한글)、「영」は英語(영어)の意味である。

多くのコンピュータシステムでは、한/영キーを使わなくても、同じ動作をする別のキーかキーシーケンスが用意されている。韓国で使われている多くのポータブルコンピュータでは한/영キーがなく、代わりに右のAltキーを使用する。そのようなキーボードでは右Altキーに「한/영」とだけ書かれているか、「한/영」と「Alt」が書かれている。

한자キー

ハングルを漢字やその他の記号に変換するのに使用する。「한자」は朝鮮語で「漢字」の意味である。

多くのコンピュータシステムでは、한자キーを使わなくても、同じ動作をする別のキーかキーシーケンスが用意されている。韓国で使われている多くのポータブルコンピュータでは한자キーがなく、代わりに右のCtrlキーを使用する。そのようなキーボードでは右Ctrlキーに「한자」とだけ書かれているか、「한자」と「Ctrl」が書かれている。

関連項目

脚注

  1. OADG 109Aキーボード JISによる参照キーボードに!”. 2012年7月24日閲覧。
  2. 「お答えします : XFERキーの意味は何?」『日経パソコン』、日経BP、1993年4月26日、 207頁、 ISSN 0287-9506
  3. Keyboard Collection”. 2012年7月24日閲覧。
  4. Caps Lock, Num Lock, and Scroll Lock Indicators Are Reversed”. Microsoft Support. 2015年1月29日閲覧。
  5. 041395 ローマ字入力をしていると、勝手にカナ入力に切り替わってしまう”. ジャストシステム. 2016年4月7日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.