角川財団学芸賞

角川財団学芸賞(かどかわざいだんがくげいしょう)は、公益財団法人角川文化振興財団[1]が主催する学術賞で、2003年より設置された。

角川グループでの学術賞では、角川源義賞と並び設けたもので、日本の文芸・文化に関わる、あるいはそれらを広範・多義的にテーマとする諸分野の個人著作に与えられる。副賞百万円。選考委員は(2019年時点)は、大澤真幸鹿島茂佐藤優松岡正剛

受賞作

第1回から第10回

  • 第1回(2003年)
    • 三浦佑之『口語訳 古事記』(文藝春秋)
    • (奨励賞)宮脇真彦『芭蕉の方法』(角川書店)
  • 第2回(2004年) - 瀧井一博『文明史のなかの明治憲法』(講談社)
  • 第3回(2005年) - 佐伯真一『戦場の精神史-武士道という幻影』(日本放送出版協会)
  • 第4回(2006年) - 三枝昂之『昭和短歌の精神史』(本阿弥書店)
  • 第5回(2007年) - 大塚英志『「捨て子」たちの民俗学―小泉八雲柳田国男』(角川学芸出版)
  • 第6回(2008年)
  • 第7回(2009年) - 上野誠『魂の古代学-問いつづける折口信夫』(新潮選書)
  • 第8回(2010年) - 小熊英二『1968 [上下]』(新曜社)
  • 第9回(2011年) - 金文京『漢文と東アジア-訓読の文化圏』(岩波書店)
  • 第10回(2012年) - 桜井英治『贈与の歴史学 ─儀礼と経済のあいだ』(中央公論新社)

第11回から第20回

  • 第11回(2013年)- 斎藤環『世界が土曜の夜の夢なら―ヤンキーと精神分析』(角川書店)
  • 第12回(2014年)
    • 呉座勇一『戦争の日本中世史―「下剋上」は本当にあったのか』(新潮社・選書)
    • 白井聡『永続敗戦論―戦後日本の核心』(太田出版)
  • 第13回(2015年)- 安藤礼二『折口信夫』(講談社)
  • 第14回(2016年)- 山本聡美『九相図をよむ―朽ちてゆく死体の美術史』(角川選書)
  • 第15回(2017年)- 松居竜五『南方熊楠―複眼の学問構想』(慶應義塾大学出版会)
  • 第16回(2018年)- 若松英輔『小林秀雄 美しい花』(文藝春秋)
  • 第17回(2019年)- 野崎歓『水の匂いがするようだ─井伏鱒二のほうへ』(集英社)
  • 第18回(2020年)- 今福龍太『宮沢賢治 デクノボーの叡知』(新潮社・選書)

選考委員

  • 第1-10回 山折、鹿島、姜尚中福原義春
  • 第11回 山折、鹿島、松岡、福原 
  • 第12回-15回 山折、鹿島、松岡、佐藤
  • 第16回~ 大澤真幸、鹿島、佐藤、松岡[2]

脚注

  1. 公益財団法人認定のお知らせ
  2. 角川財団学芸賞選考委員交代について”. 角川文化振興財団 (2018年3月1日). 2019年4月25日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.