西鹿島駅

西鹿島駅(にしかじまえき)は、静岡県浜松市天竜区二俣町南鹿島にある、遠州鉄道天竜浜名湖鉄道である。

西鹿島駅
駅舎(2017年2月)
にしかじま
NISHIKAJIMA
所在地 静岡県浜松市天竜区二俣町南鹿島
所属事業者 遠州鉄道
天竜浜名湖鉄道
電報略号 ニシ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線(天竜浜名湖鉄道)
2面2線(遠州鉄道)
乗降人員
-統計年度-
天竜浜名湖鉄道:555人/日
遠州鉄道:2,914人/日
-2018年-
開業年月日 1940年(昭和15年)6月1日(天竜浜名湖鉄道)
1909年(明治42年)12月6日(遠州鉄道)
乗入路線 2 路線
所属路線 遠州鉄道鉄道線
駅番号  18 
キロ程 17.8 km(新浜松起点)
17 遠州岩水寺 (1.5 km)
所属路線 天竜浜名湖鉄道天竜浜名湖線
キロ程 28.5 km(掛川起点)
二俣本町 (1.7 km)
(1.8 km) 岩水寺
備考 共同使用駅(遠州鉄道の管轄駅)

遠州鉄道鉄道線(遠鉄線)、天竜浜名湖線(天浜線)の2路線が乗り入れている。そのうち遠鉄線は当駅が終着駅となっている。遠州鉄道には18駅番号が設定されている。

駅構造

遠鉄は相対式ホーム2面2線(2番線は短く、車両2両分の長さしかない)、天竜浜名湖鉄道は単式ホーム1面1線をそれぞれ有する地上駅

遠鉄と天竜浜名湖鉄道の共同使用駅である。駅構内の東側に駅舎、北寄りに遠鉄の車両基地(西鹿島工場・車庫)がある。遠鉄は直営駅であり、列車別改札である。天竜浜名湖鉄道は無人駅(事実上の遠鉄への簡易委託駅)扱いである。遠鉄の窓口で天竜浜名湖鉄道の乗車券も購入することが可能で、自動券売機も各社ごとに設置されているが、改札や集札は遠鉄線の列車のみであるため天竜浜名湖鉄道の列車は車内精算となる。

売店(キヨスク)があったが2009年3月30日をもって閉店した。

のりば

西鹿島駅プラットホーム
ホーム路線方向行先
1・2 遠州鉄道鉄道線 上り 浜北新浜松方面
3 天竜浜名湖鉄道天竜浜名湖線 上り 天竜二俣遠州森掛川方面
下り 金指三ヶ日新所原方面
  • 各ホームは地下道で結ばれている。
  • 地下道には天竜浜名湖線乗り換え客用に遠鉄線入出場用のナイスパス簡易改札機が設置されている。

なお遠州鉄道の車両工場が遠州西ヶ崎駅から移転する以前は、国鉄二俣線のホームは島式2面ホームだった(移転後は一面に改められ、使用されなくなった片面はフェンスで仕切られている)。

歴史

駅名の由来

最初の鹿島駅は開業時に磐田郡二俣町大字鹿島に設置されたのが由来。その後、二俣町の中心駅として遠州二俣駅と改称されるが、国鉄二俣線が建設されることになったために現在の場所に移転した。この際、二俣線が二俣町の中心部に遠江二俣駅(現:天竜二俣駅)を設置することになったため、鹿島地区の西側に当たる場所に移転したことにより遠州二俣駅から現在の西鹿島駅に改称された。鹿島地区は元々大きな集落だったが、その後鹿島・南鹿島・上島などと地区が細かく割り振られたため、駅所在地は南鹿島になっている。

「鹿島」の地名は鹿天竜川の中洲に向かって渡っていったと言う伝説に由来する。

年表

利用状況

遠州鉄道西鹿島駅の2018年度(平成30年度)の乗車人員は527,043人(全18駅中4位)、降車人員は536,496人(同5位)である[1]

天竜浜名湖鉄道西鹿島駅の2018年度の乗車人員は99,153人(全38駅中5位)、降車人員は103,354人(同5位)である[1]

1980年度(昭和55年度)以降の乗車人員および降車人員は次の表のとおりである。

年間の乗車人員・降車人員の推移
年度遠州鉄道日本国有鉄道出典・備考
乗車人員降車人員乗車人員降車人員
1980年度(昭和55年度)575,212 人572,421 人643 千人――[2]
1981年度(昭和56年度)556,687 人564,640 人619 千人――[3]
1982年度(昭和57年度)529,181 人539,246 人60 千人――[4]
1983年度(昭和58年度)520,214 人569,080 人59 千人――[5]
1984年度(昭和59年度)509,116 人523,133 人68 千人――[6]
1985年度(昭和60年度)511,965 人522,968 人584 千人――[7]
1986年度(昭和61年度)515,792 人532,896 人535 千人――[8]
年度遠州鉄道天竜浜名湖鉄道出典・備考
乗車人員降車人員乗車人員降車人員
1987年度(昭和62年度)525,760 人538,697 人73,765 人68,840 人[9]
1988年度(昭和63年度)538,935 人550,033 人76,261 人76,211 人[10]
1989年度(平成元年度)514,587 人531,160 人85,973 人86,253 人[11]
1990年度(平成2年度)556,104 人579,367 人88,466 人87,626 人[12]
1991年度(平成3年度)575,540 人597,641 人86,313 人82,428 人[13]
1992年度(平成4年度)578,671 人592,957 人84,749 人85,823 人[14]
1993年度(平成5年度)583,888 人601,276 人86,693 人90,442 人[15]
1994年度(平成6年度)586,499 人604,788 人87,482 人93,261 人[16]
1995年度(平成7年度)548,498 人564,432 人83,053 人91,715 人[17]
1996年度(平成8年度)597,310 人614,218 人91,919 人89,509 人[18]
1997年度(平成9年度)564,590 人577,871 人85,478 人85,809 人[19]
1998年度(平成10年度)604,181 人597,391 人79,018 人78,870 人[20]
1999年度(平成11年度)566,984 人577,089 人77,806 人67,793 人[21]
2000年度(平成12年度)573,676 人583,816 人75,389 人65,019 人[22]
2001年度(平成13年度)594,546 人601,157 人77,535 人64,024 人[23]
2002年度(平成14年度)581,075 人591,762 人77,844 人64,197 人[24]
2003年度(平成15年度)530,562 人543,019 人71,879 人63,701 人[25]
2004年度(平成16年度)550,394 人551,270 人69,744 人62,924 人[26]
2005年度(平成17年度)530,207 人544,707 人75,829 人68,541 人[27]
2006年度(平成18年度)548,440 人563,728 人74,808 人73,217 人[28]
2007年度(平成19年度)578,816 人592,264 人71,523 人70,075 人[29]
2008年度(平成20年度)560,487 人575,383 人76,229 人77,869 人[30]
2009年度(平成21年度)533,466 人546,641 人74,767 人75,731 人[31]
2010年度(平成22年度)523,736 人534,543 人78,356 人79,280 人[32]
2011年度(平成23年度)517,946 人524,353 人79,883 人81,916 人[33]
2012年度(平成24年度)510,225 人521,203 人75,745 人77,060 人[34]
2013年度(平成25年度)516,244 人527,561 人78,878 人83,349 人[35]
2014年度(平成26年度)526,714 人538,249 人76,763 人82,871 人[36]
2015年度(平成27年度)530,558 人543,852 人87,599 人87,821 人[37]
2016年度(平成28年度)533,027 人543,455 人87,352 人88,722 人[38]
2017年度(平成29年度)538,481 人549,390 人99,057 人105,003 人[39]
2018年度(平成30年度)527,043 人536,496 人99,153 人103,354 人[1]

駅周辺

住宅や商店が多く、タクシー乗り場がある。天竜区の他浜北区からの利用客も多い。

バス路線

当駅前はバスターミナルとなっている。停留所名は西鹿島駅

バス種別路線名系統主要経由地主な行先運行事業者備考
遠鉄バス鹿島線二俣仲町・天竜区役所山東遠州鉄道基本系統
天竜病院坂下・天竜病院厚生会
秋葉線二俣仲町・天竜区役所・山東・いっぷく処横川秋葉神社[40]・天竜高校春野校舎・春野車庫春野協働センター
二俣仲町・天竜区役所・山東・いっぷく処横川・天竜高校春野校舎・春野車庫
天竜病院坂下・天竜病院厚生会鹿島線と同一
唐沢発が朝1便ある
笠井線75二俣仲町・天竜区役所山東
南中瀬・笠井上町・恒武・宮竹・労災病院浜松駅
(季節運行)二俣仲町・天竜区役所・山東秋葉神社上社山東から直通運転
浜松市自主運行バス天竜ふれあいバス阿多古線天竜病院坂下・石神の里・西橋くんま水車の里遠鉄タクシーデマンド運行
天竜病院坂下・緑恵台・石神の里・西橋
杏林堂西鹿島駅前店
北遠本線二俣仲町・天竜区役所・山東・横山車庫・西川・瀬尻・西渡・相月駅前・城西駅前・水窪駅入口水窪町水窪タクシー
浜北コミュニティバス赤佐中瀬線岩水寺・泉・尾野公民館・芝本駅・北斗わかば病院・遠江病院・小林駅入口日赤病院浜松バス水・土運行
上島上島地区センター

冬季間の特定日に定期的に運行される秋葉神社上社ゆき以外の、たこ直をはじめとする各種臨時バスは割愛。

西鹿島駅に発着する遠鉄バスは、西鹿島駅を始終点とするものとしないものがある。特に多くの路線が鹿島線に直通するような形で運行されていることが特筆できる。

ギャラリー

隣の駅

遠州鉄道
鉄道線
遠州岩水寺駅(17) - 西鹿島駅(18)
天竜浜名湖鉄道
天竜浜名湖線
二俣本町駅 - 西鹿島駅 - 岩水寺駅

脚注・出典

  1. 『静岡県統計年鑑 平成30年』 運輸・通信 鉄道運輸状況
  2. 『静岡県統計年鑑 昭和55年』 全国書誌番号:82024736 pp. 285-289
  3. 『静岡県統計年鑑 昭和56年』 全国書誌番号:83020918 pp. 285-289
  4. 『静岡県統計年鑑 昭和57年』 全国書誌番号:84021214 pp. 277-281
  5. 『静岡県統計年鑑 昭和58年』 全国書誌番号:85042552 pp. 277-281
  6. 『静岡県統計年鑑 昭和59年』 書誌情報 pp. 277-281
  7. 『静岡県統計年鑑 昭和60年』 運輸・通信 私鉄運輸状況
  8. 『静岡県統計年鑑 昭和61年』 運輸・通信 私鉄運輸状況
  9. 『静岡県統計年鑑 昭和62年』 運輸・通信 鉄道運輸状況
  10. 『静岡県統計年鑑 昭和63年』 運輸・通信 鉄道運輸状況
  11. 『静岡県統計年鑑 平成元年』 運輸・通信 鉄道運輸状況
  12. 『静岡県統計年鑑 平成2年』 運輸・通信 鉄道運輸状況
  13. 『静岡県統計年鑑 平成3年』 運輸・通信 鉄道運輸状況
  14. 『静岡県統計年鑑 平成4年』 運輸・通信 鉄道運輸状況
  15. 『静岡県統計年鑑 平成5年』 運輸・通信 鉄道運輸状況
  16. 『静岡県統計年鑑 平成6年』 運輸・通信 鉄道運輸状況
  17. 『静岡県統計年鑑 平成7年』 運輸・通信 鉄道運輸状況
  18. 『静岡県統計年鑑 平成8年』 運輸・通信 鉄道運輸状況
  19. 『静岡県統計年鑑 平成9年』 運輸・通信 鉄道運輸状況
  20. 『静岡県統計年鑑 平成10年』 運輸・通信 鉄道運輸状況
  21. 『静岡県統計年鑑 平成11年』 運輸・通信 鉄道運輸状況
  22. 『静岡県統計年鑑 平成12年』 運輸・通信 鉄道運輸状況
  23. 『静岡県統計年鑑 平成13年』 運輸・通信 鉄道運輸状況
  24. 『静岡県統計年鑑 平成14年』 運輸・通信 鉄道運輸状況
  25. 『静岡県統計年鑑 平成15年』 運輸・通信 鉄道運輸状況
  26. 『静岡県統計年鑑 平成16年』 運輸・通信 鉄道運輸状況
  27. 『静岡県統計年鑑 平成17年』 運輸・通信 鉄道運輸状況
  28. 『静岡県統計年鑑 平成18年』 運輸・通信 鉄道運輸状況
  29. 『静岡県統計年鑑 平成19年』 運輸・通信 鉄道運輸状況
  30. 『静岡県統計年鑑 平成20年』 運輸・通信 鉄道運輸状況
  31. 『静岡県統計年鑑 平成21年』 運輸・通信 鉄道運輸状況
  32. 『静岡県統計年鑑 平成22年』 運輸・通信 鉄道運輸状況
  33. 『静岡県統計年鑑 平成23年』 運輸・通信 鉄道運輸状況
  34. 『静岡県統計年鑑 平成24年』 運輸・通信 鉄道運輸状況
  35. 『静岡県統計年鑑 平成25年』 運輸・通信 鉄道運輸状況
  36. 『静岡県統計年鑑 平成26年』 運輸・通信 鉄道運輸状況
  37. 『静岡県統計年鑑 平成27年』 運輸・通信 鉄道運輸状況
  38. 『静岡県統計年鑑 平成28年』 運輸・通信 鉄道運輸状況
  39. 『静岡県統計年鑑 平成29年』 運輸・通信 鉄道運輸状況
  40. 下社

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.