西方教会

西方教会(せいほうきょうかい、英語: Western Christianity) とは、ローマ・カトリック教会のことを指す。

ただし、東方典礼カトリック教会は完全にローマ・カトリック教会の一員であるが、基本的に東方教会に分類される。

東西教会の分裂

東西教会の分裂の事件として、主に以下の3つが挙げられる[1]。高校世界史等の教科書で挙げられているのは2つ目である。

  1. フォティオスの分離(863年 - 867年[2]
  2. 東西教会の「相互破門」(1054年[3]
  3. 正教会の中心地であるコンスタンティノープルに侵攻した第4回十字軍1204年[4]

西方教会のニカイア・コンスタンティノープル信条にはフィリオケ(子から)の語句が聖霊に関して加えられている[5]。この思想的理由としての相違が東西教会の分裂の原因であり、幾多の思想上の争いはこの帰結に過ぎないとする見解と[6]、それほど重要な相違点ではないとする見解とがある[7]

西方教会の一覧

樹形図(概略)

キリスト教諸教派の成立の概略を表す樹形図。更に細かい分類方法と経緯があり、この図はあくまで概略である事に注意。

脚注

  1. General Essay on Western Christianity
  2. ◆第9世紀◆日本ハリストス正教会西日本主教区)
  3. ◆第11世紀◆日本ハリストス正教会西日本主教区)
  4. ◆第13世紀◆日本ハリストス正教会西日本主教区)
  5. 第2節 教会史の中のウェスレー
  6. ウラジーミル・ロースキイ 著、宮本久雄 訳『キリスト教東方の神秘思想』90頁、勁草書房(1986年10月)ISBN 9784326100668
  7. 岩波キリスト教辞典』ISBN 9784000802024

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.