西岡虎之助

西岡 虎之助(にしおか とらのすけ、1895年5月17日 - 1970年2月26日)は、日本史学者。

経歴

和歌山県生まれ。1916年和歌山県師範学校卒業。尋常小学校訓導を勤めたのち、1918年東京帝国大学文科大学選科史学科に入学[1]し、1921年卒業。同年、東京帝大史料編纂掛補助嘱託、1924年史料編纂官補、1933年史料編纂官[2]1946年東京大学史料編纂所事務官、1954年早稲田大学教授1966年定年退任、名誉教授

荘園制を研究、農民など民衆生活の研究をおこなった。

著書

  • 『日本文化史 第4巻 平安朝中期』大鐙閣、1922
  • 『綜合日本史大系 第2巻 奈良朝』内外書籍、1926
  • 『老農渡部斧松翁伝』山喜房、1928、「近世における一老農の生涯」講談社学術文庫、1978
  • 『中世農民の経済的日常生活』生活社、1946
  • 『民衆生活史研究』福村書店、1948
  • 『中学生歴史文庫 日本史 源氏と平家』福村書店、1951
  • 『荘園史の研究』岩波書店、1953-1956
  • 『日本文学における生活史の研究』東京大学出版部、1954
  • 『源平時代』要選書、1955
  • 『日本女性史考』新評論社、1956
  • 『歴史と現在』修道社、1956
  • 西岡虎之助著作集』全4巻、三一書房、1982-1987
第1-2巻 (社会経済史の研究)
第3-4巻 (文化史の研究)

共著編

参考

  • デジタル版日本人名大事典
  • 永原慶二「西岡虎之助氏の人と学問(追悼文)」『社會經濟史學』第36巻第2号、社会経済史学会、1970年、 193-194頁。
  • 和歌山大学紀州経済史文化史研究所編 『西岡虎之助民衆史学の出発』 和歌山大学紀州経済史文化史研究所、2010年。 NCID BB04559122

脚注

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.