西南方言 (朝鮮語)

西南方言または湖南方言全羅道方言、とは朝鮮半島西南部で使用される朝鮮語の方言の一つである。一般的に光州広域市全羅南道全羅北道などの湖南地方一帯の地域で使用される。西南方言は中部方言と西北方言と共に音長地域で結ばれるため、この地域の音長は、単語の意味を区別する機能をもつ。西南方言の子音体系は中部方言と同じである。小白山脈を境に東南方言と分けられる。

西南方言(朝鮮語)
話される国 大韓民国
話者数
言語系統
言語コード
ISO 639-3

特徴

西南方言は、いわゆるウムラウト化現象が多く起こるが、「퇴끼」(토끼、ウサギ)、「괴기」(고기、肉)、「가랭이」(가랑이、股)などがあげられる。また、「ㅓ」が「ㅡ」で発音されたり「ㅔ」が「ㅣ」と発音されたりするなどの高母音化現象が特徴であり、このような現象は、長母音で頻繁におこる。「그짓말」(거짓말、嘘)、「비개」(베개、枕)などがその例である。そして通常、最後に「~디」、「~잉」などが来る。

逆行同化が特に多いのもこれらの方言の特徴である。「잽히다」(잡히다、捕まる)や「괴기/게기」(고기、肉)などの逆行同化の分布は全国的にかなり多く、「뱁이다, 맴이다」のように名詞が名詞が後に助詞に会って逆行同化を起こす現象は、忠清道の一部地方でも発見されますが、この南部の方言で著しく現れる特徴と言える。

西南方言で「ㅅ」不規則活用が見られる「짓-」などの一部の用言を除いて「ㅅ」不規則用言は存在しない。「ㅂ」不規則用言は、いくつかの慶尚道に隣接する地域で「ㅂ」規則活用を一つ、これらの地域を除いては、不規則な活用を見せる(잇고·이서서[이어서]·춥다·추워). 西南方言で「ㄺ、ㄼ」などの用言末子音群は子音の前で「ㄹ」を脱落させて発音する(익다[읽다], 익고[읽고], 넙다[넓다], 넙고[넓고])。서남방언에서 중세국어의 ' '는 제1음절에서 대체로 '아'로 변화했으나 'ㅁ·ㅂ·ㅍ' 등 순음(입술소리) 아래에서는 대부분 '오'로 변화했다.

西南方言で中期朝鮮語の' 'は、第1音節で概ね「아」に変化したが、「ㅁ·ㅂ·ㅍ」など唇音の下では、ほとんど「오」に変化した。

助詞「의」を「으」と発音する特徴がある。 南部西南方言では、現在時制先語末語尾「-느-」が使用されていない場合が多い(잡은다[잡는다])。西南方言の特徴的な語尾では하대(下待)の疑問形終結語尾「-능가」、存在の説明または疑問形終結語尾の「-(지)라오, -(지)라우」、丁寧先語末語尾「-게-, -기-, -겨-」などがある。「가셔라우」(가셔요)、「할머니가 외게서」(할머니가 오셔서)のように「-게/겨-」が使われる現象も特記するに値する。 理由表示語尾には「-응깨」と「-응개」があるが、前者は南部南西方言では、後者は北南西方言で使用される。主に南部の西南方言がアクセントが強く、光陽の場合慶尚道と接していて、たまに東南方言と混ざることもある。

方言区分

言語分化基準

語彙分化を基準に東部と西部に区画した基準。[1]

  • 西部方言圏: 沃溝、益山、完州、金堤、扶安、井邑、高敞<7つの郡> 책을 꽂다.
  • 東部方言圏: 茂朱、鎭安、長水、任実、南原、淳昌<6つの郡> 책을 꼽다.

方言分化の音韻論的基準[2]

             ┌─ 東北地域: 茂朱
* 東部地域─┤
             └─ 東南地域: 長水、淳昌、南原
             ┌─ 西北地域: 沃溝、益山、金堤、完州、扶安
* 西部地域─┤
             └─ 西南地域: 扶安、井邑、高敞、任実

※ ‘ㅇ·’の音が‘아’に変わった地域<完州、益山、沃溝、金堤、扶安、茂朱> (ここで·はアレアを意味する) <見る> ㅁ·ㄹ→말, ㅍ·ㄹ→팔, ㅍ·리→파리 ‘ㅇ·’の音が‘오’に変わった地域<淳昌、高敞、南原、井邑、任実> <見る> ㅁ·ㄹ→몰>말, ㅍ·ㄹ→폴, ㅍ·리→파리

脚注

  1. 李承宰(1986) 「解放後の方言研究史」, 国語生活 5, 国語研究所
  2. 蘇江春(1989), 方言分化の音韻論的研究、韓神文化史。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.