西ヌサ・トゥンガラ州

西ヌサ・トゥンガラ州 (にしヌサ・トゥンガラしゅう、インドネシア語:Nusa Tenggara Barat, 略:NTB) は、インドネシアの州。

西ヌサ・トゥンガラ州
Nusa Tenggara Barat
州の標語:
州都 マタラム
知事 Muhammad Zainul Majdi
面積 20,153.15 km²
人口 470万2389人(2014年)
民族 ササク人 (68%)、バリ人
スンバワ人ビマ人
宗教 キリスト教イスラム教
ヒンドゥー教仏教
言語 インドネシア語ササク語
時間帯 WITA (UTC+8)
ISO ID-NB
公式サイト www.ntb.go.id

地理

小スンダ列島(ヌサ・トゥンガラ諸島)のロンボク島スンバワ島から構成される。州都は最大都市のマタラムで、ロンボク島にある。

民族構成

民族構成は、ロンボク島にはササク人Suku Sasak)と少数派のバリ人Suku Bali)がおり、スンバワ島はスンバワ人Suku Sumbawa)とビマ人[1]Suku Bima)が住んでいる。それぞれ独自の言語を持つ。

行政区分

西ヌサ・トゥンガラ州は8県、2市に分けられている。

県 - (県都)

  1. 西ロンボク県 - (グルン: Gerung)
  2. 中部ロンボク県 - (プラヤ: Praya)
  3. 東ロンボク県 - (セロン: Selong)
  4. 北ロンボク県 - (タンジュン:Tanjung)

  1. マタラム

県 - (県都)

  1. ビマ県 - (ラバ: Raba)
  2. ドンブ県 - (ドンプ: Dompu)
  3. スンバワ県 - (スンバワ・ブサール: Sumbawa Besar)
  4. 西スンバワ県 - (タリワン: Taliwang)

  1. ビマ

脚注

  1. モボジョ人(Dou Mbojo)とも

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.