西ジャワ州

西ジャワ州 (にしジャワしゅう、インドネシア語: Jawa Baratスンダ語: ᮏᮝ ᮊᮥᮜᮧᮔ᮪) はインドネシアの州。ジャワ島西部に位置する。州都はバンドン。西ジャワ州はバンテン州ジャカルタ首都特別州が西に、中部ジャワ州が東に隣接しており、北はジャワ海、南はインド洋に面している。ジャワ人に次いで2番目に人口の多い民族であるスンダ族の原郷でもある。

西ジャワ州
Jawa Barat
州の標語: "Gemah ripah repeh rapih"
座標 南緯6度45分 東経107度30分
州都 バンドン
知事 Ridwan Kamil
面積 35,377.76 km²
人口 4993万5858人(2020年)
民族 スンダ人 (79%), ジャワ人 (10%), チレボン人 (7%), ベタウィ人 (4%)
宗教 イスラム教 (97%), キリスト教 (1.81%), 仏教 (0.58%), 儒教 (0.22%), ヒンドゥー教 (0.05%), スンダ人の原始宗教など
言語 スンダ語インドネシア語
時間帯 WIB (UTC+7)
ISO ID-JB
公式サイト jabarprov.go.id

西ジャワ州はインドネシア独立宣言の後にできた最初の8州のうちの1つであり、その後1950年7月14日に法的に再設された。1966年に州と同じ地位の『首都特別州』(Daerah Khusus Ibukota) としてジャカルタが分割され[1]、同様に州の西部も 2000年にバンテン州となる形で分割された。

これら2州が分割された後も2020年中期時点で西ジャワ州の人口は49,935,858人とインドネシア国内で最多の州となっている [2]。州最大の都市であるブカシバンドンはインドネシアでそれぞれ3位、4位の人口を誇る都市である。ジャボデタベック都市圏内の衛星都市としてブカシは非常に急速な人口増加を経験し、2012年に州都のバンドンを上回るまでになった。それでいながらジャカルタの衛星都市ブカシ、デポックがそれぞれ世界で7番目、10番目に人口の多い地域である一方でバンドンは世界で最も人口密度の高い市域となっている[3]

歴史

  • 2021年1月9日 - スメダン県一帯の集中豪雨により土砂崩れが発生。集落が押し流され住民ら少なくとも19人が死亡、18人が重軽傷[4]

行政区分

西ジャワ州内の県と市
県 (kabupaten) - (県都)
  1. ボゴール県 - (チビノン)
  2. スカブミ県 - (Palabuhanratu)
  3. チアンジュル県 - (チアンジュル)
  4. バンドン県 - (ソレアン)
  5. 西バンドン県 - (Ngamprah)
  6. ガルット県 - (Tarogong Kidul)
  7. タシクマラヤ県 - (Singaparna)
  8. チアミス県 - (チアミス)
  9. クニンガン県 - (クニンガン)
  10. チルボン県 - (スンバー)
  11. マジャレンカ県 - (マジャレンカ)
  12. スメダン県 - (スメダン)
  13. インドラマユ県 - (インドラマユ)
  14. スバン県 - (スバン)
  15. プルワカルタ県 - (プルワカルタ)
  16. カラワン県 - (西カラワン) ブキット・インダー工業団地(Bukit Indah Industria Park)
  17. ブカシ県 - (Cikarang Pusat)
  18. パンガンダラン県 - (Parigi)
市(コタ)
  1. ブカシ
  2. デポック
  3. ボゴール
  4. スカブミ
  5. チマヒ
  6. バンドン
  7. タシクマラヤ
  8. バンジャル
  9. チレボン

交通インフラ

脚注

  1. “Jakarta”. Encyclopædia Britannica Online. Encyclopædia Britannica, Inc.. http://www.britannica.com/eb/article-9106450/Jakarta#13148.toc 2007年9月17日閲覧。.
  2. Badan Pusat Statistik, Jakarta, 2020.
  3. Estimasi Penduduk Menurut Umur Tunggal Dan Jenis Kelamin 2014 Kementerian Kesehatan”. 2014年2月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月20日閲覧。
  4. 土砂崩れで19人死亡、西ジャワ州スメダン県”. CNN (2021年1月11日). 2021年1月19日閲覧。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.