補色

混合して無彩色を作れる2色の有彩色の組み合わせを互いに補色(ほしょく、: complementary color[1])であるという[2]余色対照色反対色ともいう(ただし、補色は相対する色を直接に指示するのに対し、反対色の指示する範囲はやや広い)。

色相環。円の正反対に位置する色が補色。
(左)マンセル (中)RYB (右)RGB

概要

純色を並べた色相環 (color circle) は、補色を互いに正反対に配置しているものが多い。

補色の組合せは色の表現法によって異なり、RGBの場合は

RYBの場合は

などである。

並列した際の視覚的効果の相補性と混合した際の相補性は異なる。

性質

補色同士の色の組み合わせは、互いの色を引き立て合う相乗効果があり、これは「補色調和」といわれる[3]

しかし、純色など、明度が同じ補色同士を組合せた場合は、ハレーションを引き起こして、がチカチカしてしまう[4]

残像の消去と現出

病院などの外科手術室では、内装や手術着を薄い緑色にすることで、赤(血液の色)の残像である緑色を消去することが可能となる。

逆の例では、牛乳パックの白を基調としたパッケージに青色を用いることで、青の残像であるクリーム色が現出。「濃い牛乳」というイメージを消費者に与えることが可能となる[5]

脚注

  1. 文部省日本分光学会学術用語集 : 分光学編培風館、1999年、増訂版。ISBN 4-563-04567-5。
  2. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. 補色”. コトバンク. 2020年6月24日閲覧。
  3. 図る 色と食欲の関係 - 東工大 ScienceTechno ウェブサイト
  4. デザインの基礎 3分間講座
  5. 講義関連情報 2007年11月26日(PDF) - 広島修道大学商学部 竹元雅彦 講義資料室

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.