被圧地下水

被圧地下水(ひあつちかすい。英語: confined groundwater)とは、加圧層の下部にある、圧力がかけられている地下水のことである[1]

概要

上下二層の不透水層に挟まれた透水層の中にあり常に大気圧よりも大きい圧力がかかっている地下水。

鑚井盆地で多く見られるが、これは鑚井盆地の地層単斜構造をなし、すなわち傾斜しているためで、周囲の山地丘陵にある地層の表面が地層降水が浸透することによって形成される。なお、ここまで井戸を掘り抜くと地表まで自噴することがあり、こういった井戸を自噴井という。

また、地下深部に存在することが多いことから深層地下水と呼ぶこともあるが、層が浅いにも関わらず存在する場合も稀にあるため、一概に深度だけで決めることはできない[2]

脚注

参考文献

  • 『地理用語集 : A・B併用』前島郁雄ほか監修、山川出版社、1996年。ISBN 4-634-05440-X。
  • 伊東俊昭・野間泰二「被圧地下水」『地学事典』地学団体研究会新版地学事典編集委員会 編、平凡社、1996年、新版、1063頁。ISBN 4-582-11506-3。
  • 田中正・杉田倫明 「地中水」、杉田倫明・田中正編 『水文科学』 共立出版、2009年、133-165頁。ISBN 978-4-320-04704-4。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.