藤越

株式会社藤越(ふじこし)は、福島県浜通り地方や茨城県スーパーマーケットチェーンフジコシ」を展開していた企業である。

株式会社 藤越

ヨークベニマル本社内にあった藤越本社。
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 963-8543
福島県郡山市朝日二丁目18-2
設立 1949年4月7日
業種 小売業
事業内容 食品中心のスーパーマーケット
代表者 代表取締役社長 平本研二
資本金 3億4000万円
売上高 156億3700万円
従業員数 238名
決算期 2月
主要株主 株式会社ヨークベニマル
株式会社丸和運輸機関
主要子会社 藤越不動産株式会社
藤越商事株式会社
藤越メンテナンス株式会社
有限会社フジコシドラッグストア
外部リンク 公式サイト(閉鎖)
特記事項:2001年、民事再生法適用。2010年、ヨークベニマルに吸収合併。

現在はヨークベニマルに吸収合併され、展開していた一部店舗はヨークベニマルとして営業している。

概要

かつてはオール日本スーパーマーケット協会に参加し、福島県の浜通り地方を中心に、最盛期には福島県外にも店舗を展開。1990年代には日本のベスト70社にも選ばれたが、2001年に民事再生法の適用を申請。

2004年からマツモトキヨシと業務提携し、2007年11月からヨークベニマルとも業務・資本提携。2008年2月にマツモトキヨシとの業務提携を解消。不採算店舗を閉店させる一方で、一部店舗がヨークベニマルとなり、2008年9月、スーパーセンター大原を最後に「フジコシ」の名で営業する店舗は消滅[1][2]、企業としての藤越も2010年2月にヨークベニマルに吸収合併された。

関連企業に遊技場店舗プレイランドオアシスを経営する「有限会社サザンクロス」や、千葉県市原市のキングフィールズ・ゴルフクラブを経営していた「藤越開発株式会社」福島駅前ESTAビルで日本料理屋江島を営業していた「株式会社フジインターナショナル」などがあった。

沿革

  • 1949年4月 - 『株式会社藤越』を設立。衣料品・化粧品等の販売を行う。
  • 1955年11月 - 食品主体のスーパーマーケットに転進。
  • 1961年5月 - 関連会社「藤越不動産株式会社」を設立。
  • 1965年9月 - 関連会社「藤越商事株式会社」を設立
  • 1972年11月 - 関連会社「藤越開発株式会社」を設立。
  • 1993年3月 - 本社をいわき市平谷川瀬に新築。
  • 2001年1月 - 民事再生法の適用を申請。
  • 2004年8月 - マツモトキヨシと業務提携。
  • 2007年10月 - 本社を好間工業団地に移転。
  • 2007年11月1日 - ヨークベニマルと業務・資本提携[3]。これにより、オール日本スーパーマーケット協会から脱退する。
  • 2008年2月 - マツモトキヨシとの業務提携解消[4]
  • 2008年9月 - スーパーセンター大原を最後に「フジコシ」名での営業終了。
  • 2009年 - 本社を郡山市のヨークベニマル本社内に移転。
  • 2010年2月 - ヨークベニマルに吸収合併。

店舗

大型店はスーパーセンターとして展開していた。

ヨークベニマルとして営業中の店舗

藤越時代のスーパーセンター原町
現在のヨークベニマル原町西店
  • 谷川瀬店(旧スーパーセンター谷川瀬) - 既存の食料品館(開店時期不明)、駐車場・ミニ遊園地、新設されたディスカウントストア部門の「藤越Dストア」といくつかのテナントで構成された棟、藤越が運営していたスポーツクラブ「イーブン」(現在はルネサンスが入居)の棟で構成された「藤越ショッピングセンター谷川瀬」として開業後、1990年代に「スーパーセンター谷川瀬」に改称。「Dストア」とテナントがあった棟を「B館」とし、駐車場の一部に「A館」を新築。ミニ遊園地があった場所にロッテリアTSUTAYAなどが入る「C館」も新築された。その後、食料品館だった場所をトイザらスに、B館をデンコードー(2021年現在もハードオフ・オフハウスが営業している場所から移転。ケーズデンキへのブランド統一後は同社の店舗となった)に譲渡し、A館のみの営業となった。ベニマルへの吸収後もしばらくはこの状態で営業していたが、A館が老朽化のため2013年4月14日に一旦閉店し、A館とC館を解体。建て替え後の2014年4月25日に新谷川瀬店として再開店し、ユニクロABCマートスタジオアリスからなる3棟も開店。この時点で施設名を「ヨークタウン谷川瀬」に改称した。
  • 原町西店(旧スーパーセンター原町) - スーパーセンターになる前は百貨店型の店舗だったが改築しスーパーセンター化
  • 大原店(旧スーパーセンター大原) - ベニマルへの吸収後に建物はそのままに内装と外壁の塗装が改装され、「ヨークタウンアクロスプラザ大原」として営業している。
  • 好間店(旧スーパーセンターリビング)2009年9月18日開店

今後、ヨークベニマルとして開店予定の店舗

  • 浪江店(藤越時代の建物は解体され、新築の上ヨークベニマル浪江西店として2009年秋頃開店予定としていたが、2010年時点でも着工に至らず、更地のままであった。その後東日本大震災の際に発生した福島第一原子力発電所事故により当地が警戒区域に設定されたために一時立ち入り禁止となっていたが、2013年4月1日の警戒区域再編に伴い立ち入り可能となった。)

閉店した店舗

×は藤越時代の建物が解体された店舗。

  • 相馬店×(食品館・衣料館の2フロア構成、建物は2008年12月解体。跡地にはスーパーシシド相馬リボン店が開店した。)
  • 鹿島店(跡地にツルハドラッグ鹿島店が出店)
  • 浪江駅前店×(衣料品のみ取扱い。建物は解体され、駐車場に)
  • 亀戸店(東京都江東区亀戸2丁目6-2、1968年5月25日開店[5] - 2006年3月26日閉店)
日本住宅公団亀戸二丁目団地2号棟1階に出店[5]。跡地は新鮮市場亀戸店。
  • 内郷店
  • 湯本店×
  • 平店×(再開発のため建物は解体され、跡地はラトブに)
  • 中岡店×(跡地はミニストップいわき中岡店とツルハドラッグいわき中岡店となっている)
  • 植田店
  • 高坂店
  • 平窪店×
  • スーパーセンター大河原→後継テナントに複数候補上がったが、結局ヨークベニマル大河原店として開店。(提携前)
  • 植田駅前店×(イトーヨーカドーいわき植田店跡地に出店していた、建物は2009年解体。跡地はミニストップいわき植田駅前店、カラオケ本舗まねきねこいわき植田店、はなの舞植田店となっている。)
  • スーパーセンター富岡
  • 石岡店(現在はタイヨー石岡店)
  • 藤越レストランビル(平店から道路を挟んで向かい側に立地。開業当初は1階にハンバーガーショップ・2階が居酒屋・3階にステーキハウスで全て藤越が運営していた。その後ハンバーガーショップはミスタードーナツに替わり、2階・3階のテナントも入れ替えが行われた。藤越が消滅後もテナントビルとして営業を継続しており、ミスタードーナツは2020年まで営業を続けていた。)

関連会社

  • 藤越商事株式会社
  • 藤越メンテナンス株式会社
  • 有限会社フジコシドラッグストア
  • 有限会社サザンクロス
  • 株式会社フジインターナショナル
  • 藤越開発株式会社
  • 藤越レストラン株式会社

脚注

  1. 「フジコシ」店舗についてのお知らせ
  2. 「フジコシ」店名、9月で消える
  3. セブン&アイホールディンクスによる提携についてのプレスリリース(2007年11月10日時点のアーカイブ
  4. 業務提携解消に関するお知らせ
  5. 「東京店 地ものに人気」『いわき民報』(いわき民報社)1968年5月27日、夕刊2面。”. いわき総合図書館. 2021年3月8日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.