藤原清廉

 
凡例
藤原清廉
時代 平安時代中期
生誕 不明
死没 不明
別名 猫怖大夫
官位 従五位下大蔵大丞
主君 一条天皇
氏族 藤原氏
実遠

藤原 清廉(ふじわら の きよかど)は、平安時代中期の貴族官位従五位下大蔵大丞

経歴

長徳3年(997年)大蔵少丞在職中に円教寺作料により正六位上に叙せられ、寛弘元年(1004年)大蔵大丞在職中に従五位下に叙せられる。

山城国大和国伊賀国に亘って所領を有する私営田領主としても知られ、寛仁2年(1018年)には焼亡した興福寺・円教寺の復興に関する相談を受けている[1]。まもなく77歳で没したことから[2]、生年は早くとも天慶5年(942年)以降とみられる。

逸話

今昔物語集』には別名猫怖大夫(ねこおじのたいふ)と称され、猫嫌いの人物として登場している。そのことに目をつけた大和守の藤原輔公が、私営田からの未納の官物を全納させるべく清廉を一室に閉じ込めて猫で脅して、ようやく官物の納付を約束させたという逸話がある。[3]

脚注

  1. 『小右記』寛仁2年5月11日条
  2. 『藤原信良解案』康平6年2月16日条
  3. 『今昔物語集』巻第28,第31「大蔵の大夫藤原清廉、猫をおそれし語」

参考文献

  • 皆川完一「大和守輔公と猫恐大夫清廉」『(新訂増補)国史大系月報』64
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.