藤原成子

藤原 成子(ふじわら の しげこ、生年不詳 - 安元3年3月11日1177年4月5日))は、平安時代後期・後白河天皇後宮女官典侍)。権大納言藤原季成の娘。別名高倉三位局

待賢門院璋子の姪で、後白河天皇とは従姉妹にあたる。邸宅が三条高倉にあったことから、高倉三位と呼ばれた。天皇の即位前から10年余にわたって寵愛を受け、守覚法親王以仁王亮子内親王(殷富門院)、式子内親王好子内親王休子内親王ら二男四女を相次いでもうけたが、建春門院のように正式な妃(女御)として重んじられることはなかった。安元3年(1177年)、従三位で薨去。

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.