藍煙線

藍煙線は全線が中華人民共和国山東省を走り、即墨市藍村鎮から煙台市へ向かう中国国鉄の全長183.865キロメートルの鉄道路線で、1956年に開通した。

膠済線とは藍村駅で接続しており、桃威線とも桃村駅で接続している。電化後の駅数は14である。

敷設まで

藍煙線は1952年8月鉄道部設計局第三観測総隊が測量、設計を行い鉄道部第五工程局が工程管理と施工を行うこととなった。

しかし、1954年10月に鉄道部第五工程局は解散、その後は済南鉄路局が引き継ぎを行い、1956年1月1日に全線開通、同年7月1日より運行が開始された。

1997年より複線化工事が開始され、2001年に完了した。

電化まで

煙台駅を改造すべしということで煙台駅の旧駅舎は取り壊され、電化対応の駅となった。2008年12月26日には棲霞市桃村鎮桃村駅で藍煙線の電化起工式が行われ、2009年4月2日に正式に電化が着工された[1] [2][3]。2010年8月26日午後に藍煙線の全線電化が完了、翌日午前11時09分、最初の電気機関車が煙台駅に到着した。

路線略図

駅名里程
(km)
等級
青島西-51
藍村01
湍湾114
姜家坡244
上疃384
郭家庄474
莱西553
馬格庄674
莱陽783
山前店934
龍盤山1034
海陽1104
長沙堡1194
桃村1294
陳家疃1394
回里1524
旺遠1595
福山1674
珠璣1783
煙台1841
煙台北190?

注釈

参考資料

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.