落合浩太郎

落合 浩太郎(おちあい こうたろう 1962年 - )は日本の政治学者。専門は安全保障研究、インテリジェンス研究。

東京都生まれ。1985年慶應義塾大学経済学部卒業、1995年慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。東京工科大学専任講師、東京工科大学コンピューターサイエンス学部准教授を経て、東京工科大学教養学環准教授。

著書

単著

  • 『日米経済摩擦――全体像を求めて』(慶應通信, 1993年/改訂版1994年)ISBN 476640565X
  • 『CIA 失敗の研究』(文藝春秋[文春新書], 2005年)ISBN 4166604457

共編著

  • 赤根谷達雄)『「新しい安全保障」論の視座――人間・環境・経済・情報』(亜紀書房, 2001年/増補改訂版, 2007年)ISBN 4750500135
  • (赤根谷達雄)『日本の安全保障』(有斐閣, 2004年)ISBN 4641076731

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.