華林寺

華林寺(かりんじ)は、中国福建省福州市鼓楼区に位置し、北宋乾徳2年(964年)に建立した仏教寺院である。福州城北の屏山南麓に境内を構える。長江以南の南方中国では最も古い木造建築で、1982年に、中華人民共和国の全国重点文物保護単位に指定された。[1] 建立当初は越山吉祥禅院(えつさんきちじょうぜんいん)と呼ばれた[2]。明・宣徳6年(1431年)に建て直し、正統9年(1444年)に華林寺の額を賜ったとみられる[3]:143

山門から撮る華林寺大雄宝殿
御筆の扁額

福建の古建築とさせる華林寺は、禅宗様大仏様の両方の要素が混在し、年代が古いほど大仏様の要素が強い。大殿は、桁行3間×梁間4間の寄棟造で、間面記法によって、一間四面と表記される[4]:86[5]:228 。この場合、身舎は1間×2間と特異だが、その1間即ち中央間は脇間に比べて遥かに長い[6]

古い華北の建築と比較して、華林寺は古代日本建築との共通性が強い[3]:154。たとえば、日本の大仏様に僅かな胴張りがあるが、華林寺大殿のそれは、法隆寺金堂などのものに近い[5]:228。その尾垂木も大仏様繰形に近い。丈の高い長方形でが直接噛み込んでおり、日本でいえば鎌倉地方系の禅宗様に近い。[5]:22912世紀、東大寺中興の祖である俊乗房重源は、の時代の中国へ行き、福建の寺院を視察し、その建築様式・大仏様を採用。一説によれば、特に華林寺を考察した。[4]:84しかし一説では、その大殿が参照の候補となった可能性は高くはない[3]:154

1950年代、大殿

文化大革命の時に、福建省政府はここへ移され、建築材料の倉庫となる大雄宝殿を除いて、寺に付属する古代の建物を取り壊した。その後、寺院裏側は直ぐに政府の建物が建てられて、大殿も三方囲また[7]。1980年代、解体修理が行われ、整備された[6]。それ以後、毎年、定期的修繕を行っている[8]

参考文献

  1. 福建省福州市地方志編纂委員会 (中国語). 福州市志·第七册. 北京: 方志出版社. pp. 512-513. ISBN 9787801224859
  2. 福建省海外交流協会. “福州華林寺” (中国語). 福建僑報. http://www.66163.com/Fujian_w/news/fjqb/020726/4_9.html 2013年11月8日閲覧。
  3. 鈴木智大, 中島俊博, 浅川滋男 (3 2014). “甘露寺と福建省の古刹” (PDF). 鳥取環境大學紀要 (鳥取) (12): 137-156. https://www.kankyo-u.ac.jp/f/845/bulletin/012/137-156.pdf.
  4. 楊秉綸 (1984). “福州華林寺大殿” (中国語). 福建論壇(人文社会科学版) (福州: 福建社会科学院) (1). ISSN 1671-8402. http://www.cnki.com.cn/Article/CJFDTotal-FJLW198401026.htm.
  5. 濱島正士 (1993). “中国福建省の古塔”. 国立歴史民俗博物館研究報告第50集. pp. 219-231. http://ci.nii.ac.jp/naid/120005747943/
  6. 福州市建築志編纂委員会 (中国語). 福州市建築志. 北京: 中国建築工業出版社. p. 62. ISBN 7112019931
  7. 林釗 (2009). “為保護古建築瑰宝盡責盡力——政協委員促成対華林寺大殿進行復原性大修前後経過憶略” (中国語). 政協天地 (福州: 福建省政協辦公庁) (9). ISSN 1672-304X. http://www.cnki.com.cn/Article/CJFDTotal-ZXTI200909008.htm 2015年2月11日閲覧。.
  8. 李熙慧 (2014年10月14日). “福州華林寺閉館大修?” (中国語). 海峡都市報 (福州): p. A44

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.