華川郡

画像提供依頼:郡庁の建物の外観の画像提供をお願いします。2013年4月
江原道 (南) 華川郡
位置
各種表記
ハングル: 화천군
漢字: 華川郡
日本語読み仮名: かせんぐん
片仮名転写: ファチョン=グン
ローマ字転写 (RR): Hwacheon-gun
統計
面積: 909.5 km2
総人口: 24,820(2016年) 人
行政
国:  大韓民国
上位自治体: 江原道 (南)
下位行政区画: 1邑4面
華川郡の木: ミズキ
華川郡の花: ツツジ
華川郡の鳥: コウライウグイス
自治体公式サイト: 華川郡

華川郡(ファチョンぐん)は、大韓民国江原道にある

歴史

  • 高句麗時代 - 牲川郡または也尸買と呼ばれた。
  • 685年新羅神文王6年) - 狼川と呼ばれた。
  • 995年高麗成宗16年) - 朔方道の管轄となる。
  • 1178年高麗明宗8年) - 朔方道を廃して春州道が設置され、春州道の管轄となった。[1]
  • 1413年朝鮮太宗13年) - 県監を設置した。
  • 1645年朝鮮仁祖23年) - 県を廃止して今の金化郡にあった都護府管轄となったが、後に再び県に戻った。
  • 1869年朝鮮高宗6年) - 華川に改称。
  • 1895年 - 狼川郡に改称。
  • 1902年 - 華川郡に改称。
  • 1914年4月1日 - 郡面併合により、華川郡に以下の面が成立。[2](4面)
    • 下南面・看東面・郡内面・上西面
  • 1917年 - 郡内面が華川面に改称。
  • 1945年8月15日 - ソ連軍管理下に置かれる。(4面)
  • 1946年12月 - ソ連軍管理下の京畿道加平郡北面と春川郡史内面・史北面・北山面(38度線以北の地域)を編入。(5面)
    • 北面・史内面が合併し、史内面を設置。
    • 史北面・下南面が合併し、下南面を設置。
    • 北山面・看東面が合併し、看東面を設置。
  • 1953年7月27日 - 朝鮮戦争の結果、全域が韓国が収復。
  • 1954年
    • 10月21日 - 春城郡史内面を編入。[3](5面)
    • 11月17日 - 収復地区臨時行政措置法により、華川郡に対する施政権が回復し、一部を春城郡・加平郡にそれぞれ返還。下記の5面で再出発。[4]
      • 華川面・看東面・下南面・上西面・史内面
  • 1979年5月1日 - 華川面が華川邑に昇格。[5](1邑4面)

行政

警察

下位行政単位

邑・面法定里
華川邑大利里、東村里、上里、新邑里、衙里、中里、豊山里、下里
下南面居礼里、啓星里、論味里、三和里、鋤吾芝里、安坪里、龍岩里、原川里、位羅里
看東面看尺里、九万里、都宋里、芳川里、梧陰里、龍湖里、楡村里
上西面九雲里、芦洞里、多木里、馬峴里、峰吾里、富村里、山陽里、新大里、新豊里、長村里、巴浦里
史内面広徳里、明月里、史倉里、三逸里、龍潭里

脚注

  1. 화천군의 연혁 アーカイブ 2013年6月28日 - ウェイバックマシン, 2012년 3월 31일 확인
  2. 朝鮮総督府令第111号(1913年12月29日)
  3. 화천군 연혁 アーカイブ 2017年5月20日 - ウェイバックマシン 화천군 홈페이지, 2017년 7월 4일 확인.
  4. 法律第350号 수복지구임시행정조치법(1954年10月21日)
  5. 大統領令第9409号 미금읍등53개읍설치에관한규정(1979年4月7日)
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.