菊池俊彦

菊池 俊彦(きくち としひこ、1943年- )は、日本考古学者歴史学者文学博士北海道大学)。北海道大学名誉教授北東アジアの考古学研究が専門。

来歴

群馬県伊勢崎市出身。1967年3月北海道大学文学部史学科卒業。1967年4月北海道大学文学部附属北方文化研究施設考古学部門助手。1978年8月北海道大学文学部助教授(文学部一般教育歴史学東洋史担当)。1986年4月北海道大学文学部助教授(文学部総合文化論講座東洋文化史)。1991年4月北海道大学文学部教授(文学部総合文化論講座東洋文化史担当)。1995年4月北海道大学文学部教授(文学部東洋史学講座担当)。2000年4月北海道大学大学院文学研究科歴史地域文化学専攻東洋史学講座教授[1]。2006年北海道大学停年退官。同名誉教授。北海道東海大学国際文化学部地域創造学科北欧・北方圏研究コース客員教授北海学園大学大学院文学研究科非常勤講師(~2012年)。2012年東海大学札幌キャンパス退職。

研究領域

アイヌウィルタなど先住民のオホーツク文化中国北東部の靺鞨渤海人ツングース人種の北東アジアを研究。オホーツク文化や北東アジアの先住民の歴史に関する書籍を多数執筆している。

受賞歴

主著

  • 野村崇と共編『北海道考古学講座』(みやま書房、1980年)
  • 北海道・東北史研究会編 『北からの日本史』(三省堂、1990年)
  • 『北東アジア古代文化の研究』(北海道大学図書刊行会、1995年)
  • 『岩波講座 世界歴史〈13〉東アジア・東南アジア伝統社会の形成―16-18世紀』(樺山紘一著、岩波書店、1998年)
  • 『考古学の学際的研究―浜田青陵賞受賞者記念論文集〈1〉 浜田青陵賞受賞者記念論文集(1)』(岸和田市岸和田市教育委員会、2001年)
  • 『環オホーツク海古代文化の研究』(北海道大学図書刊行会、2004年)
  • 『中世の北東アジアとアイヌ 奴児干永寧寺碑文とアイヌの北方世界』(高志書院、2008年)
  • 『オホーツクの古代史』(平凡社、2009年)
  • 『北東アジアの歴史と文化』(北海道大学図書刊行会、2010年)

門下生

脚注

  1. 以上について、研究室の人々 菊池俊彦
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.