荊州

Jing Province
中国語 荊州

荊州(けいしゅう)は、中国の歴史的なの一つ。現在の湖北省一帯に設置された。

先秦時代

書経』禹貢篇によると、上古の中国の九州のうち、荊州は北は荊山、南は衡陽にいたる地域とされている。

漢代

紀元前105年元封5年)、武帝が全国を13州に分割した際、荊州が設置された。前漢の荊州は南陽郡南郡江夏郡桂陽郡武陵郡零陵郡長沙国の7郡国を管轄していた[1]

後漢になると、荊州は南陽郡・南郡・江夏郡・零陵郡・桂陽郡・武陵郡・長沙郡の7郡を管轄していた[2]

魏晋南北朝時代

208年建安13年)の赤壁の戦い後、荊州は北部の南陽郡及び南郡は曹操、中南部は劉備及び孫権により領有された。曹操は南郡・南陽郡を分割して襄陽郡南郷郡を設置した。南郡・零陵・武陵は劉備に、江夏・桂陽・長沙は孫権に、南陽・襄陽・南郷の各郡は曹操により領有され、それぞれが3郡を支配したことより「荊襄九郡」と称されることとなった。210年(建安15年)、孫権が北部の長沙郡を分割して漢昌郡とした。

219年(建安24年)、荊州であった劉備の守将・関羽が曹操・孫権により滅ぼされると荊州は曹操と孫権により二分割された。三国時代の荊州は南陽郡・江夏郡・襄陽郡・南郷郡・新城郡・上庸郡・魏興郡の7郡を管轄し、の荊州は南郡・江夏郡・長沙郡・湘東郡・桂陽郡・臨賀郡・零陵郡・衡陽郡・武陵郡・建平郡・宜都郡の11郡を管轄した。221年黄初2年)、孫権は公安よりに遷都して武昌と改名し、武昌・下雉・尋陽・陽新・柴桑・沙羡の6県にて武昌郡とした。229年黄龍元年)、漢昌郡を廃止した。

西晋が成立すると、荊州は江陵に州治が置かれ、下部に22郡169県を管轄した。

南北朝時代になると、州数は増加傾向があったが、その管轄区域は縮小している。南朝宋は荊州の州治を襄陽としたが、南朝斉により江陵に移された。北魏穣県に荊州を置いた。

隋代

587年開皇7年)、後梁を併呑すると、荊州が置かれ、3郡7県を管轄した。607年大業3年)、郡制施行に伴い南郡と改称され、下部に10県を管轄した[3]。隋代の行政区分に関しては下表を参照。

隋代の行政区画変遷
区分開皇元年
荊州南荊州平州鄀州
南郡新興郡監利郡南平郡河東郡宜都郡漳川郡遠安郡永寧郡武寧郡
江陵県
枝江県
広牧県
安興県
定襄県
紫陵県
雲沢県
公安県
孱陵県
永安県
松滋県
聞喜県
譙県
宜昌県
宜都県
帰化県
受陵県
佷山県
当陽県
安居県
-長寧県長林県
区分大業3年
南郡
江陵県 枝江県 安興県 紫陵県 公安県 松滋県 宜都県 長楊県 当陽県 長林県

唐代

621年武徳4年)、により南郡は荊州と改められ、江陵・枝江・長林・安興・石首・松滋・公安の7県を管轄した。742年天宝元年)、荊州は江陵郡と改称された。758年乾元元年)、江陵郡は荊州と改称された。760年上元元年)、南都が置かれ、荊州は江陵府と改められた[4]

宋代

のとき、江陵府は荊湖北路に属し、江陵・公安・潜江監利・松滋・石首・枝江・建寧の8県を管轄した。1130年建炎4年)、荊南府と改められた。1135年紹興5年)、江陵府にもどされた。1174年淳熙元年)、再び荊南府と改められたが、まもなく江陵府にもどされた[5]

元代

のとき、中興路が置かれた。中興路は河南江北等処行中書省に属し、江陵・公安・石首・松滋・枝江・潜江・監利の7県を管轄した[6]1364年朱元璋により荊州府が置かれた。

明代

の荊州府は湖広等処承宣布政使司に属し、直属の江陵・公安・石首・監利・松滋・枝江の6県および夷陵州長陽宜都遠安の3県および帰州興山巴東の2県、合わせて2州11県を管轄した[7]

清代

の荊州府は湖北省に属し、江陵・公安・石首・監利・松滋・枝江・宜都の7県を管轄した[8]

脚注

  1. 漢書』地理志上
  2. 後漢書』郡国志四
  3. 隋書』地理志下
  4. 旧唐書』地理志二
  5. 宋史』地理志四
  6. 元史』地理志二
  7. 明史』地理志五
  8. 清史稿』地理志十四


This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.