草文会

草文会は、1971年に、「民主主義的な良書の出版」という志を持つ出版社で結成され、共同して研鑽・勉強会などを行っている出版社のグループ。

秘密保護法制定の際には、「国民の知る権利」が制約され、言論、出版、表現の自由を脅かすものとして反対声明を発表した[1]

現在の加盟社は、いかだ社一声社岩崎書店大月書店学習の友社かもがわ出版金の星社合同出版新読書社新日本出版社清風堂書店童心社日本標準農文協ひとなる書房ほるぷ出版民衆社芽ばえ社理論社の19社。

脚注

  1. 「秘密保護法案」に反対する「草文会」のアピール”. 2020年6月12日閲覧。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.