苔色

苔色(こけいろ)は、苔のように落ち着いた彩度を抑えた黄緑色のこと。英名はモス・グリーン(Moss Green)。

歴史

江戸時代の染色では、近い系統で柳茶色や海松色があるが、苔色そのものの名は明記されておらず、萌黄色と同色に扱われることが多い。平安文学に登場する苔や苔衣(こけのきぬ)は、この時代の僧侶や世捨人の粗末な衣服を示す。苔色が染色として明確化され、愛用されだしたのは明治~昭和にかけてである。昭和20年代には流行色となった。

参考文献

  • 長崎盛輝『日本の伝統色 その色名と色調』青幻舎 ISBN 978-4-86152-071-6

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.