芦辺拓

芦辺 拓(あしべ たく、1958年5月21日-)は、日本の推理作家。本名小畠 逸介(こばた としゆき)[1]大阪府大阪市出身[1]。妻はピアニストの風呂本佳苗

この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
芦辺 拓あしべ たく
誕生 小畠 逸介
(1958-05-21) 1958年5月21日(62歳)[1]
日本大阪府大阪市
職業 推理作家
国籍 日本
活動期間 1990年 -
ジャンル 推理小説
代表作 森江春策の事件簿シリーズ
主な受賞歴 鮎川哲也賞(1990年)
デビュー作殺人喜劇の13人
ウィキポータル 文学

略歴

大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎同志社大学法学部[1]読売新聞大阪本社の校閲部・文化部記者として勤務する傍ら[2]、1986年に本名の小畠逸介名義の「異類五種」で第2回幻想文学新人賞に佳作入選[1]中井英夫澁澤龍彦の讃をうける。1990年、芦辺拓名義での『殺人喜劇の13人』で第1回鮎川哲也賞を受賞しデビュー[1]。1994年に専業作家となる[3]

シリーズものの著作としては、作者いわく「日本一地味な探偵」森江春策が時空や虚実までも越えた謎に挑む「森江春策の事件簿シリーズ」。

2009年、NHKの「探偵Xからの挑戦状!」のために「森江春策の災難」を書き下ろした[4]

文学賞受賞・候補歴

ミステリ・ランキング

週刊文春ミステリーベスト10

  • 1990年 - 『殺人喜劇の13人』7位
  • 2000年 - 『怪人対名探偵』27位
  • 2001年 - 『時の密室』8位
  • 2002年 - 『グラン・ギニョール城』12位
  • 2004年 - 『紅楼夢の殺人』10位
  • 2010年 - 『綺想宮殺人事件』8位
  • 2013年 - 『時の審廷』17位
  • 2014年 - 『異次元の館の殺人』12位

このミステリーがすごい!

  • 1992年 - 『殺人喜劇の13人』20位[12]
  • 1997年 - 『時の誘拐』17位[13]
  • 2003年 - 『グラン・ギニョール城』9位[14]
  • 2005年 - 『紅楼夢の殺人』10位[15]
  • 2006年 - 『三百年の謎匣』14位[16]
  • 2011年 - 『綺想宮殺人事件』10位[17]
  • 2014年 - 『奇譚を売る店』20位[18]
  • 2015年 - 『異次元の館の殺人』10位[19]
  • 2021年 - 『鶴屋南北の殺人』20位[20]

本格ミステリ・ベスト10

  • 1997年 - 『時の誘拐』7位
  • 1998年 - 『地底獣国の殺人』13位
  • 1999年 - 『十三番目の陪審員』6位
  • 2000年 - 『不思議の国のアリバイ』14位
  • 2001年 - 『怪人対名探偵』10位、『絢爛たる殺人』14位、『和時計の館の殺人』17位
  • 2002年 - 『時の密室』2位
  • 2003年 - 『グラン・ギニョール城』7位
  • 2004年 - 『明智小五郎対金田一耕助』11位
  • 2005年 - 『紅楼夢の殺人』4位
  • 2006年 - 『三百年の謎匣』8位、『切断都市』27位
  • 2007年 - 『千一夜の館の殺人』13位、『少年は探偵を夢見る』17位
  • 2008年 - 『五瓶劇場』27位
  • 2009年 - 『裁判員法廷』6位
  • 2010年 - 『少女探偵は帝都を駆ける』16位
  • 2011年 - 『綺想宮殺人事件』4位
  • 2012年 - 『七人の探偵のための事件』29位
  • 2013年 - 『スチームオペラ』9位
  • 2014年 - 『時の審廷』12位、『奇譚を売る店』26位
  • 2015年 - 『異次元の館の殺人』4位
  • 2017年 - 『金田一耕助、パノラマ島へ行く』21位
  • 2018年 - 『ダブル・ミステリ』13位
  • 2019年 - 『帝都探偵大戦』24位
  • 2021年 - 『鶴屋南北の殺人』8位

ミステリが読みたい!

  • 2011年 - 『綺想宮殺人事件』9位
  • 2014年 - 『奇譚を売る店』20位
  • 2015年 - 『異次元の館の殺人』5位
  • 2018年 - 『楽譜と旅する男』19位
  • 2019年 - 『帝都探偵大戦』20位
  • 2021年 - 『鶴屋南北の殺人』7位

作品リスト

森江春策の事件簿シリーズ

  1. 殺人喜劇の13人(1990年11月 東京創元社 ISBN 978-4-488-02324-9 / 1998年10月 講談社文庫 ISBN 978-4-062-63923-1 / 2015年1月 創元推理文庫 ISBN 978-4-488-45605-4)
  2. 歴史街道殺人事件(1995年8月 トクマノベルス ISBN 978-4-198-50247-8 / 1999年6月 徳間文庫 ISBN 978-4-198-91113-3)
  3. 時の誘拐(1996年9月 立風書房 ISBN 978-4-651-66071-4 / 2001年9月 立風ノベルス ISBN 978-4-651-42056-1 / 2004年3月 講談社文庫 ISBN 978-4-062-73965-8)
  4. 地底獣国(ロスト・ワールド)の殺人(1997年9月 講談社ノベルス ISBN 978-4-061-81983-2 / 2001年6月 講談社文庫 ISBN 978-4-062-73191-1)
  5. 探偵宣言 森江春策の事件簿(1998年3月 講談社ノベルス ISBN 978-4-061-82012-8 / 2005年9月 講談社文庫 ISBN 978-4-062-75176-6)
    • 収録作品:「殺人喜劇の時計塔」「殺人喜劇の不思議町」「殺人喜劇の鳥人伝説」「殺人喜劇の迷い家伝説」「殺人喜劇のXY」「殺人喜劇のC6H5NO2」「殺人喜劇の森江春策」
  6. 十三番目の陪審員(1998年8月 角川書店 ISBN 978-4-048-73126-3 / 2001年8月 角川文庫 ISBN 978-4-043-58701-8 / 2008年9月 創元推理文庫 ISBN 978-4-488-45604-7)
  7. 不思議の国のアリバイ(1999年9月 青樹社 ISBN 978-4-791-31168-2 / 2003年7月 光文社文庫 ISBN 978-4-334-73522-7)
  8. 怪人対名探偵(2000年5月 講談社ノベルス ISBN 978-4-061-82132-3 / 2004年12月 講談社文庫 ISBN 978-4-062-74952-7)
  9. 和時計の館の殺人(2000年7月 カッパ・ノベルス ISBN 978-4-334-07395-4 / 2004年5月 光文社文庫 ISBN 978-4-334-73686-6)
  10. 時の密室(2001年3月 立風書房 ISBN 978-4-651-66081-3 / 2005年3月 講談社文庫 ISBN 978-4-062-75036-3)
  11. 赤死病の館の殺人(2001年7月 カッパ・ノベルス ISBN 978-4-334-07434-0 / 2005年4月 光文社文庫 ISBN 978-4-334-73859-4)
    • 収録作品:「赤死病の館の殺人」「疾駆するジョーカー」「深津警部の不吉な赴任」「密室の鬼」
  12. グラン・ギニョール城(2001年12月 原書房 ミステリー・リーグ ISBN 978-4-562-03462-8 / 2006年4月 創元推理文庫 ISBN 978-4-488-45602-3)
  13. 三百年の謎匣(2005年4月 早川書房 ISBN 978-4-152-08634-1 / 2013年9月 角川文庫 ISBN 978-4-041-00978-9)
    • 収録作品:「森江春策、三百年の謎匣を開く」「新ヴェニス夜話」「海賊船シー・サーペント号」「北京とパリにおけるメスメル博士とガルヴァーニ教授の療法」「マウンザ人外境」「ホークスヴィルの決闘」「死は飛行船に乗って」「森江春策、三百年の謎匣を閉じる」
  14. 少年は探偵を夢見る 森江春策クロニクル(2006年3月 東京創元社 ISBN 978-4-488-01211-3/2017年8月 創元推理文庫 『名探偵・森江春策』に改題 ISBN 978-4-488-45607-8)
    • 収録作品:「少年探偵はキネオラマの夢を見る」「幽鬼魔荘殺人事件と13号室の謎」「滝警部補自身の事件」「街角の断頭台」「時空を征服した男」
  15. 千一夜の館の殺人(2006年7月 カッパ・ノベルス ISBN 978-4-334-07637-5 / 2009年8月 光文社文庫 ISBN 978-4-334-74632-2)
  16. 裁判員法廷(2008年3月 文藝春秋 ISBN 978-4-163-26790-6 / 2010年5月 文春文庫 ISBN 978-4-167-73802-0)
    • 収録作品:「審理」「評議」「自白」
  17. 彼女らは雪の迷宮に(2008年10月 祥伝社 ISBN 978-4-396-63306-6 / 2012年2月 祥伝社文庫 ISBN 978-4-396-33732-2)
  18. 綺想宮殺人事件(2010年4月 東京創元社 ISBN 978-4-488-02454-3)
  19. 七人の探偵のための事件(2011年10月 早川書房 ISBN 978-4-152-09234-2)
  20. 大公女殿下(プリンセス)に捧げる密室(2012年3月 祥伝社 ISBN 978-4-396-63384-4)
  21. 時の審廷(2013年9月 講談社 ISBN 978-4-062-18534-9)
  22. 異次元の館の殺人(2014年8月 光文社 ISBN 978-4-334-92961-9 / 2016年9月 光文社文庫 ISBN 978-4-334-77350-2)
  23. ダブル・ミステリ 月琴亭の殺人/ノンシリアル・キラー(英:Double Mystery Murder at the Chinese Lute Hotel/Non-serial Killer, 2016年12月 東京創元社 ISBN 978-4-488-02741-4)
  24. 鶴屋南北の殺人(2020年6月 原書房 ミステリー・リーグ ISBN 978-4-562-05772-6)

モダン・シティシリーズ

  1. 殺人喜劇のモダン・シティ(1994年2月 東京創元社 ISBN 978-4-488-01253-3 / 2000年9月 講談社文庫 ISBN 978-4-062-64979-7)
  2. 少女探偵は帝都を駆ける(2009年8月 講談社ノベルス ISBN 978-4-061-82658-8)
    • 収録作品:「名探偵エノケン氏」「路地裏のフルコース」「78回転の密室」「テレヴィジョンは見た」「消えた円団治」「ヒーロー虚空に死す」「少女探偵は帝都を駆ける」

自治警特捜シリーズ

  1. 死体の冷めないうちに(1998年7月 双葉社 ISBN 978-4-575-23350-6 / 2001年2月 双葉文庫 ISBN 978-4-575-50769-0)
    • 収録作品:「忘れられた誘拐」「存在しない殺人鬼」「死体の冷めないうちに」「世にも切実な動機」「不完全な処刑台」「最もアンフェアな密室」「仮想現実の暗殺者」
  2. メトロポリスに死の罠を(2002年4月 双葉社 ISBN 978-4-575-23434-3 / 2004年9月 双葉文庫 ISBN 978-4-575-50964-9)

ネオ少年探偵シリーズ

  1. ネオ少年探偵 妖奇城の秘密(2004年6月 学習研究社 ISBN 978-4-052-02084-1)
  2. ネオ少年探偵 電送怪人(2005年6月 学習研究社 ISBN 978-4-052-02352-1)
  3. ネオ少年探偵 謎のジオラマ王国(2005年6月 学習研究社 ISBN 978-4-052-02353-8)

名探偵博覧会

  1. 名探偵博覧会 真説ルパン対ホームズ(2000年4月 原書房 ISBN 978-4-562-03303-4 / 2005年8月 創元推理文庫 『真説ルパン対ホームズ 名探偵博覧会I』に改題 ISBN 978-4-488-45601-6)
    • 収録作品:「真説ルパン対ホームズ」「大君殺人事件またはポーランド鉛硝子の謎」「《ホテル・ミカド》の殺人」「黄昏の怪人たち」「田所警部に花束を」「七つの心を持つ探偵」「探偵奇譚 空中の賊」「百六十年の密室」
  2. 明智小五郎対金田一耕助 名探偵博覧会II(2002年12月 原書房 ミステリー・リーグ ISBN 978-4-562-03571-7 / 2007年1月 創元推理文庫 ISBN 978-4-488-45603-0)
    • 収録作品:「明智小五郎対金田一耕助」「フレンチ警部と雷鳴の城」「ブラウン神父の日本趣味」「そしてオリエント急行から誰もいなくなった」「Qの悲劇または二人の黒覆面の冒険」「探偵映画の夜」「少年は怪人を夢見る

金田一耕助VS明智小五郎シリーズ

  1. 金田一耕助VS明智小五郎(2013年3月 角川文庫 ISBN 978-4-041-00820-1)
    • 収録作品:「明智小五郎対金田一耕助」「《ホテル・ミカド》の殺人」「少年は怪人を夢見る」「黄昏の怪人たち」「天幕と銀幕の見える場所」「屋根裏の乱歩者」「金田一耕助対明智小五郎」(書き下ろし)
  2. 金田一耕助VS明智小五郎ふたたび(2014年9月 角川文庫 ISBN 978-4-041-02065-4)
    • 収録作品:「明智小五郎対金田一耕助ふたたび」「金田一耕助 meets ミスター・モト」「探偵、魔都に集う」「物語を継ぐもの」「瞳の中の女異聞」
  3. 金田一耕助、パノラマ島へ行く(2016年2月 角川文庫 ISBN 978-4-041-03906-9)
    • 収録作品:「金田一耕助、パノラマ島へ行く」「明智小五郎、獄門島へ行く」

その他

  • 保瀬警部最大の冒険(1994年1月 カドカワ・ノベルズ ISBN 978-4-04-784701-9)
  • 明清疾風録 夢・鄭成功戦記(学習研究社 [1] 1995年11月 ISBN 978-4-05-400584-6 / [2] 1996年5月 ISBN 978-4-05-400675-1 / [3] 1997年3月 ISBN 978-4-05-400804-5)
  • 名探偵Z 不可能推理(2002年4月 ハルキ・ノベルス ISBN 978-4-89456-110-6)
    • 収録作品:「一番風呂殺人事件」「呪いの北枕」「26人消失す」「ご当地の殺人」「怪物質オバハニウム」「殺意は鉄路を駆ける」「少女怪盗Ψ登場」 ほか
  • 殺しはエレキテル 曇斎先生事件帳(2003年12月 カッパ・ノベルス ISBN 978-4-334-07547-7 / 2007年1月 光文社文庫 ISBN 978-4-334-74180-8)
    • 収録作品:「殺しはエレキテル」「幻はドンクルカームル」「闇夜のゼオガラヒー」「木乃伊とウニコール」「星空にリュクトシキップ」「恋はトーフルランターレン」
  • 紅楼夢の殺人(2004年5月 文藝春秋 ISBN 978-4-16-321370-5 / 2007年8月 文春文庫 ISBN 978-4-16-773801-3)
  • 切断都市(2004年12月 実業之日本社 ISBN 978-4-408-53467-1)
  • 探偵と怪人のいるホテル(2006年9月 有楽出版社 ISBN 978-4-408-59269-5)※「非ミステリ」な幻想小説短篇集
    • 収録作品:「探偵と怪人のいるホテル」「仮面と幻夢の躍る街角」「少年と怪魔の駆ける遊園」「異類五種」「疫病草紙」「黒死病館の蛍」「F男爵とE博士のための晩餐会」「天幕と銀幕の見える場所」「屋根裏の乱歩者」「伽羅荘事件」「探偵と怪人のいたホテル」
  • 五瓶劇場 からくり灯籠(2007年3月 原書房 ISBN 978-4-562-04062-9)
    • 収録作品:「けいせい伝奇城」「五瓶力謎緘」「花都写楽貌」「戯場国邪神封陣」
  • 迷宮パノラマ館(2007年6月 有楽出版社 ISBN 978-4-408-59291-6)
    • 収録作品:「太平天国の邪神」「カンバリクの盗賊」「グラン・ギニョールの夜」「読心術師」「ブロードウェイの聖夜」「二つの扉」「飛蝗亭事件」「カイン屋敷」「名探偵の使命」「そして誰もいなくなった…はずだった」 ほか
  • 月蝕姫のキス(2008年10月 理論社ミステリーYA!ISBN 978-4-652-08609-4)
  • 黄金夢幻城殺人事件(2011年9月 原書房 ISBN 978-4-562-04729-1)
    • 収録作品:「黄金夢幻城」「中途採用捜査官:忙しすぎた死者」「ドアの向こうに殺人が」「北元大秘記」「燦めく物語の街で」(ショートショート集)「黄金夢幻城殺人事件」(戯曲)「「黄金夢幻城殺人事件」殺人事件」
  • スクールガール・エクスプレス38(2012年8月 講談社YA!ENTERTAINMENT ISBN 978-4-06-269457-5)
  • スチームオペラ(2012年9月 東京創元社 ISBN 978-4-488-02309-6 / 2016年4月 創元推理文庫 ISBN 978-4-488-45606-1)
  • 奇譚を売る店(2013年7月 光文社 ISBN 978-4-334-92889-6 / 2015年12月 光文社文庫 ISBN 978-4-334-77210-9)
    • 収録作品:「『帝都脳病院入院案内』」「『這い寄る影』」「『こちらX探偵局/怪人幽鬼博士の巻』」「『青髯城殺人事件 映画化関係綴』」「『時の劇場・前後篇』」「『奇譚を売る店』」
  • 降矢木すぴかと魔の洋館事件(2015年10月 講談社YA!ENTERTAINMENT ISBN 978-4-06-269499-5)
  • 楽譜と旅する男(2017年3月 光文社 ISBN 978-4-334-91156-0)
    • 収録作品:「曾祖叔母(グランド・グランドアウンティ)オパールの物語」 / 「ザルツブルクの自動風琴(フレーテンウーア)」 / 「城塞(ビュルフト)の亡霊」 / 「三重十字(クリチェア・トリプラ)の旗のもとに」 / 「西太后のためのオペラ」 / 「悲喜劇(トラジコメディ)ならばディオラマ座」
  • 帝都探偵大戦(英:Chronicles of the Detectives, 2018年8月 創元クライム・クラブ ISBN 978-4-488-02791-9)
  • 新・二都物語(2018年10月 文藝春秋 ISBN 978-4-16-390914-1)
  • 少年少女のためのミステリー超入門(英:Mystery:First Guidance, 2018年11月 岩崎書店 ISBN 978-4-265-84018-2)
  • おじさんのトランク 幻燈小劇場(2019年7月 光文社 ISBN 978-4-334-91292-5)
    • 収録作品:「おじさんのトランク」 / 「おじさんの絵葉書」 / 「おじさんの植物標本」 / 「おじさんと欧亜連絡国際列車(ユーラシア・トレイン)」 / 「おじさんは幻燈の中に」 / 「おじさんと私と……」
  • 名探偵総登場 芦辺拓と13の謎(2020年12月 行舟文化 ISBN 978-4-9097-3504-1)自作アンソロジー・探偵小説三十年記念作品集
    • 収録作品:「殺人喜劇の鳥人伝説」 / 「死体の冷めないうちに」 / 「消えた円団治」 / 「木乃伊とウニコール」 / 「ご当地の殺人」 / 「レジナルド・ナイジェルソープの冒険」 / 「アリバイの盗聴」 / 「探偵と怪人のいるホテル」 / 「輪廻りゆくもの」 / 「怪人対少年探偵」 / 「アリバイのある毒」(ラジオドラマ) / 「並木謎浪華からくり ―正三と若き日の五瓶―」(歌舞伎台本) / 「からくり島の秘宝」 / 「スタンドアローンな探偵たち」(エッセイ)


創作講談

旭堂南湖に提供、「迷宮パノラマ館」に収録

名作リライト:10歳までに読みたい世界名作/日本名作/名作ミステリー・シリーズ

  • 名探偵シャーロック・ホームズ(イラスト:城咲綾、2014年10月 学研プラス ISBN 978-4-052-04062-7) - 著:コナン・ドイル、監修:横山洋子
    • 収録作品:「まだらのひも」 / 「六つのナポレオン」 / 「ノーウッドの怪事件」
  • 怪盗アルセーヌ・ルパン(イラスト:清瀬のどか、2015年4月 学研プラス ISBN 978-4-052-04190-7) - 著:モーリス・ルブラン
    • 収録作品:「怪盗ルパン対悪魔男爵」 / 「怪盗ルパンゆうゆう脱獄」
  • 海底二万マイル(イラスト:藤城陽、2016年4月 学研プラス ISBN 978-4-052-04402-1) - 著:ジュール・ベルヌ
  • 名探偵シャーロック・ホームズ なぞの赤毛クラブ(イラスト:城咲綾、2016年6月 学研プラス ISBN 978-4-052-04451-9) - 著:コナン・ドイル
    • 収録作品:「なぞの赤毛クラブ」 / 「くちびるのねじれた男」
  • 名探偵シャーロック・ホームズ ガチョウと青い宝石(イラスト:城咲綾、2016年9月 学研プラス ISBN 978-4-052-04494-6) - 著:コナン・ドイル
    • 収録作品:「ブナの木館のきょうふ」 / 「ガチョウと青い宝石」
  • 名探偵シャーロック・ホームズ ホームズ最後の事件!?(イラスト:城咲綾、2016年11月 学研プラス ISBN 978-4-052-04533-2) - 著:コナン・ドイル
    • 収録作品:「ボヘミア王のひみつ」 / 「ホームズ最後の事件!?」
  • 名探偵シャーロック・ホームズ おどる人形の暗号(イラスト:城咲綾、2016年12月 学研プラス ISBN 978-4-052-04570-7) - 著:コナン・ドイル
    • 収録作品:「空っぽの家の冒険」 / 「おどる人形の暗号」
  • 名探偵シャーロック・ホームズ バスカビルの魔犬(イラスト:城咲綾、2017年3月 学研プラス ISBN 978-4-052-04600-1) - 著:コナン・ドイル
  • 少年探偵団 対決!怪人二十面相(イラスト:ちーこ、2017年11月 学研プラス ISBN 978-4-052-04721-3) - 著:江戸川乱歩、監修:加藤康子
    • 収録作品:「『怪人二十面相』六つのダイヤモンド事件」 / 「『少年探偵団』黒い魔物」
  • 十五少年漂流記(イラスト:丸谷朋弘、2019年6月 学研プラス ISBN 978-4-052-05009-1) - 著:ジュール・ベルヌ
  • ロスト・ワールド 恐竜の世界(イラスト:藤城陽、2020年7月 学研プラス ISBN 978-4-052-05180-7) - 著:コナン・ドイル

共著

  • 本格ミステリーを語ろう![海外篇](1999年3月 原書房 ISBN 978-4-562-03175-7) - 有栖川有栖小森健太朗二階堂黎人との対談
  • 堕天使殺人事件(1999年9月 角川書店 ISBN 978-4-048-73180-5/ 2002年5月 角川文庫 ISBN 978-4-043-49503-0) - ミステリ作家11名による長編リレー小説。芦辺は最終章を担当
  • 前夜祭(2000年7月 角川書店 ISBN 978-4-048-73230-7) - ミステリ作家6名による長篇リレー小説
  • ヤオと七つの時空の謎(2019年10月 南雲堂 ISBN 978-4-523-26589-4) - ミステリ作家7名による歴史推理連作。芦辺は編著ならびにプロローグ、エピローグを担当

アンソロジー

「」内が芦辺拓の作品

異形コレクション

  • 4 悪魔の発明(1998年5月 廣済堂出版 ISBN 978-4-331-60659-9)「F男爵とE博士のための晩餐会」
  • 9 グランドホテル(1999年3月 廣済堂出版 ISBN 978-4-331-60734-3)「探偵と怪人のいるホテル」
  • 14 世紀末サーカス(2000年1月 廣済堂出版 ISBN 978-4-331-60798-5)「天幕と銀幕の見える場所」
  • 21 マスカレード(2002年1月 光文社文庫 ISBN 978-4-334-73274-5)「仮面と幻夢の躍る街角」
  • 29 黒い遊園地(2004年4月 光文社文庫 ISBN 978-4-334-73674-3)「少年と怪魔の駆ける遊園」
  • 39 ひとにぎりの異形(2007年12月 光文社文庫 ISBN 978-4-334-74355-0)「シミュラクラの罠」
  • 42 幻想探偵(2009年2月 光文社文庫 ISBN 978-4-334-74518-9)「輪廻りゆくもの」
  • 48 物語のルミナリエ(2011年12月 光文社文庫 ISBN 978-4-334-76344-2)「物語を継ぐもの」

本格ミステリ作家クラブ・編

  • 本格ミステリ2002(2002年5月 講談社ノベルス ISBN 978-4-061-82251-1)「フレンチ警部と雷鳴の城」
    • 【改題】死神と雷鳴の暗号(2006年1月 講談社文庫 ISBN 978-4-062-75301-2)
  • 本格ミステリ2003(2003年6月 講談社ノベルス ISBN 978-4-061-82320-4)「曇斎先生事件帳」
    • 【改題】論理学園事件帳(2007年1月 講談社文庫 ISBN 978-4-062-75623-5)
  • 本格ミステリ2004(2004年6月 講談社ノベルス ISBN 978-4-061-82377-8)「78回転の密室」
    • 【改題】深夜バス78回転の問題(2008年1月 講談社文庫 ISBN 978-4-062-75954-0)
  • 本格ミステリ2007(2007年5月 講談社ノベルス ISBN 978-4-061-82530-7)「裁判員法廷二〇〇九
    • 【改題】法廷ジャックの心理学(2011年1月 講談社文庫 ISBN 978-4-062-76857-3)

日本推理作家協会・編

  • 名探偵を追いかけろ 最新ベスト・ミステリー(2004年10月 光文社カッパ・ノベルス ISBN 978-4-334-07587-3 / 2007年5月 光文社文庫 ISBN 978-4-334-74250-8)「名探偵エノケン氏」
  • 名探偵の奇跡 最新ベスト・ミステリー (2007年9月 カッパ・ノベルス ISBN 978-4-334-07663-4 / 2010年5月 光文社文庫 ISBN 978-4-334-74781-7)「裁判員法廷二〇〇九」
  • 驚愕遊園地 最新ベスト・ミステリー(2013年11月 光文社 ISBN 978-4-334-92916-9 / 2016年5月 光文社文庫 ISBN 978-4-334-77291-8)「黒い密室」

その他

  • 凶器の蒐集家(1996年3月 青樹社文庫 ISBN 978-4-7913-0938-2)「殺人喜劇の不思議町」
  • 不在証明崩壊(アリバイくずし) ミステリーアンソロジー(1996年4月 カドカワノベルズ ISBN 978-4-04-785006-4 / 2000年5月 角川文庫 ISBN 978-4-04-191303-1)「死体の冷めないうちに」
  • 贋作館事件(1999年9月 原書房 ISBN 978-4-562-03222-8)「黄昏の怪人たち」
  • 乱歩の幻影(1999年9月 ちくま文庫 ISBN 978-4-480-03505-9)「屋根裏の乱歩者」
  • 黄土の虹 チャイナ・ストーリーズ(2000年2月 祥伝社 ISBN 978-4-396-63163-5)「北元大秘記」
  • 変化 妖かしの宴2(2000年10月 PHP文庫 ISBN 978-4-569-57461-5)「少年は怪人を夢見る」
  • 秘神界 歴史編(2002年9月 創元推理文庫 ISBN 978-4-488-59501-2)「五瓶劇場 戯場国邪神封陣」
  • 全席死定 鉄道ミステリー名作館(2004年3月 徳間文庫 ISBN 978-4-19-892039-5)「そしてオリエント急行から誰もいなくなった」
  • あなたが名探偵(2005年8月 東京創元社 ISBN 978-4-488-02383-6 / 2009年4月 創元推理文庫 ISBN 978-4-488-40053-8)「読者よ欺かれておくれ」
  • 密室と奇蹟 J・D・カー生誕百周年記念アンソロジー(2006年11月 東京創元社 ISBN 978-4-488-02392-8/2020年8月 創元推理文庫 ISBN 978-4-488-40061-3)「ジョン・ディクスン・カー氏、ギデオン・フェル博士に会う」
  • 鉄人28号 THE NOVELS(2012年11月 小学館クリエイティブ単行本 ISBN 978-4-7780-3752-9)「寝台特急あさかぜ鉄人事件」
  • 大阪ラビリンス(2014年8月 新潮文庫 ISBN 978-4-10-120437-6)「天幕と銀幕の見える場所」
  • 伝奇無双「秘宝」 操觚の会書き下ろしアンソロジー(2019年3月 戯作舎)「ちせが眼鏡をかけた由来 江戸少女奇譚の内」
  • 妖ファンタスティカ〜書下し伝奇ルネサンス・アンソロジー(2019年5月 書苑新社 ISBN 978-4-88375-353-6)「浅茅が学問吟味を受けた顚末 ―江戸少女奇譚の内―」
  • 妖ファンタスティカ2〜書下し伝奇ルネサンス・アンソロジー(2019年11月 書苑新社 ISBN 978-4-88375-380-2)「喜火姫が刺客に襲われた次第 ―江戸少女奇譚の内―」
  • アンソロジーしずおか戦国の城 (2020年9月 静岡新聞社 ISBN 978-4-7838-1121-3)「時満つる城ー堀川城語り」


日本国外での刊行

  • 紅楼夢の殺人 (2004年5月、文藝春秋)
    • 台湾 - 紅樓夢殺人事件 (2006年7月、遠流出版、黄春秀訳、ISBN 9573257971)
    • 中国 - 红楼梦杀人事件 (2008年1月、群衆出版社、趙建勲訳、ISBN 9787501441327)
    • 韓国 - 홍루몽 살인사건 (2007年8月、出版:ファングムカジ(황금가지)、訳:キム・シドク(김시덕)、ISBN 9788960171015)
    • 英語版 - Murder in the Red Chamber (2012年8月、Kurodahan Press、Tyran Grillo訳、ISBN 9784902075380)

映像化作品

テレビドラマ

テレビ朝日
  • 土曜ワイド劇場
    • 弁護士・森江春策の事件
      • 弁護士・森江春策の裁判員法廷(2009年8月1日、主演:中村梅雀、原作:裁判員法廷)
      • 殺人同窓会(2010年8月21日、主演:中村梅雀、オリジナル)
      • 透明人間の完全犯罪!!(2011年10月29日、主演:中村梅雀、オリジナル)
フジテレビ

出演番組

関連項目

脚注

  1. 横井司『日本ミステリー事典』権田萬治新保博久(監修)、新潮社、2000年9月5日、三刷、21頁。ISBN 978-4-106-00581-7。
  2. 芦辺拓「解説」『殺人喜劇の13人』新保博久(解説)、講談社、1998年10月15日、451頁、454頁。ISBN 978-4-062-63923-1。
  3. 芦辺拓『殺人喜劇の13人』講談社、1998年10月15日、459頁。
  4. 辻真先白峰良介黒崎緑霞流一、芦辺拓、井上夢人折原一山口雅也「解説」『探偵Xからの挑戦状!』鳥本秀昭(解説)、小学館、2009年10月11日、360-363頁。ISBN 978-4-094-08440-5。
  5. 幻想文学新人賞 受賞作候補作一覧”. 文学賞の世界. 2016年5月13日閲覧。
  6. 鮎川哲也賞 歴代受賞作”. 東京創元社. 2016年5月13日閲覧。
  7. 2002年度 第2回本格ミステリ大賞”. 本格ミステリ作家クラブ. 2016年5月13日閲覧。
  8. 2005年度 第5回本格ミステリ大賞”. 本格ミステリ作家クラブ. 2016年5月13日閲覧。
  9. 2009年度 第9回本格ミステリ大賞”. 本格ミステリ作家クラブ. 2016年5月13日閲覧。
  10. 2011年度 第11回本格ミステリ大賞”. 本格ミステリ作家クラブ. 2016年5月13日閲覧。
  11. 2013年度 第13回本格ミステリ大賞”. 本格ミステリ作家クラブ. 2016年5月13日閲覧。
  12. 「ベスト20の過去5年」『このミステリーがすごい! '94年版』宝島社、1993年12月25日、98頁。ISBN 978-4-796-60763-6。
  13. 『このミステリーがすごい!'97年版』宝島社、2002年12月23日、p. 6, pp. 12-13。ISBN 978-4-796-61170-1。
  14. 『このミステリーがすごい!2003年版』宝島社、2002年12月23日、p. 4, p. 15。ISBN 978-4-796-63025-2。
  15. 『このミステリーがすごい!2005年版』宝島社、2004年12月22日、p. 4, p. 10。ISBN 978-4-796-64406-8。
  16. 『このミステリーがすごい!2006年版』宝島社、2005年12月23日、p. 5, p. 18。ISBN 978-4-796-65033-5。
  17. 『このミステリーがすごい!2011年版』宝島社、2010年12月24日、p. 17, p. 24。ISBN 978-4-796-67959-6。
  18. 『このミステリーがすごい!2014年版』宝島社、2013年12月23日、p. 16, p. 19。ISBN 978-4-800-22039-4。
  19. 『このミステリーがすごい!2015年版』宝島社、2014年12月24日、p. 9, p. 16。ISBN 978-4-800-23490-2。
  20. 『このミステリーがすごい!2021年版』宝島社、2020年12月18日、p. 19, p. 33。ISBN 978-4-299-01165-7。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.