舞え舞え蝸牛

舞え舞え蝸牛 新・落窪物語』(まえまえかたつむり しん・おちくぼものがたり)は、田辺聖子の小説。副題にあるように、古典物語落窪物語』を翻案した小説である。1975年12月から『大阪新聞』『秋田魁新報』『宮崎日日新聞』『大分合同新聞』『下野新聞』『上毛新聞』に171回にわたって連載され、1972年に文藝春秋から単行本が刊行された。のち、2015年に文春文庫版の新装版が刊行された際、『おちくぼ物語』と改題されている。

1979年、宝塚歌劇で舞台化された。

書誌情報

  • 『舞え舞え蝸牛 新・落窪物語』 文藝春秋、1977年9月
  • 『舞え舞え蝸牛 新・落窪物語』 文春文庫、1979年10月
  • 『田辺聖子長篇全集〈11〉 舞え舞え蝸牛 新・落窪物語、小町盛衰抄 歴史散歩私記』 文藝春秋、1982年10月
  • 『おちくぼ物語』 文春文庫(新装版)、2015年4月
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.