自衛艦隊司令官

自衛艦隊司令官(じえいかんたいしれいかん、Commander in Chief, Self Defense Fleet[1])とは、海上自衛隊の主戦力である自衛艦隊の指揮官で、防衛大臣の指揮監督を受け、自衛艦隊の隊務を統括する。政令で規定される指定職5号[2]の役職であり、海将階級にある自衛官をもって充てられ[3]、事実上海上幕僚長に次ぐ第2位の地位にある海上自衛隊の役職である[4]。ただし部隊運用に関する防衛大臣の指揮命令は、フォースプロバイダー(練度管理責任者)の海上幕僚長ではなくフォースユーザー(事態対処責任者)の統合幕僚長を通じて受け、フォースプロバイダーの護衛艦隊司令官、航空集団司令官、潜水艦隊司令官などから提供された隷下部隊をフォースユーザーとして運用する[5]。3年に1度行われる自衛隊観艦式の執行者も、原則として自衛艦隊司令官が務める。1961年(昭和36年)6月12日に、自衛隊法の一部改正[6](昭和36年法律第126号)により自衛艦隊司令から自衛艦隊司令官に改称された。

歴代の自衛艦隊司令・司令官
(特記ない限り海将・指定職5号)
氏名在職期間出身校・期前職後職
自衛艦隊司令
1吉田英三1954.7.1 - 1954.9.19海兵50期・
海大32期
第一船隊群司令
兼 第三船隊群司令
※兼 第1護衛隊群司令[7]
横須賀地方総監
2溪口泰麿1954.9.20 - 1956.7.31海兵51期・
海大33期
横須賀地方総監
※兼 第1護衛隊群司令
海上自衛隊幹部学校長
3庵原貢1956.8.1 - 1958.8.14海兵52期・
海大35期
海上幕僚監部総務部長
※兼 第1護衛隊群司令
海上幕僚長
4福地誠夫1958.8.15 - 1960.3.15海兵53期・
海大35期
海上幕僚監部総務部長
※兼 第1護衛隊群司令[7]
横須賀地方総監
5麻生孝雄1960.3.16 - 1960.7.31海兵55期・
海大37期
第2護衛隊群司令海上自衛隊第1術科学校
6中山定義1960.8.1 - 1961.6.11海兵54期・
海大36期
統合幕僚会議事務局長自衛艦隊司令官
自衛艦隊司令官
1中山定義1961.6.12 - 1961.8.14海兵54期・
海大36期
自衛艦隊司令海上幕僚長
2鈴木英1961.8.15 - 1962.7.15海兵55期・
海大38期
第1術科学校長
→1960.8.1幹部学校付
→1961.7.15海上幕僚監部付
海上自衛隊幹部学校長
3杉江一三1962.7.16 - 1963.6.30海兵56期・
海大37期
舞鶴地方総監海上幕僚長
4三上作夫1963.7.1 - 1964.12.31海兵56期・
海大37期
佐世保地方総監退職
5石黒 進1965.1.1 - 1965.12.15海兵57期・
海大39期
横須賀地方総監
→1964.12.16海上幕僚監部付
退職
6相生高秀1965.12.16 - 1967.6.30海兵59期航空集団司令官退職
7山本啓志郎1967.7.1 - 1968.12.31海兵60期横須賀地方総監退職
8伊吹正一1969.1.1 - 1970.6.30海兵62期航空集団司令官退職
9星野清三郎1970.7.1 - 1972.3.15海兵63期舞鶴地方総監退職
10北村謙一1972.3.16 - 1973.3.15海兵64期横須賀地方総監退職
11本村哲郎1973.3.16 - 1974.6.30海兵65期海上幕僚副長退職
12中村悌次1974.7.1 - 1976.3.15海兵67期呉地方総監海上幕僚長
13國嶋清矩1976.3.16 - 1977.8.31海兵68期海上自衛隊幹部学校長退職
14齋藤國二朗1977.9.1 - 1979.1.31海兵70期海上自衛隊幹部学校長退職
15矢田次夫1979.2.1 - 1980.2.14海兵72期佐世保地方総監海上幕僚長
16前田優1980.2.15 - 1981.2.15海兵73期佐世保地方総監海上幕僚長
17秋山正之1981.2.16 - 1982.6.30海兵74期護衛艦隊司令官退職
18古賀鶴男1982.7.1 - 1983.12.19海兵75期護衛艦隊司令官退職
19長田博1983.12.20 - 1985.7.31海兵76期呉地方総監海上幕僚長
20古閑健一郎1985.8.1 - 1987.7.6熊本大
3期幹候
航空集団司令官退職
21高崎郁男1987.7.7 - 1988.7.6海保大1期・
4期幹候
佐世保地方総監退職
22金崎實夫1988.7.7 - 1989.8.30海保大2期・
6期幹候
佐世保地方総監退職
23小西岑生1989.8.31 - 1991.6.30防大1期呉地方総監退職
24伊藤達二1991.7.1 - 1993.3.23防大2期統合幕僚会議事務局長退職
25山本 誠1993.3.24 - 1994.12.14防大4期呉地方総監退職
26村中壽雄1994.12.15 - 1996.3.24防大5期護衛艦隊司令官退職
27佐伯聖二1996.3.25 - 1997.6.30防大7期海上幕僚副長退職
28五味睦佳1997.7.1 - 1998.6.30防大8期海上幕僚副長退職
29山崎 眞1998.7.1 - 1999.12.9防大9期大湊地方総監退職
30長谷川語1999.12.10 - 2001.3.26防大10期大湊地方総監退職
31谷 勝治2001.3.27 - 2002.3.21防大11期呉地方総監退職
32勝山 拓2002.3.22 - 2003.3.26防大12期佐世保地方総監退職
33牧本信近2003.3.27 - 2004.8.29防大13期海上自衛隊幹部学校長退職
34中島榮一2004.8.30 - 2006.3.26防大15期海上自衛隊幹部学校長退職
35道家一成2006.3.27 - 2007.3.27防大15期呉地方総監退職
36香田洋二2007.3.28 - 2008.7.31防大16期佐世保地方総監退職
37泉 徹2008.8.1 - 2009.7.20防大17期海上自衛隊幹部学校長退職
38杉本正彦2009.7.21 - 2010.7.25防大18期呉地方総監海上幕僚長
39倉本憲一2010.7.26 - 2011.8.4防大19期航空集団司令官退職
40河野克俊2011.8.5 - 2012.7.25防大21期統合幕僚副長海上幕僚長
41松下泰士2012.7.26 - 2014.3.27防大22期護衛艦隊司令官退職
42鮒田英一2014.3.28 - 2015.8.3東京大
31期幹候
海上幕僚副長退職
43重岡康弘2015.8.4 - 2016.12.21防大25期海上幕僚副長退職
44山下万喜2016.12.22 - 2019.3.31防大27期佐世保地方総監退職
45糟井裕之2019.4.1 - 2020.8.24防大29期護衛艦隊司令官退職
46湯浅秀樹2020.8.25 -防大30期護衛艦隊司令官

※組織改編による呼称移行時(自衛艦隊司令→自衛艦隊司令官)は、新たに任命辞令が発出(官報掲載)されているため、代数は別個とした。

脚注

  1. 海上自衛隊の部隊、機関等における英語の呼称について(通達) (PDF)”. 海上幕僚長. 2020年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月27日閲覧。
  2. 自衛官#自衛官と防衛省内局及び他省庁の官僚との比較を参照
  3. 自衛隊法施行令(昭和29年政令第179号)第16条”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 (2019年8月30日). 2019年12月23日閲覧。
  4. 同じ指定職5号の横須賀地方総監を務めた者が後職として自衛艦隊司令官に就任している。(自衛艦隊司令時代は除く)
  5. ホーム > 自衛艦隊について > 組織・編成 海上自衛隊
  6. 「自衛隊法の一部を改正する法律」(昭和36年6月12日法律第126号)
  7. 1954.7.1-1959.6.30まで第1護衛隊群司令を兼務

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.