腹腔動脈

腹腔動脈 (ふくくうどうみゃく、coeliac ([ˈsli.æk]) artery, coeliac trunk, truncus coeliacus) は、腹大動脈の初めの部分にある主要な分枝である。長さは1.25 cmである。ヒトの胸椎12(T12)の大動脈から分枝し、腹大動脈にある3つの前/中分枝の1つである(他の2つは上腸間膜動脈下腸間膜動脈)。

腹腔動脈
腹腔動脈と分枝(腹腔動脈は中央に位置している)
胴体の主要な器官の表面投影図。腹腔動脈は中央に示されている。
概要
由来 卵黄動脈
供給源 腹大動脈
分岐 左胃動脈
総肝動脈
脾動脈
表記・識別
ラテン語 Truncus coeliacus, arteria coeliaca
MeSH D002445
TA A12.2.12.012
FMA 50737
解剖学用語

構造

3つの主要な区分に分けられ、さらにそれぞれが名前の付いた分枝に分かれる。

動脈分枝
左胃動脈食道枝、胃枝
総肝動脈固有肝動脈右胃動脈胃十二指腸動脈
脾動脈後膵動脈短胃動脈左胃大網動脈大膵動脈

腹腔動脈が下腎動脈を生じさせることもある。

機能

腹腔動脈は、肝臓、腹部食道脾臓、および十二指腸膵臓の上半分へ酸素を加えた血液を供給する。これらの構造は胚における前腸に対応する(同様に上腸間膜動脈下腸間膜動脈はそれぞれ胚における中腸後腸から生じる構造を持つ。これらの腹大動脈の3つの前枝ははっきりしており互いに代用することはできないが、終枝の間には限られた接続しかないことに注意

腸の他の主要な動脈との相互接続では灌流を維持するのに十分ではないため、腹腔動脈は血液のなくてはならない供給源である。よって生体内で安全に結紮することはできず、腹腔動脈を遮断することは供給している構造の壊死につながる。

排液

腹腔動脈は腹部の消化器官に栄養するが、ここには同様の名前の静脈がない。これは主要な動脈では唯一である。

消化器官(腹腔動脈の分布領域含む)から戻ってくる血液のほとんどは門脈系を介して肝臓に送られ、肝臓でさらに処理・解毒されてから肝静脈を介して体循環に戻る。

上腸間膜静脈下腸間膜静脈によるそれぞれ中腸後腸機構の排液とは対照的に、腹腔動脈からの静脈還流は、脾静脈から肝門脈に排出されるか、門脈系の小さな支流を経由する。

画像

関連項目

  • 腹腔動脈圧迫症候群

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.