(こし)とは、大まかな意味では脊柱の下部から骨盤までを指すが[1]、解剖学的には腰椎周囲の背部を指す。側腹筋後腹筋などの腹筋群、浅背筋深背筋など背筋群や腱膜が重なり合うことで強固な筋肉機構を作り上げており、体幹の屈曲伸展回旋等に非常に重要な役割を持つ。英訳は一般的にはwaistウエスト)だが、胴回りを指す"waist"と背中の下部を指す日本語の「腰」では指している意味は一致しない[2]

英語 Waist, hips, pelvic region, Loins

腰部を構成する筋肉群

側腹筋

後腹筋

浅背筋

深背筋・第1層(棘肋骨)

深背筋・第2層(固有背筋)

脚注

  1. 大辞林 第三版. (日本語). コトバンク. 2020年7月11日閲覧。
  2. 研究社『ライトハウス英和辞典』1984年、1593頁、「日英比較」の部分を参照のこと。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.