胞衣壺

胞衣壺(えなつぼ)は、胞衣(人間の胎盤後産)を埋納する際に納める容器()。

概要

生まれた子供の健やかな成長や立身出世を祈り、家の間口土間に埋納する習俗において用いられた。胎盤と共に銭貨を埋納する場合や[1][2][3]、神社に納められる場合もある(胞衣塚)[4]

日本では縄文時代中期の埋甕に遡り、古代には埋納方法が確立し、平城京秋田城跡秋田県秋田市)、長岡京跡京都府向日市長岡京市)などの他、各地の町屋跡から出土している[5][6]

関連項目

脚注

  1. 小郡に旅籠のにぎわい再び 「旧松崎油屋」来春復元 企画展開催中 特別公開や討論会も
  2. 川の港、鰍沢河岸跡(かじかざわかしあと)
  3. 吉身西遺跡発掘調査現地説明会資料
  4. 胞衣塚
  5. (71)胞衣壺
  6. 胞衣壷(えなつぼ)
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.