美樹克彦

美樹 克彦(みき かつひこ、1948年(昭和23年)10月22日 - )は、日本シンガーソングライター音楽プロデューサーである。本名および旧芸名目方 誠(めかた まこと)。 日本大学鶴ヶ丘高等学校卒業、日本大学藝術学部映画学科中退。

来歴・人物

京都市右京区の生まれ。1954年幼稚園児の終わりごろに京都市内の劇団「ペチカ」に入団。市立衣笠小学校から市立衣笠中学校に進学し、この間子役として(芸名も本名のままで)70本近くの映画に出演。

それと並行して歌のレッスンも行い、中学2年のときに上京、新宿区立四谷第一中学校に転校。歌手としてビクターレコードから「トランジスター・シスター」でデビュー。その一方でフジテレビ三匹の侍』など、テレビ映画にも出演した。

1965年日本大学鶴ヶ丘高等学校2年のとき、芸名を現在の美樹克彦に改名し、日本クラウンから「俺の涙は俺がふく」で歌手として再デビュー。その後、「回転禁止の青春さ」、「6番のロック」、「恋の台風第一号」、「赤いヘルメット」、「花はおそかった」など、多くのヒット曲を連発し、一躍アイドル歌手となった。日本大学藝術学部映画学科に進学したが1969年に2年で中退。キャニオンポリドールへの移籍を経て、RCAビクターBMG JAPANを経て、現在はアリオラジャパン)に移籍後はシンガーソングライターに転向。その後も楽曲提供を行ったり、プロデューサー活動も展開している。

1977年、一般女性と結婚したが2年で離婚。

1981年女優田中美智子(榊みちこ)と結婚したが4年後離婚。離婚の原因は、一番弟子(3度目の妻)との愛人関係だった。

近年では2009年探偵!ナイトスクープに出演し、久々に「花はおそかった」をテレビで披露した。

2015年現在、3度目の妻とは別居中で千葉県木更津市で一人暮らし。日々の日課は日サロ通い。2014年からは自身が経営するカラオケ教室(株式会社オンガック、美樹克彦音楽教室)で講師をしている模様がテレビで放送された[1]

長女にタレントの朝日奈藍[2][3]

代表曲

日本クラウン時代

  1. 俺の涙は俺がふく(c/w霧の峠) 1965年3月10日
  2. 燃えろ青春 (c/w 東京は宝島) 1965年5月1日
  3. 6番のロック (c/w 信じあう星) 1965年6月1日
  4. 夕陽に叫ぶ歌 (c/w 気になるあの娘) 1965年9月1日
  5. ジングルベル (c/w サンタクロースが町に来る) 1965年11月1日
  6. 回転禁止の青春さ (c/w さよならがただひとつ) 1966年1月1日
  7. 赤いヘルメット (c/w わが青春の第一ページ) 1966年2月10日
  8. 君の名を呼んだりしない (c/w 俺って奴は) 1966年4月1日
  9. 行こうぜ東京 (c/w 俺の慕情) 1966年6月10日
  10. 恋の台風第一号 (c/w 泣くな鉄腕) 1966年9月10日
  11. 君は俺の花 (c/w これでも恋さ) 1966年11月1日
  12. 狂った時計 (c/w 涙はないんだ) 1967年1月10日
  13. 花はおそかった (c/w 恋の挑戦状) 1967年3月1日
    美樹の人気を決定付けた一曲。同曲で第18回NHK紅白歌合戦に(唯一)出場した。ラストの台詞で「バカヤローー!!」と叫び、当時物議を醸した。その後も「バカヤロー!!」と叫ぶ台詞がある楽曲は、西城秀樹の「白い教会」(1975年)、近藤真彦の「ブルージーンズメモリー」(1981年)といった男性アイドル歌謡曲へ引き継がれた。
    後に堤大二郎がカバーする。
  14. 大巨獣ガッパ 1967年4月10日 - 映画『大巨獣ガッパ』の主題歌。B面曲はダニー飯田とパラダイス・キングの「がんばれ仔ガッパ」
  15. わんぱくフリッパー (c/w フリッパー・マーチ) 1967年4月10日
  16. 想い出の恋人 (c/w 恋のアブズリビーチ) 1967年6月1日
  17. 手紙 (c/w さよならなんて) 1967年9月1日
  18. 白いワゴン (c/w 回想) 1967年10月1日
  19. 小枝のような可愛い娘 (c/w 星影のささやき) 1967年11月1日
  20. 花散る都 (c/w 愛のくちぐせ) 1968年3月1日
  21. 愛しているんだ (c/w あなたを恋した心から) 1968年6月1日
  22. 海は青かった (c/w 赤いシャツが好き) 1968年11月1日
  23. 愛の日をありがとう (c/w 花束) 1969年3月1日
  24. 紅三四郎 (c/w 男の紅野) 1969年4月10日
  25. 母さんよせよ (c/w 留恋のワルツ) 1969年7月1日
  26. 貴女がえらんだ僕だから (c/w 片想いのひとしずく) 1969年12月20日
  27. たまらない瞬間 (c/w 土曜の夜はこわい) 1970年4月1日
  28. 女が男を棄てるとき (c/w 泣くまで待つよ) 1970年8月1日
  29. 赤い外車の女 (c/w 熱愛) 1970年11月25日

キャニオン以降

提供楽曲

NHK紅白歌合戦出場歴

年度/放送回曲目対戦相手
1967年(昭和42年)/第18回 花はおそかった 仲宗根美樹

脚注

  1. 2015年5月15日「爆報! THE フライデー」より
  2. 作曲家・美樹克彦の娘朝日奈藍初DVD!くびれ自信”. 日刊スポーツ nikkansports.com (2017年6月3日). 2017年6月6日閲覧。
  3. もしかして…父とデュエット曲!? 朝日奈藍27歳グラビア“解禁””. SANSPO.COM (2017年6月4日). 2017年6月6日閲覧。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.