美人

美人(びじん)とは、容貌の美しい女性をさす言葉。美女(びじょ)・佳人(かじん)・麗人(れいじん)・別嬪(べっぴん)などと同義。未成年者は特に美少女とも呼ばれる。男性に対して用いる際は美男子、未成年者の場合は美少年という。

概要

女性の何をもってとするかは、主観的なものであり、個人嗜好によって美人の基準は異なる。ある共同体において一般的とされる美人像がその共同体内の全ての個人に共通して美人と見なされるとは限らず、価値観の多様化が進んだ社会であれば美の基準においても個人差が大きくなる。

一方、美人とは多くの人が一致して美しいと見なす女性を指すものであり、ある女性に対する美的評価において、不特定多数の個人の嗜好が一致する場合があることも確かである。後述の平均美人説や黄金比率美人説などに見られるように、多くの人が美と感じる容姿を科学的に説明しようという試みも行われている。

ただし、美は社会的に共有されるものでもあり、時代や文化によってその基準も変動しており、形質に対する科学的な分析だけでは説明のつかない要素もある。ある時代や文化において多くの人に美と認識される要素が、他の時代や文化でも同様の評価を受けるとは限らない。同様に、ある社会で一般的に美とされる要素がすべての個人の嗜好を全面的に規定するわけではないが、その社会固有の文化として多かれ少なかれ個人に影響を与えることもまた事実である。日本でも特定の女優芸能人が時代を代表する美人として扱われ、それに似せたファッションが流行することがある[1]

このように、美人という審美的判断は、判断主体個人の嗜好・その文化的背景・対象の客観的形質という複数の要素によって総合的に形成され、いずれか一つの要素によって排他的に決定されるものではない。

また、「ミス・コンテスト」や「世界で最も美しい顔ランキング」など、容姿の美しさを基準にして女性を評価することは、ルッキズムフェミニズムの観点から社会倫理上問題視される傾向にある。ただし、こうした批判は女性の美を礼賛するという自然な欲求を抑圧し党派的議論を押しつけるものとして、男性のみならず女性からの反発も強い。

黄金比率美人説

カナダトロント大学のカン・リー(Kang Lee)が視覚研究の専門誌「Vision Research」で白人女性のみを対象にした研究結果を発表した。そこで女性の見た目の美しさは両目の間隔や目鼻と口の距離が顔全体に占める割合によって決まるという研究結果が発表されている。その研究結果は目と口の距離は顔の長さの36%のときに一番美しいと感じられ、両目の間隔は顔の幅の46%のときに一番美しいと感じられることが分かった[2]。 これを数学理論における「黄金比」と関連付けて論じられることが多く、容姿の美しさの指標としての黄金比は美容業界でもよく用いられ、身体において足底から臍(へそ)までの長さと臍から頭頂までの長さの比が黄金比であれば美しい、また、顔面の構成要素である目、鼻、口などの長さや間隔、細かな形態も黄金比に合致すれば美しいとされている。 なお、黄金比に近い容貌コーカソイド(白人)に多く[3]、日本人を含むアジア人は黄金比とはかけ離れてることが多いため[4]、日本においてはアジア人に近い「白銀比」(別名「大和比」)という比率で美しさを論じる審美観が存在する[5][6][7][8]

平均美人説

Judith LangloisとLori Roggmanは、無作為に抽出した顔写真の合成写真を被験者に示した時に、その写真が魅力的であると判断されることが多いとする研究結果を発表した(Psychological Science 1990)。この事から、美人とはそのコミュニティにおいて最も平均的な容姿を持つものであるという仮説が提唱された。この説によると、美人像の変遷は、そのコミュニティの構成員の変化を背景としているものと考えられる(鼻が高い人が多くなれば、鼻が高いことが美人の要素となる)。このように平均的な女性が美しいと感じられる理由としては、平均的であるということが、当該コミュニティで失敗のない生殖を行う可能性が高いことを示している(繁殖実績が多い)と考えられるためと説明されている。

日本における美人像

日本の平安時代には、肌理(きめ)の細かい色白の肌、ふっくらした頬、長くしなやかな黒髪が典型的な美人の条件として尊ばれた。ただし、一定以上の身分のある女性は近親者以外の男性に顔を見せないものとされたため、男性はめあての女性の寝所に忍んで行き、ほの暗い灯火の下で初めてその姿を見るということが普通であった。化粧は、顔に白粉を塗り、眉を除去して墨で描き(引眉)、歯を黒く染める(お歯黒)といったもので、健康美よりはむしろ妖艶さが強調された。当時の女性の成年年齢は初潮を迎える12~14歳であり、30代はすでに盛りを過ぎた年齢とみなされていた。ちなみに、しばしば言及される引目鉤鼻源氏物語絵巻等の平安絵画において高貴な人物を描く際に用いられた表現技法の名称である。六歌仙の一人である女流歌人小野小町は、絶世の美女であったとされている。

戦国時代に日本に30年以上滞在した西洋人ルイス・フロイスは「ヨーロッパ人は大きな目を美しいとしている。日本人はそれを恐ろしいものと考え、涙の出る部分の閉じているのを美しいとしている。」[9]と、当時の日本人が大きな目よりも絵巻物美人画に描かれるような涼しい目を理想としていた様子を記している。

江戸時代以来、日本では色白できめ細かい肌、細面、小ぶりな富士額、涼しい目元、鼻筋が通り、豊かな黒髪が美人の典型とされた(浮世絵で見られる女性は、当時の理想的な美人を様式化した作品である。詳しくは美人画を参照)。当時最も売れた化粧指南書『都風俗化粧伝』において「目の大なるをほそく見する伝」という項が存在し、目に関しては現在とは異なる美意識だったことを表している。井原西鶴の『好色五人女』には、低いを高くしてほしいと神社で無理な願いことをする、との記述があり[10]、当時鼻の高さを好んだ傾向が伺える。こうした美意識は、明治時代から大正時代に至るまで美人像の基調となった。

明治時代に入ると欧化主義とそれに伴う洋装化の動きが起こり、大正時代関東大震災後からパーマネントや断髪、口紅を唇全体に塗るなど、従来の美意識と相容れないような西洋式の美容が広まった[11]。また、戦後の日本では、欧米戦勝国の影響を強く受けて、白人に近い顔立ちが美人とされ、白人の特徴である金髪碧眼(青い目)が憧れの対象となった[12]

今日では雑誌やマスメディアを通じて化粧品メイクに関する情報が広く共有され、白い肌[13][14]・小顔・大きな目・二重まぶた・細長くて高い鼻・細くて長い脚・長身・痩せ型など、ファッションモデル産業と密接に結びついた審美観が普及している[15][16][17]。また、プリクラや加工アプリなどの画像加工による美の追求も盛んに行われている。その反面、容姿の美醜が従来以上に女性の幸福感を左右するようになり、こうした傾向は摂食障害美容整形への過度の依存など、身体的・精神的健康をむしばむ新たな問題を生じている。

日本における美人の比喩表現

日本では木花咲耶姫になぞらえて、正真正銘の美人を比喩する際にが多く用いられる。たとえば、日本の美しくしたたかな女性たちを撫子の花に見立てて大和撫子と称する他、古来より和歌などのさまざまな場面で「花の比喩」が登場する。

立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花
花の色は移りにけりないたづらにわが身世にふるながめせしまに―小野小町

これは日本の文化(大和民族の文化)における伝統的美意識による発想である。たとえば金田一京助は、アイヌに「お前、の花きれいだと思わないか」と訊いたところ「きれいだ」と答えたので、「じゃ美人のときに、花のようだと言ったら」と重ねて問うと、「だって全然違うじゃないか。花はこんな形をしているし、顔とは全然違う」と笑われたと記している[18]

また、日本や中国では、美人を比喩したことわざ・四字熟語が多数存在している。

  • 美男には眉目秀麗、美女には容姿端麗
  • 佳人薄命 - 美人は薄幸であるという意味。美人薄命、美女薄命とも
  • 八方美人 - どこから見ても美人という意味から、誰からもよく思われようとする人を表す言葉
  • 明眸皓歯 - 杜甫の哀江頭で楊貴妃について書かれた表現
  • 雲鬢花顔・雲鬢花顔金歩揺 - 白楽天長恨歌で楊貴妃について書かれた表現
  • 朱唇皓歯 - 微笑む女性の口紅と白い歯を表した表現
  • 仙姿玉質 - 仙女の様な優雅な姿と玉のように滑らかな肌を表した表現

日本における美人統計

日本国内において、特に美人が多いのは日本海側であるとする主張がある[19][20]。具体的には、秋田美人をはじめ、津軽美人庄内美人越後美人加賀美人越前美人京美人出雲美人博多美人などである。

東京大阪横浜名古屋札幌福岡京都神戸仙台広島新潟の11大都市から一番美女が多いと思う都市をひとつ選ぶというアンケートを、全国20~60代の男女1,378名を対象に実施したところ、全国から美女が集まる東京(1位)に次ぎ、2位に福岡、3位に新潟、4位の京都と日本海沿いの都市がランクインした[21]

美人の呼称

脚注

  1. 例:原節子山本富士子吉永小百合藤原紀香鈴木京香仲間由紀恵など。
  2. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2814183/
  3. A・ジョリーにはあてはまらない? 現代美人顔の基準「新黄金律」が判明、米加研究
  4. 黄金比は比較的、白人種の顔に近い
  5. 日本人に似合う白銀比メイクとは?
  6. 「白銀比メイク」で旬な美人になれるワケ
  7. 美人顔の条件&特徴6つ!可愛い顔になる方法はバランスにあり!黄金比/白銀比
  8. 白銀比の顔診断!比率・芸能人・調べ方・測り方
  9. ヨーロッパ文化と日本文化 (岩波文庫)ルイス・フロイス (著), 岡田 章雄 (訳注)ISBN 978 4003345917
  10. 井原西鶴 『好色五人女』 岩波書店、1927年、13頁。
  11. 日本の美人アニメキャラも実はコーカソイドの形質がベース
  12. ロシアに美女が多い6個の理由
  13. 白い肌は女性の味方!清潔感のある美白肌を目指しましょう。
  14. すぐに真似できる! 男性に聞いた「清潔感がある女性」の特徴4つ
  15. 白人に美女が多い2つの理由
  16. 白人女性が可愛い10個の理由。日本男性はこんな人に憧れる!
  17. 外国の研究で明らかに!日本人が白人に適わない5つの理由
  18. 金田一春彦團伊玖磨の対談「別れのことば『思うわよォ』」〜「週刊読売1972年12月16日
  19. 伊藤洋、「秋田県の資源行政」『石油技術協会誌』 1992年 57巻 4号 p.334-344, doi:10.3720/japt.57.334
  20. 吉阪隆生(1970)、「(5) 雪国の都市と建築について」『雪氷』 1970年 32巻 4-5号 p.110-114, doi:10.5331/seppyo.32.110
  21. 美人との出会いは日本海から…美女が多い都市ランキング 2017年9月 閲覧

参考文献

  • 井上章一 『美人論』 朝日新聞社<朝日文芸文庫>、1995年。ISBN 4022640952
  • 井上章一 『美人コンテスト百年史-―芸妓の時代から美少女まで』 朝日新聞社<朝日文芸文庫>、1997年。ISBN 4022641452
  • 山本桂子 『お化粧しないは不良のはじまり』講談社 2006年。 ISBN 4-06-213311-3

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.