緒方富雄

緒方 富雄(おがた とみお、1901年11月3日 - 1989年3月31日)は、日本の血清学者、医学史学者。血清研究以外にも、病理学蘭学、出版、社会事業など様々な分野で活躍し、その業績は数多い。緒方洪庵の曾孫にあたる。

緒方富雄(1948年)

経歴

親族

父の緒方銈次郎(1871-1945)は、緒方洪庵の次男・緒方惟準(1843-1909)[2]佐藤泰然の孫娘・吉重(1851-1927)夫妻の次男で、ドイツに5年間留学して医学を修め、緖方收次郞(銈次郎の叔父)が経営する緖方病院の内科長を務めた[1]。1925年に同病院の院長に就任するが、翌年産婦人科で不祥事が起こり、責任を取って辞任、長男の準一に院長を譲ったものの経営不振となり、1929年に閉院した[3]

母の友香(1875-1927)は三浦安の三女[1]。長兄の緒方準一(1895-1988)は1960年に奈良県立医科大学学長就任(1972年退官)、次兄に緒方安雄がいる。叔父に東京大学医学部薬学科教授緒方章[4]緒方知三郎

著書

  • 緒方系譜考 (緒方銈次郎、1926年)
  • 語原ギリシヤ語法 医学術語の語原の理解と製作に必要なギリシア語法の知識 (南山堂書店 1929年)
  • 病気の正体 (日本放送出版協会 ラジオ新書 1940年)
  • 病気をめぐって (羽田書店 生活の科学新書 1941年)
  • 緒方洪庵傳 (岩波書店 1942年、増補版1977年)
  • 科学とともに (築地書館 1943年、東京出版 1945年)
  • 論文を書く人のために 医学を中心として (日新書院 1943年)
  • 蘭学のころ (弘文社 1944年)
  • 血清学の領域から (河出書房 1945年)
  • からだを護るもの (羽田書店 生活科学新書 1946年)
  • みんなも科学を (朝日新聞社 1947年)
  • 科学をつくるものの記録 (角川書店 1949年)
  • 科学とこころ (河出書房 1951年)
  • 梅毒の新しい血清学的検査法 緒方法と梅毒凝集法 (南山堂 1951年)
  • そのときどきに (緒方医学化学研究所、1961年)
  • 理論血清学 (東京大学出版会、1965年)
  • 日本におけるヒポクラテス讃美 日本のヒポクラテス画像と賛の研究序説 (日本医事新報社 1971年)
  • 三月四日 科学随想 (雷鳥社 1973年)
  • 医学のなかのラテン語あれこれ (医歯薬出版 1982年)

共著・編著

  • 病理組織學實習の手引き (増補第4版 緒方知三郎共著、金原商店 1930年)
  • 病理組織学を学ぶ人々に 実習を受ける学生と研究者のために (訂補7版 緒方知三郎共著 金原商店 1936年)
  • 門人がシーボルトに提供したる蘭語論文の研究 (大鳥蘭三郎・大久保利謙箭内健次共著(日獨文化協會編「シーボルト研究」中の一篇)、岩波書店 1938年)
  • 祖国愛と科学愛 フランスの科学者達は語る (編 朝日新聞社 1942年)
  • 獨創について (編(緒方、河上徹太郎、丘英通、伊原宇三郎諸井三郎渡邊慧の座談記録)、生活社 日本叢書 1945年)
  • 生物の話 中等学生のために (合田得輔、服部静夫共著 大阪教育図書 1948年)
  • 癌腫の歴史 (緒方知三郎共著 永井書店 1953年)
  • 医学年鑑 医学・歯学・薬学・保健衛生の年次総覧 1963年 (勝沼晴雄、大村潤四郎共編 医歯薬出版 1962年)
  • 緒方洪庵適々斎塾姓名録 (編集、学校教育研究所、1967年)
  • 蘭学と日本文化 (編 東京大学出版会 1971年)
  • 江戸時代の洋学者たち (編 新人物往来社 1972年)
  • 日本細菌学外史―その三つの断面 (藤野恒三郎中島健蔵共著、1975年)
  • シーボルト「日本」の研究と解説 (岩生成一・斎藤信・箭内健次共著監修 講談社、1977年)
  • 医学者の手帖 (森於菟共著 学生社、1978年)
  • 大阪の除痘館うつりかわり (緒方正美共著 洪庵記念会、1978年)
  • 緒方洪庵のてがみ その一〜五 (適塾記念会、梅溪昇共編 菜根出版、1980年-1996年)

現代語訳・校註

  • 杉田玄白蘭學事始』(大澤築地書店 1941年、岩波文庫 1959年、改版1982年)
  • 杉田玄白『自分の影との対話 形影夜話』(東京出版医学書部 1947年)
  • 杉田玄白『解体約図』(編 日本医史学会 1965年)
  • 『現代文 蘭学事始』(岩波書店 1984年)

脚注

  1. 緒方銈次郎『人事興信録』第4版 [大正4(1915)年1月]
  2. 適塾特別展「緒方惟準の生涯」-没後100年記念展大阪大学(2009年6月2日)
  3. 『洪庵・適塾の研究』梅溪昇、思文閣出版, 1993、p494, p505
  4. 津田恭介, 伊藤四十二, 「緒方 章教授の喜寿を記念して」『薬学雑誌』YAKUGAKU ZASSHI. 84巻 10号 1964年 p.905-910, 日本薬学会, doi:10.1248/yakushi1947.84.10_905

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.