経録

経録(きょうろく)は、仏教用語で、主に中国で編纂された仏教聖典仏典目録のことを言う。

中国

チベット

  • デンカルマ目録 (dkar chag ldan dkar ma)[1]
  • パンタンマ目録 (dkar chag 'phang thang ma)[2]
  • チンプマ目録 (dkar chag bsam yas mchims phu ma) - 現存しない

脚注

注釈

    出典

    参考文献

    • 林屋友次郎稿「隋代経録に関する研究」(『仏教論叢』常盤博士還暦記念、弘文堂書房1933年)
    • 常盤大定著『後漢より宋斉に至る訳経総録』(東方文化学院東京研究所、1937年
    • 林屋友次郎著『経録研究』前篇(岩波書店1941年
    • 岡部和雄稿「経録と目録学」(『大正新脩大蔵経会員通信』81号、1977年
    • 内藤龍雄著『卓山房学叢』(龍興寺、1979年
    • 河野訓著『初期漢訳仏典の研究』(皇學館大學出版部2006年
    • 佐藤裕亮稿「梁啓超の経録研究をめぐって」(『明日へ翔ぶ』2、風間書房2011年
    • 川越英真「『パンタン目録』の研究」『日本西蔵学会会報』第51号、日本西蔵学会、2005年5月、 115-131頁、 NAID 110006164661
    This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.