経済企画協会

社団法人経済企画協会(しゃだんほうじんけいざいきかくきょうかい)は、内閣府が所管していた社団法人。2012年3月に解散[1]

経済企画協会
設立 1965年7月10日
解散 2012年3月
本部 東京都港区西新橋1-4-10

主な活動

  • 雑誌「ESP」の発行 - 広報誌。内閣府が編集協力をしていた。
  • ESPフォーキャスト調査」の公表 - 2004年5月から公表(同年4月は試行)していた調査。予測を専門にしているエコノミストにGDP成長率その他の項目の予測値を尋ねて、平均値その他の結果を公表していた。同協会の解散後は日本経済研究センターが引き継いだ[2]

脚注

  1. 長瀬要石. ESPの時代 (PDF)”. 経済企画協会(国立国会図書館). 2013年3月1日閲覧。
  2. ESPフォーキャスト調査”. 日本経済研究センター. 2013年3月1日閲覧。

関連項目

  • 元会長
    • 横溝雅夫
    • 長瀬要石
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.