組織学会

組織学会(そしきがっかい)は、広く一般市民を対象として、組織科学[1]に関する啓蒙・普及・教育事業と組織科学に関する調査・研究を行っている学術団体1959年設立、2005年特定非営利活動法人(NPO法人)となる[2]

事務局を東京都千代田区丸の内2-5-2三菱ビルB1F B171区外に置いている。経営学領域で最大規模(2100名超)の会員数を持ち、学会誌『組織科学』は国内トップジャーナルのひとつとなっている[3]

そしきがっかい
組織学会
英語名称 The Academic Association for Organizational Science
略称 AAOS
法人格 特定非営利活動法人法人
法人番号 7010005008485
専門分野 経営学系
設立 1959年
会長 新宅純二郎
事務局 〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-5-2 三菱ビルB1F B171区外
会員数 2150人
刊行物 学会誌『組織科学』、広報誌『組織学会通信』
表彰 組織学会高宮賞
ウェブサイト https://www.aaos.or.jp/

活動

学会誌

 学会誌『組織科学』は、1967年に我が国最初の本格的経営学総合学術誌として出版が開始された。組織学会が編集し、白桃書房より発行している。年4回刊行し、日本の組織論や経営学の分野において最先端の研究論文を掲載する。組織の諸問題に関し、経営学、経済学、行政学、社会学、心理学などの分野から学際的にアプローチしていることで高い評価を得ているとされる[4]。掲載区分は、最新のテーマに沿って国内外の研究者の研究成果を招待する「特集論文」、テーマに沿った論文の公募をおこない査読に通過した研究成果を掲載する「公募型(CFP型)特集論文」、会員が自由なテーマで投稿した論文を査読の上掲載する「自由論題」がある。

 また、内外の研究書の「書評」、会員の研究、教育、その他の活動に関する話題をとりあげる「視点」、会員の海外経験についての「海外レポート」も掲載される[5]

歴代会長

沿革

1959年 9月26日
学会設立
1962年
馬場敬治会長逝去により休眠状態へ
1963年 11月
高宮 晋氏会長就任、活動再開
1967年
『組織科学』創刊
1985年 6月
学会賞(高宮賞)創設 第1回高宮賞(著書部門)は『日米企業の経営比較』加護野 忠男、野中 郁次郎、榊原清則、奥村昭博(著)(日本経済新聞社) (論文部門は該当作なし)
1986年 5月
高宮会長逝去、岡本康雄氏が会長代行に就任
1987年 6月
岡本康雄氏会長就任
1988年
会計年度を10月1日から翌年9月30日に変更
1993年 6月
下川浩一会長就任
1996年 6月
野中 郁次郎会長就任
2002年 10月
伊丹敬之会長就任
2004年 3月
東京都より特定非営利活動法人としての認可を受ける
2005年 10月
加護野 忠男会長就任
2009年 10月
藤本隆宏会長就任
2013年 10月
沼上 幹会長就任
2015年 9月
淺羽 茂会長就任
2017年 9月
新宅純二郎会長就任

組織学会「高宮賞」

 組織学会賞は、若手研究者(原則として執筆時に著書45歳以下、論文40歳以下)組織科学研究を奨励するために、1985年6月に創設された。組織学会の基礎を築き、特に若手研究者の育成に尽力された第二代会長・高宮晋の没後(1986年)に「組織学会高宮賞」となった。一橋大学商学部等によれば、組織学会高宮賞は「研究業績の中で最高の評価のものに授与され」、「経営学において、日本で最も権威のある賞」とされる[6]

脚注

  1. 目的を達成するための人間集団である組織を研究・解明し、望ましい組織を構想するための総合的学問。
  2. 概要と活動、定款
  3. 組織学会|総合トップページ”. www.aaos.or.jp. 2020年3月19日閲覧。
  4. ジャーナル (jp). AAOS-組織学会 (2020年7月20日). 2021年1月16日閲覧。
  5. ジャーナル (jp). AAOS-組織学会 (2020年7月20日). 2021年1月16日閲覧。
  6. HIT MAGAZINE「島貫智行教授が組織学会高宮賞(著書部門)を受賞しました。」|一橋大学商学部 (日本語). www.cm.hit-u.ac.jp. 2021年1月16日閲覧。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.