終身官

終身官(しゅうしんかん)とは、本人の自発的な退任もしくは重大な不祥事による懲戒処分を受けない限り、死亡するまでその任を解かれることのない官僚官吏のことである。

君主は、マレーシアのように任期制を設けている例外を除いて通常は終身制(日本のように退位の規定すら無い場合もある)であるが、終身官には含めないことが多い。また、独裁国家・社会主義国家の最高指導者(書記長総書記)は、形式上の規定がどうなっていようと実際には終身制同様になっていることが多い。たとえば、ソビエト連邦最高指導者は、失脚したニキータ・フルシチョフミハイル・ゴルバチョフ以外は全員死ぬまで在任している。

以下に、主な終身官とされている役職を挙げる。

現在の主な終身官

以前の主な終身官

脚注

参考文献

  • 神戸史雄『イギリス憲法読本』丸善出版サービスセンター、2005年(平成17年)。ISBN 978-4896301793。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.