紹定

紹定(しょうてい)は、中国南宋理宗の治世に使用された元号。1228年 - 1233年。

  • 宝慶3年11月6日:翌年より踰年改元の詔が下る。
  • 紹定3年12月:淮南の李全が謀反を起こす。
  • 4年1月15日:李全を誅す。
  • 6年11月6日:翌年より「端平」と踰年改元の詔が下る。

西暦等との対照表

紹定元年2年3年4年5年6年
西暦1228年1229年1230年1231年1232年1233年
干支戊子己丑庚寅辛卯壬辰癸巳
正大5正大6正大7正大8正大9
開興
天興
天興2
西夏宝義3-----

他の王朝


前の元号:
宝慶
中国の元号
南宋
次の元号:
端平
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.