細野燕台

細野 燕台(ほその えんたい、本名:申三(しんぞう)、1872年8月5日明治5年7月2日) - 1961年9月24日[1]は、明治から昭和にかけて金沢市鎌倉市で活動した日本茶人書家[2][3]。「金沢最後の文人」と称され[4]、また北大路魯山人を世に出した人物としても知られる[2][5]

経歴

金沢市材木町の商家の長男に生まれる[1]。生家は油屋であったが、1885年に酒屋へと商売替えをし、さらに燕台の代となってから、1900年前後に酒屋を廃業してセメント商となり、また中国雑貨を扱う骨董店を開いた[1][2]

金沢養成学校〜金沢小学校(後の金沢市立馬場小学校)に学ぶ[1]。当時の同級生には、泉鏡花徳田秋声小倉正恒などがいた[2]。実年齢は、秋声が2年、燕台が1年、鏡花より上であったが、二人が落第したため同じ学年になっていた[5]

十代から、江間萬里に漢詩、和歌、書の手ほどきを受け、二十代で五香屋休哉に師事して漢学を学ぶ[1]。また、書家北方心泉にも師事した[4]

1915年、当時無名であった福田大観(後の北大路魯山人)を寄留させ[1]美食陶芸について啓発した[2][3][5]

1918年、金沢の骨董界を糾合した金沢美術倶楽部を設立し[5]、設立後は役員となる[1]

1920年卯辰山山麓の龍国寺宮崎友禅斎の墓を発見し、これを機に三越の主催により墓前祭を開催するなどして、加賀友禅への注目が集まった[1][2]

1928年、魯山人の求めに応じて星岡茶寮の顧問となり、鎌倉に移り住む[1]。以降、明月谷最明庵と号し[2]三越の美術部に北陸在住の作家を数多く紹介するなど、「美術プロデューサーの役割を果たし」たとされる[4]

室生犀星は、1938年徳田秋声小杉天外北鎌倉の自宅に燕台を訪ねた際の様子を雑誌『改造』に「四君子」と題して寄稿した[5]

燕台は、生涯を通して酒を好み、常時数十本の日本酒を揃えていたと言われる[4]伊東深水が晩年の燕台を描いた作品に『酔燕台翁』があり[3]石川県立美術館に所蔵されている[6]

1989年篆刻家の北村正枝(南苑)は、燕台の伝記『雅遊人』を出版した[2][7]

脚注

  1. 常設展 近代日本を支えた偉人たち 【細野 燕台】年譜”. 金沢ふるさと偉人館. 2020年12月16日閲覧。
  2. 20世紀日本人名事典『細野 燕台』 - コトバンク
  3. デジタル版 日本人名大辞典+Plus『細野燕台』 - コトバンク
  4. 常設展 近代日本を支えた偉人たち 【細野 燕台】業績紹介”. 金沢ふるさと偉人館. 2020年12月16日閲覧。
  5. 研究発表「細野燕台と犀星の接点」”. 石川郷土史学会 (2019年2月24日). 2020年12月16日閲覧。
  6. 館蔵品優品選—絵画・彫刻—”. 石川県立美術館. 2020年12月16日閲覧。
  7. 雅遊人 : 細野燕台の生涯”. 国立国会図書館. 2020年12月17日閲覧。:1997年には新装改訂版が出ている。雅遊人細野燕台 : 魯山人を世に出した文人の生涯 新装改訂”. 国立国会図書館. 2020年12月17日閲覧。


This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.