紫微垣

紫微垣(しびえん)とは、古代中国天文学において天球上を3区画に分けた三垣の中垣。天の北極を中心とした広い天区。あるいはその主体となった星官(星座)のことを指す場合もある。「紫微」「紫微宮(しびきゅう)」「紫宮(しきゅう)」「紫垣(しえん)」ともいい、天帝の在所とされたため、転じて皇宮、朝廷の異称ともなった。「紫禁城」の「紫」もこれに基づく。

三垣
太微垣紫微垣天市垣
二十八宿
四象
東方青龍
角宿亢宿氐宿房宿
心宿尾宿箕宿 
北方玄武
斗宿牛宿女宿虚宿
危宿室宿壁宿 
西方白虎
奎宿婁宿胃宿昴宿
畢宿觜宿参宿 
南方朱雀
井宿鬼宿柳宿星宿
張宿翼宿軫宿 
近南極星区
元禄中所名星座
和漢三才図会』の「北極紫微垣之図」部分
現在の北極α星)と旧北極天皇大帝β星付近)に朱点を加えた。

星官

星官としての紫微垣は、天における中央の宮殿を囲う藩垣(城壁)の形に象っており、その中枢には天の北極が位置する。

  • 北極5星(太子・帝・庶子・后・天枢) - こぐま座γ・β・4番・5番星、きりん座の HD 112028(なお太子・帝・庶子以外の名称は時代や史料により異なる)。
  • 東藩8星(左枢・上宰・少宰・上弼・少弼・上衛・少衛・少丞) - りゅう座ι・θ・η・ζ・ν・AF星、ケフェウス座π星、カシオペヤ座23番星。
  • 西藩7星(右枢・少尉・上輔・少輔・上衛・少衛・上丞) - りゅう座α・χ・λ星、おおぐま座24番星、きりん座43番・α・H1星。

なお東藩を「左垣墻」、西藩を「右垣墻」とすることもある。また垣の南側の終点である左枢と右枢の間を「閶闔門」という。

天区内の星官

紫微垣には以下のような星官がある。

星官星座星数
北極こぐま座5
四輔ケフェウス座4
勾陳ケフェウス座 / こぐま座6
天皇大帝ケフェウス座1
天柱りゅう座5
御女りゅう座4
女史りゅう座1
柱史りゅう座1
尚書りゅう座5
天床こぐま座6
大理りゅう座2
陰徳りゅう座 / こぐま座2
六甲ケフェウス座 / きりん座6
五帝内座ケフェウス座5
華蓋カシオペヤ座7
カシオペヤ座 / きりん座9
紫微右垣りゅう座 / きりん座8
紫微左垣りゅう座 / カシオペヤ座8
天乙りゅう座1
太乙りゅう座1
内厨りゅう座2
北斗おおぐま座7
おおぐま座1
天槍うしかい座3
玄戈うしかい座1
三公りょうけん座3
りょうけん座1
天理おおぐま座4
太陽守おおぐま座1
太尊おおぐま座1
天牢おおぐま座6
四勢おおぐま座 / こじし座4
文昌おおぐま座6
内階おおぐま座6
三師おおぐま座3
八穀ぎょしゃ座 / きりん座8
伝舎カシオペヤ座 / きりん座9
天厨りゅう座6
天棓りゅう座5

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.