紀元前353年

当時は、「ペティクスとポプリコラが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元401年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前353年と表記されるのが一般的となった。

世紀 前5世紀 - 前4世紀 - 前3世紀
十年紀 前370年代 前360年代
前350年代
前340年代 前330年代
前356年 前355年 前354年
紀元前353年
前352年 前351年 前350年

紀元前353年は、ローマ暦の年である。

他の紀年法

できごと

ペルシア帝国

ギリシア

  • フォキス勢が北上して、テッサリアを脅かした。マケドニア王ピリッポス2世は、南進する機会をうかがっていた。
  • 黒海に面したギリシアの植民都市ヘラクレア僭主クレアルコス (Clearchus of Heraclea) が、12年間の統治の末に、キオン (Chion of Heraclea) に率いられた一部の市民たちによって殺害された。襲撃した者の多くは、その場で護衛たちによって殺され、捕らえられた者たちも結局処刑された。短期間のうちに、クレアルコスの兄弟であったサテュロスが実権を握り、新たな僭主となった。

中国

死去

脚注

注釈

    出典

      関連項目

      This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.