紀元前24世紀

紀元前24世紀(きげんぜんにじゅうよんせいき)は、西暦による紀元前2400年から紀元前2301年までの100年間を指す世紀

千年紀: 紀元前3千年紀
世紀: 前25世紀 - 紀元前24世紀 - 前23世紀
インダス文明の範囲と主な都市。
インダス文明とメソポタミア文明の交流。メソポタミアではインダス文明地帯をメルッハと呼び、交易の重要な拠点として認知していた。画像はスサ遺跡で発見された紀元前3千年紀にインダス文明圏からもたらされた紅玉髄(カーネリアン)の装飾品(ルーヴル美術館蔵)。
ジロフト遺跡。ジロフトはイラン南東部ケルマーン州にある都市で、ハリル川の氾濫により紀元前3千年紀にさかのぼる遺跡が発見された。画像はここから出土した磨製石器で二頭のライオンの意匠が用いられている(タブリーズのアゼルバイジャン博物館蔵)。

出来事

  • 紀元前2900-2334年頃 - メソポタミアの早期王朝の間で戦争が続いた。

紀元前2400年代

紀元前2380年代

  • 紀元前2383年頃 - 史上最も在任期間の長い君主であるペピ2世が6歳で王の座に就いた。

紀元前2350年代

  • 紀元前2350年以前 - ウルイニムギナ(ウルカギナ)がルガルアンダを倒してラガシュ王となり「改革」を行う。
  • 紀元前2350年頃
    • メソポタミアで早期王朝IIIb期が終了した。
    • シュメール人アムル人の都市であるマリが最初の破壊を受けた。
    • ウルクルガルザゲシがラガシュ王ウルイニムギナを倒しシュメールを統一。
    • インダス文明統合期(ハラッパーIIIB期)。
      • 洪水で破壊された港湾都市ロータルが再建され、貯水槽・波止場・倉庫が設立される。
      • ロータルと同時期かやや先行する港湾都市遺跡にドーラビーラがある。
      • ロータルやドーラビーラには紅玉髄(カーネリアン)の工房があり各地に輸出されていた。
    • イラン東部はジロフト文化コナル・サンダルジッグラトが建てられる。

紀元前2340年代

紀元前2330年代

  • 紀元前2334-2279年頃 - アッカド王サルゴンがシュメール諸都市を糾合していたウルク王ルガルザゲシを攻め捕虜とする。
    • メソポタミア南部のシュメールとアッカドを版図とするアッカド帝国が成立( - 紀元前2180年)。
  • 紀元前2333-2234年頃 - 中国の伝説的な王である五帝の一人、の治世。
  • 紀元前2333年 - 伝説上の古朝鮮である檀君が即位。

主な人物

死去

発明・発見

  • 養蜂 - エジプトで最初の公的な記述。
  • 宅配便 - エジプトで書類を運んだとする最初の文書。

脚注

注釈

    出典

      関連項目

      This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.