精神障害者保健福祉手帳

精神障害者保健福祉手帳(せいしんしょうがいしゃほけんふくしてちょう)は、1995年平成7年)に改正された精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(精神保健福祉法)第45条に規定された精神障害者に対する手帳制度である。表紙の記載から、『障害者手帳』と呼ばれる場合、広義の「障害者手帳」の各種のうち、これのみを指す場合がある。

記載イメージ(滋賀県
手帳カバー(徳島県

概要

1995年(平成7年)の精神保健及び精神障害者福祉に関する法律の改正で同法第45条に規定された障害者手帳である。精神障害者が一定の精神障害の状態であることを証する手段となり、各方面の協力を得て各種支援策を講じやすくすることにより、精神障害者の自立と社会参加の促進を図ることを目的としている[1]発達障害者に対しては、ICD-10(疾病及び関連保健問題の国際統計分類)の「第5章:精神と行動の障害(F00-F99)」に含まれるため、知的障害を伴わない場合で基準を満たせば交付されることとなっている。

本手帳制度の施行により、障害者基本法第2条に規定された障害者(身体障害知的障害精神障害発達障害を含む。)があり、日常生活に相当な制限を受ける者)に手帳制度が整った。

身体障害者手帳療育手帳と異なり、手帳には2年の有効期限がある。2年ごとに医師の診断書とともに申請をし、手帳を更新する。診断書に基づき、診断書が書かれた時点での申請した当事者の能力障害、機能障害(精神疾患)の状態を精神保健福祉センターが判断し、手帳の支給・不支給ならびに、支給の場合は等級が決定される。更新した場合は、期限が切れる旧手帳は返納し新しい手帳が支給される。不支給や、支給された場合でも等級に不服がある場合は、期日以内であれば再申請や不服申し立てができる。申請をしたからといって、自動的に手帳が支給されるわけではなく、新規申請の場合も、手帳を更新する場合も、必ず審査を受ける。

この手帳を持っていることにより、後述のような各種サービスや就労支援を受けられる。就労している場合は、年末調整確定申告により、所得税住民税障害者控除の対象となる。また、精神障害者保健福祉手帳を所持している当事者を雇用した、企業やその他法人へ、日本国政府からの補助金支給などの措置も行われている。

精神状態が快方に向かった場合など、諸事情で更新申請をしない場合、申請をしても不支給の認定を受けた場合は、手帳は発行した地方公共団体へ速やかに返還することとなり、有効期限後は効力を失う。手帳が失効した場合は、都道府県知事が記載する精神障害者保健福祉手帳交付台帳から個人記録は削除される。即ち障害者としての公式な認定は無くなるが過去の交付及び返還の記録はずっと残される。

手帳は、他人へ貸与ならびに譲渡できない。

都道府県知事には、あらかじめ指定された医師の診断に基づいて、精神障害の状態にないと判断した場合は手帳の返還を命令できる権限がある[2]。また、申請を受け、精神障害と認定せず、手帳を支給しない場合は都道府県知事は申請者に理由を通知する義務がある[3]

様式

手帳の表紙には「障害者手帳」とのみ表示され、表紙を見ただけでは、精神障害者の手帳であることが分からないようになっている[注 1]。これは被交付者のプライバシーに配慮したもので、他の障害者よりも深刻な偏見を鑑みたものである。

上記のように、手帳には証明写真が貼付される。これは2006年平成18年)10月1日申請分から改訂されたもので[注 2]、当初は既存の2制度と異なり、写真を手帳に載せなかった。更新義務のない身体障害者手帳と異なり、発行後2年毎の手帳有効期限が定められているため、写真の添付されていない旧様式の手帳は、2006年以降に更新すると証明写真添付の新様式に更新された[注 3]

三級に限っては、写真添付を任意としている都道府県がある(その場合写真添付欄に都道府県のシールプレスが押印される)。

また写真付き身分証明書ではなく、その旨の特記もないため、別途証明書の提示を求められる時がある。

対象疾患

厚生省(現・厚生労働省)保健医療局長通知「精神障害者保健福祉手帳の障害等級の判定基準について」(1995年9月12日発、2011年3月3日最終改正)の「精神障害者保健福祉手帳障害等級判定基準の説明」[4]によると下記の疾患が対象である。

※その他の精神疾患にはICD-10に従えば「神経症性障害、ス トレス関連障害及び身体表現性障害」、「成人のパーソナリティおよび行動の障害」、「生理的障害および身体的要因に関連した行動症候群」等を含んでいる。(分類は精神疾患#精神疾患の項を参照)。

交付手続き

概要

申請窓口は居住地の区市町村で、本人または本人の意思のもと家族が申請する。窓口にある申請書に記入し、所定の書式(A3用紙1枚)の診断書の添付が必要。精神保健指定医その他精神障害の診断又は治療に従事する医師による診断書の日付は、精神障害に係る初診日から6カ月を経過している必要がある。更新の場合、有効期限の3か月前から申請可能。審査を行い、等級が決定されれば精神障害者保健福祉手帳を、等級に非該当となった場合は、不承認通知書が都道府県知事から交付される。有効期間は2年。

等級

精神保健及び精神障害者福祉に関する法律施行令[5]によって、精神障害の状態は、下欄に規定する障害等級に該当する程度のものとされ、重い順に1級・2級・3級と決められており、手帳の等級によって受けられる福祉サービスに差がある'。

障害等級 精神障害の状態
一級 日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの
二級 日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの
三級 日常生活若しくは社会生活が制限を受けるか、又は日常生活若しくは社会生活に制限を加えることを必要とする程度のもの

本手帳の1級は障害基礎年金の1級に、2級は障害基礎年金の2級にほぼ比例する。3級については障害厚生年金の3級よりも幅が広い。もっとも本手帳と障害年金は別の制度であり、本手帳の等級が1級であるから障害基礎年金は確実に1級と認定される保証はない(障害基礎年金の判定業務は日本年金機構(旧社会保険庁)が行う)。障害年金の受給者は、医者の診断書の代わりに年金証書を提示することで年金と同じ等級の手帳の交付を受けられる[6]

判定

判定業務は、都道府県か政令指定都市の精神保健福祉センター(地域によっては、名称を「精神医療センター」としているところもある)が行う[7]

判定基準は、平成7年9月12日健医発第1133号厚生省保健医療局長通知「精神障害者保健福祉手帳の障害等級の判定基準について」[8]の中に書かれている「精神障害者保健福祉手帳障害等級判定基準」による。判定材料は申請時に提出された診断書をよりどころにしている[9]。判定基準は「精神疾患(機能障害)の状態」と「能力障害の状態」の各指標で構成されている。

扶助・優遇・支援の内容

等級や各発行自治体により異なるが、共通して下記の福祉施策が実施されている。

自治体における福祉サービスは、自治体運営交通機関の運賃減免[10][注 4]・公共施設等の利用料減免[11]・地方公共団体運営の公営住宅への入居優先などがある。

法律第45条第2項の規定により「精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている者に対する割引」が規定されたため、NHKでは受信料の免除が設けられている(1級若しくは2級以下で市県民税非課税世帯)。

民間事業者によっては、携帯電話料金(携帯電話料金の障害者割引を参照)、映画館劇場の入場料、テーマパークや遊園地、カラオケボックスといった娯楽施設等において割引制度を設けている場合がある。自治体におけるサービスは、等級によって免除・割引率が違う場合もあるが、民間福祉サービスにおいては、概ね等級における変化はない。

手帳を提示することにより受けられる優遇対象は、公共の施設・制度を主としたもので、実質的な優遇内容は被交付者が居住する地域の施設・制度の整備度合いに依存する。制度の適用範囲に自治体間で相違があることから、他地域へ転居した場合など、他の自治体発行手帳では利用できない福祉サービスも存在する。

これまで精神障害者は、法定雇用率の対象とされていなかったが、2006年平成18年)4月1日障害者自立支援法施行に伴い、精神障害者保健福祉手帳所持者については法定雇用率の対象とされるようになった。2012年平成24年)には、雇用の義務付けの方針が厚生労働省内で定まり[12]2018年(平成30年)4月1日より雇用することが義務化された[13]

交通機関の割引

鉄道事業者においては、JR大手私鉄など、身体障害者・知的障害者(身体障害者手帳や療育手帳を所持する精神・発達障害者を含む)に対しては割引を行ってる事例が大半であるが、精神障害者(精神障害者保健福祉手帳のみの所持者及び手帳非所持者)に対しては、後述の西鉄を除く大手私鉄では割引を行っていない上、他の事業者は地域によって導入に差が出ている[14]

東海旅客鉄道(JR東海)では、2008年(平成20年)度に国土交通省が行った業務監査において、「福祉割引(障害者割引)は日本国政府の福祉政策の一環として、行政の費用負担で行われるべき」と回答した[15]。それから10年以上が経過し、同じ地域の名古屋市交通局や名鉄バス、長距離においては競合となる航空会社での割引が開始されているが、JRは方針転換していない。

ただし愛知県名古屋市在住の障害者(身体、知的も含む)が、名古屋市内の駅同士(東海道本線南大高~名古屋、関西線名古屋~春田、中央西線名古屋~新守山)を利用する場合は、2022年2月を目途に地下鉄と同様、名古屋市の負担で無償化する予定である。名古屋鉄道(名古屋市内各線)、近畿日本鉄道(名古屋線近鉄名古屋~戸田)も同様。

2017年(平成29年)4月1日からは、大手私鉄では初めて西日本鉄道筑豊電気鉄道西鉄バス(系列会社も含む)とともに精神障害者割引を導入[16]し、同日福岡県に路線網を持つJR九州バス[17]昭和バス佐賀県内では導入済み)[18]堀川バス[19]福岡市交通局(福岡市地下鉄)[注 5]も西鉄と同様に割引制度を開始している。一方、中小私鉄や第三セクター鉄道=例として近年開業した新幹線/在来線分離第三セクターの大半、富山地方鉄道三陸鉄道松浦鉄道熊本電鉄など徐々に対象とする事業者が増えている。

バス輸送に関しては、2012年(平成24年)7月31日に改定された「一般乗合旅客自動車運輸事業標準輸送約款」24条に「精神保健及び精神障害者福祉に関する運賃を割引する」旨明記された[20]。但し運賃自体は、各運輸局に届け出た上限運賃に則るものに従うため、罰則規定は無い。

精神障害者全体への割引制度がないが、その市の市民(都民)である精神障害者(精神障害者手帳所持者・療育手帳や身体者手帳の場合は条件が異なる)に対しては何らかの証明書などを交付し、運賃を無料あるいは割引とする例もある(例:京都市交通局[21])。仙台市交通局は、2009年より宮城県在住のみ割引の対象(ただし身体、知的と異なり定期券の割引は対象外で普通乗車券のみ対象)としていたが2021年4月1日より他の都道府県在住でも割引の対象となり身体、知的と同様に定期券の割引も開始する。

地域独自のICカードでは自動的に割引運賃を引き去る機能のある障害者用カードを発行するものがあり、精神障害者保健福祉手帳を提示することで購入できるが、多くのカードにおいて有効期限が1年あるいは当初翌々年の誕生日、以後毎年など短期間で更新するケースが多い[22][23][24]交通系ICカード全国相互利用サービス加盟のICカードについては、中京圏各社で導入されている「manaca」と西日本鉄道などで導入されている「nimoca」、福岡市交通局の「はやかけん」[25]では精神障害者保健福祉手帳の提示で購入できる障害者用カードがあるが、いずれも導入各社の障害者割引制度との関係で、利用できる事業者は限定される。(身体、知的も同様の運用である。)

都市間高速バスの割引は、他交通機関と比較した考えになったり行政の助成外となるため、加越能バス名古屋高岡(氷見)線、同社と北陸鉄道バス金沢砺波・高岡線[26]オリオンバスブルーライナー平和交通及びJRバス関東京成バスの「エアポートバス東京・成田[注 6]」などごく一部に限られている。東京バスグループは、2019年12月31日をもって割引を廃止した(一部路線については割引を継続している表記があったが、2020年8月に公式ウェブサイトの誤りであり、割引が適用されないことが発表された。なお2020年9月に開業した、沖縄営業所の管内は対象である)。

また、鹿児島県のいわさきコーポレーション(1級=介護者を含む、2級=本人のみ、3級=対象外)等のように、等級別で割引に差異があるため同社と共同運行している鹿児島空港=市内便など共通運行の場合、乗車事業者(南国交通鹿児島市営バス)によって、扱いが異なる場合もある。

なお、相模原市堺市以外の政令指定都市では、静岡市広島市などで手帳発行自治体に問わず一律の割引措置を行うか、在住者に自治体内の無料(割引)パスの交付、或いは双方の措置をとっている。また名古屋市においては、手帳所持の市民に市営交通無料パスを配布した上、2015年(平成27年)10月1日から名鉄バス2016年(平成28年)4月1日から千葉市(モノレール・県内のJRバス関東以外の一般バス)に続き、市が主に出資する全ての交通機関(地下鉄市バス名古屋ガイドウェイバスガイドウェイバス志段味線あおなみ線)で全都道府県・全等級の精神障害者保健福祉手帳所持者に対して、半額割引を行っている[27]。(地下鉄は日進市、ガイドウェイバスは春日井市、市バスは両市を含む9市町に跨がるがいずれも対象である。相互直通運転を行っている名鉄豊田線、犬山線、小牧線は対象外、市も僅かに出資しており、藤が丘駅にて地下鉄と乗り換えが可能なリニモ(筆頭株主は県)は介護者同伴1級のみ対象(身体、知的も介護者同伴の第1種のみ対象)の為注意が必要である。)

船舶運賃については、シルバーフェリー太平洋フェリー商船三井フェリー新日本海フェリー小笠原海運名門大洋フェリー阪九フェリー四国オレンジフェリー(東予~大阪)松山・小倉フェリーフェリーさんふらわあマルエーフェリーなどの長距離フェリー事業者が、2等船室相当額に対して割引を行う事例がみられるほか、短距離の航路(市営船含む)も割引が実施されている地域がある。

航空運賃[28][29]については、2016年以降に国土交通省と航空各社の間で精神障害者への割引導入に向けて協議し、準備を進めていた[30]日本航空とJALグループ各社[31]が2018年(平成30年)10月4日予約・搭乗分より、天草エアライン[32]が同年12月22日搭乗分(同年10月22日予約分)より、全日本空輸[33]ソラシドエア[34]スターフライヤー[35]AIR DO [36]が2019年1月16日予約・搭乗分より、フジドリームエアラインズが同年3月31日搭乗分(同年1月31日予約分)より、東邦航空が同年6月1日予約・搭乗分より従来から設定していた国内線の身体障がい者割引が、新たに精神障害者も対象となった。新中央航空も2020年10月1日より身体障害者割引運賃を障がい者割引運賃に変更し、精神障害者も対象とした[37]。同伴者も1名に限り、同様の割引が適用となる。

障がい者割引は、区間により割引率が異なる。先得やANAスーパーバリューのような早期購入割引や株主割引、パッケージツアーと比較すると割高になる場合が多い(繁忙期はこの限りでない)一方で、障がい者割引の場合は、早期購入割引等やパッケージツアーのように発売できる座席数や予約変更に制限がなく、空席があれば片道から購入可能で、且つ予約変更可能であるのが利点となる。国際線および格安航空会社(LCC)、一部の離島発着便の場合は、従前から身体障害者・知的障害者・精神障害者を問わず障害者割引自体が存在しない。更にLCCの場合は、小児運賃についても存在しない。

NEXCO管轄の高速道路有料道路[38]都市高速などの地方道路公社の多く[39]でも精神障害者向けの割引は行われていない[注 7]。2021年7月19日~2021年8月9日の東京オリンピック期間中と2021年8月24日~2021年9月5日の東京パラリンピック期間中に首都高速道路が行う1000円上乗せは通常割引の対象とならない精神障害者も事前申請により免除となる。(新型コロナウイルス感染症の流行拡大に伴い東京オリンピック・パラリンピックが364日延期した為対象期間が変更された。)

タクシーは地域、会社により異なり割引が行われる場合10%引となる。中には同じ地域でも会社により異なる場合もある。また運転手の知識のなさゆえに本来割引が受けられる場合でも拒否されたり逆に対象外であるにも関わらず身体、知的の手帳と誤認するなどし割引を適用されたりするケースも多く混乱の原因となっている。他の交通機関と異なり歩合給などの制度が影響しクレジットカードでの支払いとは併用出来ないなどと意図的な不正拒否も行われることもある。

上記の問題に対し、国が主体となって3障害一律の割引を行なうために動くべく、2016年3月頃から各地の都道府県議会で「障害者差別防止法に基き、精神障害者に対しても同一の交通機関の割引を行う」決議が全会一致でなされている[40][41][42]

なお療育手帳では、全日本手をつなぐ育成会等、関係諸団体の運動の結果、JR運賃や鉄道料金の割引制度が設けられた[43]

発達障害者・知的障害者の手帳取得

厚生労働省は従来より発達障害は精神障害の範疇としていた[44]。同省の通知では申請用診断書に発達障害に当たるICD-10カテゴリーF80-F89、F90-F98の記入が可能である[45]

参考までに、都道府県または政令指定都市によっては、知的障害者向けの障害者手帳である療育手帳の取得が可能な場合がある。日本は、発達障害専門の障害者手帳はない[46]

手帳自体には、知能検査の診断から、50~69程度と生活年齢の遅れで、軽度の知的障害がみられる場合も多い。最近では知的障害者に配慮した福祉サービスも行われてる。 療育手帳とは違い合併症が見られる傾向は少ない方で、3級の登録が特に多い。重心化したものでは対象外である[注 8]

手帳取得後は更新が必要である。例えば精神障害者福祉手帳は、等級に関わらず更新は2年に1回、2018年時点で手帳更新に必要な診断書を精神科クリニックに通い、精神科医に書いてもらい、担当する福祉課に精神障害者福祉手帳と証明写真と共に提出し、手帳の更新手続きを行う。

交付台帳の整備

都道府県知事は精神障害者保健福祉手帳交付台帳を備えて、手帳の交付に関する事項を記載する義務がある。精神障害者保健福祉手帳を返還をするか死亡した場合、記載された事項は削除される[47]。記載される個人情報は精神障害者の氏名、住所及び生年月日、障害等級、精神障害者保健福祉手帳の交付番号、交付年月日及び有効期限、精神障害者保健福祉手帳の再交付をしたときは、その年月日及び理由である[48][注 9]

制度の諸問題

制定時の問題

一部の精神障害者患者会が、当時の大きな圧力団体である全国精神障害者家族会連合会および全国精神障害者団体連合会が、厚生省に要望して強引に制定したとの証言がある。また病者総番号制、結局精神病者分断(行政に都合の良い精神病者と都合の悪い精神病者を分けるだけ)と批難している[49]

認定条件

認定条件は日本国政府が示した「精神障害者保健福祉手帳障害等級判定基準」によりつつも都道府県、政令指定都市で幅広い裁量があるため、行政行為としての信頼性と安定性を損なっている、障害者施策の推進に手帳が役に立っていない(実質生活保護の障害加算の決定程度)、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律には、身体障害者福祉法第15条に定めている指定医制度のような制度がなく、精神科医でなく事実上知識が浅くても、手帳申請用の診断書が書けてしまい、その診断書によって正しい判定がされず、精神障害者の権利侵害につながるなどが指摘されている[9]

税金関係

精神障害者保健福祉手帳を持っていることにより、所得税住民税などの控除を受けていた労働者が、何らかの理由で手帳が失効した場合、税金負担が一般と全く同じになり、生活が圧迫される。

判定基準

精神障害者保健福祉手帳の判定の基準が、未だに旧式の「国際障害分類(ICIDH)」に則っていることに対して、批判がある[9]。障害については、21世紀を迎えた現在では、国際連合世界保健機関が制定した「国際生活機能分類(ICF)」の基準が広まっているからである。

不正事件

2009年平成21年)に、神奈川県にて携帯電話料金の障害者割引目的での手帳偽造事件が発覚している[50][51]2014年(平成26年)には、受け取る障害年金の額を上げようと目論んで、医師の診断書を偽造する事件が発覚した[52]

通院医療費公費負担制度との関係

障害者自立支援法が施行される前まで、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(精神保健福祉法)第32条により精神科通院医療費の一部を公金にて負担した制度があった。この制度の申請時にこの手帳が交付されている者は医師の診断書が不要であった[53]

脚注

注釈

  1. 他の2手帳ではそれぞれ「身体障害者手帳」(身体障害者)・「療育手帳」(知的障害者)と表紙に記載があり、これらの状況から「障害者手帳」が精神障害の手帳であると憶測される場合もありうる。
  2. 法律の施行前に厚生省の方針では、手帳に写真を貼付する予定であったが、一部精神障害者団体が社会的偏見が大きく、紛失や手帳提示をしたことにより、差別等の不利益を得る可能性が大きいと反対したため、証明写真の貼付を2006年まで見合わせた経緯がある。
  3. ただし、都道府県政令指定都市によっては『本人都合により写真添付なし』が認められる場合がある。これによる本人の身分証明書としては使えなくなるデメリットも当然ながら発生することになる。証明写真を載せないことを選んだ場合は、手帳所持者としてのプライバシーは守られるものの、本来得られるサービスが本人確認が出来ないため、拒否される場合がある。
  4. 切符やプリペイドカードを購入して利用したりえはやかけんなどのIC乗車券に障害者割引の設定をして改札機を利用したり窓口・バス車内などで手帳(自治体によっては福祉乗車証が交付される)を提示して料金精算や乗越精算を行ったりする。東京都在住で東京都発行の精神障害者保健福祉手帳所持者は都営地下鉄都営バス日暮里舎人ライナーの無料乗車券が定期券発売所等で申請の上、支給される。大阪市営交通では大阪市内在住の障害者手帳1級所持者には申請の上介護人付無料乗車証を、2級には単独用無料乗車証を、3級には乗車料金割引証(5割引)をそれぞれ交付している。千葉都市モノレールには割引制度「精神障害者に対する運賃割引制度」がある。
  5. 福岡市交通局は、2017年3月までは福岡市在住の福岡市高速鉄道福祉乗車証・福祉割引証所持者(精神障害者保健福祉手帳所持者は、保健所で手続きが必要だった)のみに制限されていた。身体・療育の手帳所持者は従前より居住地の制限等はなく割引の適応対象となっていた。
  6. なお、この路線のみJRバス関東が精神障害者割引を行っているのは、平和交通の路線に後から参入したので制度を合わせたためである。そのためJRバス関東では、この路線以外の一般路線バスを含めた全路線で割引を行っていない。京成バスは以前「東京シャトル」として同区間を運行していた際は対象外であったが2020年2月1日より他3社の「THEアクセス成田」と統合した際JRバス関東と同様に割引を実施する形で同調している。なお京成バスはJRバス関東と異なり一般路線バスは以前より対象であった。
  7. ただし、山口県 健康増進課の様に通行料金の割引を行う場合もある。
  8. 精神障害者保健福祉手帳に関しては、IQ50~69ではおおむね3級程度で、49以下の場合では原則不可とされる。
  9. 2014年4月から性別は記載されなくなった。

出典

  1. 発達障害情報センター「発達障害者を支える、さまざまな制度、施策>参考」 国立障害者リハビリテーションセンター 2010年10月2日閲覧
  2. 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律 第四十五条の二
  3. 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律 第四十五条
  4. 精神障害者保健福祉手帳の障害等級の判定基準についての一部改正について”. 国立障害者リハビリテーションセンター (2011年3月3日). 2020年7月9日閲覧。
  5. 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律施行令 e-Gov
  6. 年金証書などの写しによる精神障害者保健福祉手帳の障害等級の認定事務について 平成7年9月28日 厚生労働省通知
  7. 「精神保健福祉センター運営要領について 厚生省保健医療局長通知」  精神保健福祉センター長会 2010年3月7日閲覧
  8. 手帳制度及び就労支援に関する資料 (PDF) 厚生労働省年金局専門家検討会(第1回)参考資料2(平成27年2月19日)
  9. 「認定する立場から-精神障害者の認定をめぐる諸問題」築島健 2015年8月4日閲覧
  10. 料金割引/福岡市交通局
  11. 福岡市博物館 館案内
  12. 【朝日】2012年6月4日「精神障害者の雇用義務化へ 厚労省方針、社会進出促す」
  13. 障害者雇用義務の対象に精神障害者が加わりました (日本語). www.mhlw.go.jp. 2018年10月15日閲覧。
  14. 鉄道・バスの障害者割引 「精神障害」置き去り - 読売新聞、2014年5月26日
  15. 東海旅客鉄道株式会社に対する業務監査の実施結果 (PDF) p.3 国土交通省
  16. 精神障がい者割引の導入について (PDF) - 西日本鉄道、2017年2月24日
  17. 精神障がい者割引の導入について(お知らせ - JR九州バス公式サイト、2017年4月4日閲覧。
  18. 障がい者割引 - 昭和自動車
  19. 障害者割引の案内 (PDF) - 堀川バス公式サイト、2017年4月4日閲覧。
  20. 一般乗合旅客自動車運輸事業標準輸送約款 (PDF)
  21. 福祉割引一覧表 (PDF) - 京都市交通局
  22. カード種類”. www.niigata-kotsu.co.jp. 2018年10月15日閲覧。
  23. 沖縄を楽しく快適に!沖縄ICカード OKICA”. 沖縄を楽しく快適に!沖縄ICカード OKICA. 2018年10月15日閲覧。
  24. カード種類”. www.kumamotoiccard.jp. 2018年10月15日閲覧。
  25. 割引「はやかけん」について 福岡市地下鉄ICカードはやかけん
  26. 高速バス 金沢線加越能バス株式会社
  27. 公営交通料金の減免 ウェルネットなごや
  28. JAL国内線 - 障がい者割引
  29. 障がい者割引│航空券│ANA国内線
  30. 国内線、精神障害割引導入へ 日航・全日空など10社、最大半額
  31. JALグループ、国内線運賃の一部変更を届出
  32. 【お知らせ】身体障がい者割引の一部変更について
  33. 2018年度下期ご搭乗分の国内線運賃適用条件の一部変更について
  34. 運賃適用条件の一部変更について
  35. 2018年度下期ご搭乗分の国内線運賃適用条件の一部変更について
  36. 2018年度下期ご搭乗分運賃の適用条件等の一部変更について
  37. 身体障害者割引運賃の運賃名称とご利用条件の一部変更について新中央航空株式会社2020年8月31日付
  38. NEXCO西日本 障害者割引
  39. 福岡北九州高速道路公社 障害者割引について
  40. 公共交通運賃 精神障害者割引進まず 九州 バス、鉄道 4割未導入 2015年6月4日 西日本新聞、2016年10月25日閲覧
  41. 県議会精神障害者の運賃割引意見書を可決/鹿児島 2016年3月24日毎日新聞、2016年10月25日閲覧
  42. 精神障害者に対する公共交通機関の運賃割引の適用を求める意見書、2016年6月15日、東京都議会議事録
  43. 当事者からの意見-知的障害の立場から「知的障害」と認定されるまでの問題点 北沢清司 「ノーマライゼーション 障害者の福祉」2004年12月号 日本障害者リハビリテーション協会 2010年9月30日閲覧
  44. 特別支援教育の推進に関する調査研究協力者会議高等学校WG(第6回)議事要旨 平成21年7月24日 文部科学省初等中等教育局特別支援教育課 2009年12月26日閲覧
  45. 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律等の一部を改正する法律の一部の施行に伴う関係通知の改正について 障発第0329008号 平成14年3月29日 厚生労働省 2009年12月26日閲覧
  46. 発達障がい者に対する療育手帳の交付について(概要) 平成22年9月13日 総務省行政評価局 2011年6月13日閲覧
  47. 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律施行令 第七条 厚生労働省
  48. 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律施行規則 第二十六条 厚生労働省
  49. キーサン革命宣言―精神病者のセーカツとカクメイ 江端一起 アットワークス 2013年 ISBN 9784939042881 p18
  50. “神奈川県精神障害者保健福祉手帳の偽造について” (プレスリリース), 神奈川県, (2009年2月3日), http://www.pref.kanagawa.jp/press/0902/013/index.html 2010年3月27日閲覧。
  51. “偽造障害者福祉手帳で、携帯電話利用料割引申し込み”. msn産経ニュース (産経新聞社). (2009年2月3日). http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/kanagawa/090203/kng0902032128009-n1.htm 2010年3月27日閲覧。
  52. “「障害基礎年金、1万円あがると思った」… 医師の診断書偽造の女、追送検 大阪府警”. 産経新聞. (2014年9月1日). http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140901/waf14090117370025-n1.htm 2014年9月8日閲覧。
  53. 精神保健福祉法詳解第二版 精神保健福祉研究会 中央法規出版 2002年 ISBN 9784805844311 p234

参考文献

  • 精神保健福祉研究会『精神保健福祉法詳解第二版』中央法規出版(原著2016年2月20日)。ISBN 978-4-8058-5293-4。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.