米田甚太郎

米田 甚太郎(よねだ じんたろう、1875年明治8年)8月27日[1] - 1938年 (昭和13年) 3月4日[2])は、日本内務官僚朝鮮総督府官僚。実業家

経歴

富山県出身。1898年(明治31年)、東京法学院(現在の中央大学)を卒業し、翌年に判事検事登用試験弁護士試験に合格した[1]。司法官試補、宮津区裁判所判事、札幌区裁判所・札幌地方裁判所検事を務めた[1]1905年(明治38年)に北海道庁警視に転じ、栃木県事務官警察部長秋田県内務部長、石川県内務部長を歴任した[1][3]。さらに朝鮮総督府に移り、忠清北道知事、平安南道知事、京畿道知事を務めた[3]

退官後は、朝鮮水力電気株式会社社長、朝鮮電気株式会社取締役、天安電灯株式会社取締役などに就任した[3]

脚注

  1. 人事興信録 1918.
  2. 米田甚太郎”. 歴史が眠る多磨霊園. 2020年10月8日閲覧。
  3. 人事興信録 1937.

参考文献

  • 人事興信所編『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第11版(下)』人事興信所、1937年。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.