筑後川の戦い

筑後川の戦い(ちくごがわのたたかい)は、南北朝時代正平14年/延文4年8月6日1359年8月29日)、筑後川をはさんで南北朝が戦った戦。大保原の戦い、大原合戦とも。

筑後川の戦い
戦争南北朝の内乱
年月日正平14年/延文4年8月6日1359年8月29日
場所九州筑後川
結果:南朝・征西将軍府の勝利
交戦勢力
南朝
征西将軍府
北朝
室町幕府
指導者・指揮官
懐良親王
洞院権大納言 
北山中将 
花山院少将 
菊池武光
菊池武信
赤星武貫 
少弐頼尚
少弐直資 
少弐頼泰
大友氏時
城井冬綱
松浦党
戦力
約40,000[諸説あり][1] 約60,000[諸説あり][2]
損害
約1,800[諸説あり] 約3,600[諸説あり]
南北朝の内乱
筑後川合戦図

南北朝時代に九州で発生した合戦では最大のもの。日本三大合戦の一つとする説もある。[3]

概要

延元元年(1336年)、後醍醐天皇征西大将軍として九州に当時8歳の皇子・懐良親王を派遣し、彼を奉じた菊池武光は、高良山(毘沙門岳)に城を築いて征西府とした。

足利尊氏が幕府の内訌であった観応の擾乱を治め、八幡の戦いを制し、正平9年/文和3年(1354年)に南朝の支柱であった北畠親房が没すると、南朝側で北朝に対抗しうる武力勢力は、九州の懐良親王と菊池一族のみとなった。

正平14年/延文4年7月、懐良親王、菊池武光、赤星武貫宇都宮貞久草野永幸、大野光隆、西牟田讃岐守ら南朝勢約4万は筑後川の北岸に陣を張り、大宰府を本拠とする北朝・足利勢の少弐頼尚少弐直資の父子、大友氏時城井冬綱ら約6万と対峙し、両軍合わせて約10万の大軍が戦った。

戦いの苛烈さについては頼山陽も詩に歌っている。この戦いで足利側の少弐直資は戦死、南朝側の懐良親王や菊池武光も負傷し、両軍合わせて5,400余人が討死にしたといわれる。この戦いに敗れた足利軍は大宰府に逃れ、九州はこの後、幕府が今川貞世九州探題として派遣するまでの13年ほどは南朝の支配下に入ることとなった。

征西将軍宮懐良親王が布陣した場所が現在の福岡県久留米市宮ノ陣である。福岡県小郡市には、将軍藤、大保、前伏、高見下など、この戦いに関連すると考えられる地名や史跡がある。また、戦いののち、傷ついた菊池武光が、刀についた血糊を川で洗った場所が、筑後国太刀洗(たちあらい、現福岡県三井郡大刀洗町)であるという伝承がある。

脚注

  1. 菊池市. KIKUCHI DIGITAL ARCHIVES 資料ID:b00031 菊池武光 (日本語). da.library-kikuchi.jp. 2020年1月22日閲覧。
  2. 菊池市. KIKUCHI DIGITAL ARCHIVES 資料ID:b00031 菊池武光 (日本語). da.library-kikuchi.jp. 2020年1月22日閲覧。
  3. 菊池市. KIKUCHI DIGITAL ARCHIVES 資料ID:b00031 菊池武光 (日本語). da.library-kikuchi.jp. 2020年1月22日閲覧。

参考文献

関連項目


外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.