筋紡錘

筋紡錘(きんぼうすい)とは、筋肉の長さを検知する固有受容器の一種である。

構造と機能

筋紡錘は

で構成されている[1]。これからの構成成分が膜に包まれて筋肉の中に埋め込まれている。

筋肉の伸長によって筋内線維が伸長すると、筋内線維に巻き付いている感覚神経末端が物理的に引き延ばされる。感覚神経末端には膜の伸展を検知するチャネルが存在しており、筋肉の伸長によって感覚神経が活性化する。これが筋肉の伸長シグナルとして身体へと送られる[2]

動物種による違い

魚類のゼブラフィッシュには筋紡錘が存在しない[3]

脚注

  1. Eric R Kandel, et al.. カンデル神経科学. 5th edition. 日本語版. p.476
  2. Eric R Kandel, et al.. カンデル神経科学. 5th edition. 日本語版. pp.476-477
  3. Proprioceptors like the muscle spindle are not found in Zebrafish.
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.