笹川千尋

笹川 千尋(ささかわ ちひろ、1948年昭和23年)1月 - )は、日本細菌学者。細菌学の分野において、病原細菌の感染機構および宿主免疫応答の機構解明に顕著な功績をあげた。特に赤痢菌およびピロリ菌の感染機構の解明に、分子生物学細胞生物学生化学免疫学的手法を早くに取り入れた研究アプローチは、他の病原細菌の感染機構の解明にも多大な影響を与えた。

Cell Host Microbe、Nature Review Microbiologyをはじめ、数多くの学術誌の編集委員を務めている。また、日本細菌学会理事長、日本微生物学連盟理事長、その他学術委員、評議委員を務め、日本の細菌学・感染生物学の発展に貢献した。日本細菌学会浅川賞・小林六造記念賞、野口英世記念医学賞、武田医学賞紫綬褒章など受賞多数。

略歴

主な業績

細菌学の分野において、高度病原細菌の感染基本原理、感染現象、宿主自然免疫応答の感染防御に果たす役割を明らかにした。赤痢菌ピロリ菌をモデルにして、病原体と宿主の相互作用を、分子生物学細胞生物学生化学免疫学的に包括的に解明する、「感染生物学」の創成に貢献した。

受賞等

学会および社会における活動

  • Cell Host Microbe学術委員2007年 -
  • Nature Review Microbiology学術委員2003年 -
  • Trends in Microbiology学術委員1999年 - 現在
  • Current Opinion in Microbiology学術委員2002年 -
  • Cellular Microbiology学術委員1998年 -
  • Molecular Microbiology学術委員1995年 - 2002年
  • Microbes and Infection学術委員1999年 - 2002年
  • 日本細菌学会理事長 2006年 - 2008年
  • 日本微生物学連盟理事長 2012年 -

主な著書

  • Molecular Medical Microbiology (ed., M. Sussman), Academic Press, 2002, pp. 645-668.
  • Methods in Enzymology, Elsevier Science, 2002, 358: 385-392.
  • Bacterial Invasion of Host Cells (ed., R. Lamont), Cambridhe University Press, 2004, 25-57
  • 医科細菌学 (改訂第3版) (吉川昌之介、笹川千尋編)、編集および分担執筆
  • 微生物実習提要 (東京大学医科学研究所学友会)、編集および分担執筆
  • 細胞工学 (2002) 特集 感染するメカニズム、防御するメカニズム、監修
  • Molecular Medicine 臨時増刊号 (2002) 免疫2002 (岸本忠三編)、免疫学アトラス執筆

参考文献・論文等

  • Sasakawa, C. et al. Infect Immun 51, 470-5 (1986).
  • Sasakawa, C. et al. J Bacteriol 175, 2334-46 (1993).
  • Suzuki, T., Lett, M. C. & Sasakawa, J Biol Chem 270, 30874-80 (1995).
  • Watarai, M., Funato, S. & Sasakawa, J Exp Med 183, 991-9 (1996).
  • Suzuki, T., Miki, H., Takenawa, T. & Sasakawa, C. Embo J 17, 2767-76 (1998).
  • Tamano, K. et al. Embo J 19, 3876-87 (2000).
  • Tatsuno, I. et al. Infect Immun 69, 6660-9 (2001).
  • Mimuro, H. et al. Mol Cell 10, 745-55 (2002).
  • Tanaka, J., Suzuki, T., Mimuro, H. & Sasakawa, Cell Microbiol 5, 395-404 (2003).
  • Ogawa, M. et al. Science 307, 727-31 (2005).
  • Suzuki, M. et al. J Exp Med 202, 1235-47 (2005).
  • Yoshida, S. et al. Science 314, 985-9 (2006).
  • Suzuki, T. et al. PLoS Pathog 3, e111 (2007).
  • Iwai, H. et al. Cell 130, 611-23 (2007).
  • Ogawa, M. et al. Nat Rev Microbiol 6, 11-6 (2008).
  • Kim, M. et al. Nature 459, 578-82 (2009).
  • Yoshikawa, Y. et al. Nat Cell Biol 11, 1233-40 (2009).
  • Ashida, H., Ogawa, M., Kim, M., Mimuro, H. & Sasakawa, C. Nat Chem Biol 8, 36-45 (2011).
  • Sanada, T. et al. Nature 483, 623-6 (2012).

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.