第5航空群

第5航空群(だいごこうくうぐん、英称:Fleet Air Wing 5 )とは、海上自衛隊航空集団隷下の航空部隊(航空群)の一つであり、那覇航空基地沖縄県那覇市)に配備されている。 群司令は海将補(二)をもって充てられている[1]

第5航空群
第5航空群ロゴマーク
創設 1981年(昭和56年)7月15日
所属政体 日本
所属組織 海上自衛隊
部隊編制単位
兵種/任務/特性 対艦・対潜航空部隊
所在地 沖縄県 那覇市
上級単位 航空集団

沿革

  • 1972年(昭和47年)
    • 5月15日第1航空群隷下に「臨時那覇施設管理隊」が新編。
    • 7月16日:臨時那覇施設管理隊が廃止。航空集団直轄部隊として「臨時沖縄航空派遣隊」が新編。
    • 12月21日:臨時沖縄航空派遣隊が廃止。「臨時沖縄航空隊」が新編(P-2J哨戒機×6機、隊員347名)。
  • 1973年(昭和48年)10月16日:臨時沖縄航空隊が廃止。航空集団直轄の「沖縄航空隊」が新編[2]
  • 1981年(昭和56年)7月15日:沖縄航空隊が廃止。「第5航空群」が新編、航空集団隷下に編入。
※ 新編時の編成(司令部・第5航空隊(P-2J×11機、B-65×1機)・第5支援整備隊・那覇航空基地隊)
  • 1990年(平成2年)
    • 3月:航空対潜水艦作戦センター (ASWOC) が完成。
    • 7月11日:第5航空隊にP-3C哨戒機が配備開始。
  • 1991年(平成3年)
    • 1月23日:第5航空群でのP-2Jの運用が終了。
    • 9月:国頭受信所(P-3C受信所)が完成。
  • 1993年(平成5年)7月30日:「第9航空隊」(P-3C×3機) を新編。
  • 1998年(平成10年)12月8日:補給整備部門の組織改編により第5支援整備隊を「第5整備補給隊」に改編。
  • 2008年(平成20年)3月26日:体制移行による部隊改編。第5航空隊、第9航空隊を廃止、統合し「第5航空隊」を新編。
  • 2009年(平成21年)10月5日:P-3C哨戒機2機が第2次派遣海賊対処航空部隊としてジブチへ派遣。
  • 2014年(平成26年)3月14日:消息を絶ったマレーシア航空370便の捜索救助活動を行うため、海国際緊急援助航空隊としてP-3C哨戒機2機と人員44名を派遣。マレーシア周辺海域及びオーストラリア西方海域にて4月12日まで捜索救助活動に従事した[3]
  • 2018年(平成30年)3月23日:航空部隊の改編。
  1. 第5航空隊の第5列線整備隊と第5整備補給隊の第5検査隊を廃止、統合し第5整備補給隊に「第5機側整備隊」が新編。
  2. 那覇航空基地隊の警衛隊、運航隊地上救難班、管理隊車両班が統合され「那覇航空警備隊」に改編。

司令部編成

司令部は、那覇航空基地に設置されている。

  • 航空群司令
    • 首席幕僚
    • 幕僚
    • 先任伍長

また、自衛艦隊#司令部の編成を参照。

部隊編成

離島上空を飛行する第5航空隊のP-3C
  • 第5航空隊(那覇航空基地
    • 隊本部
    • 第51飛行隊・第52飛行隊:P-3C(コールサイン "TIDA")
  • 第5整備補給隊(那覇航空基地
    • 隊本部
    • 第5航空機整備隊
    • 第5電子整備隊
    • 第5武器整備隊
    • 第5機側整備隊
    • 第5補給隊
  • 那覇航空基地隊(那覇航空基地
    • 隊本部
    • 那覇管理隊
    • 那覇航空警備隊
    • 那覇運航隊
    • 那覇経理隊
    • 那覇厚生隊

主要幹部

官職名階級氏名補職発令日前職
第5航空群司令海将補中村敏弘2018年08月01日第1航空群司令
首席幕僚1等海佐松浦幸一2019年01月20日第2航空隊副長
第5航空隊司令1等海佐德留秀和2020年08月03日海上自衛隊幹部学校
第5整備補給隊司令1等海佐石田良太2018年12月03日防衛装備庁プロジェクト管理部
事業監理官付事業計画調整官
兼 プロジェクト管理部事業監理官付
那覇航空基地隊司令1等海佐磯貝充貴2020年08月03日防衛研究所所員
歴代の第5航空群司令(特記ない限り海将補
氏名在任期間出身校・期前職後職備考
沖縄航空隊司令
1江上純一1973.10.16 - 1973.12.15海兵71期臨時沖縄航空隊司令第2航空群司令
2杉浦喜義1973.12.16 - 1975.10.15海兵73期自衛艦隊司令部幕僚海上幕僚監部防衛部副部長就任時1等海佐
1975.1.1 海将補昇任
3菊池良二1975.10.16 - 1977.08.31海上幕僚監部防衛部教育第2課長第1航空群司令部付
→1977.12.5 退職
就任時1等海佐
1976.5.17 海将補昇任
4野沢章悟1977.09.01 - 1979.06.30教育航空集団司令部幕僚長
→1977.7.16 航空集団司令部付
海上幕僚監部付
→1979.9.1 退職
5三宅歳行1979.07.01 - 1980.07.31海兵74期鹿屋教育航空群司令第1航空群司令就任時1等海佐
1980.1.1 海将補昇任
6橋口京一1980.08.01 - 1981.07.14海兵76期第5航空群司令就任時1等海佐
1981.4.15 海将補昇任
第5航空群司令
1橋口京一1981.07.15 - 1982.08.31海兵76期沖縄航空隊司令海上幕僚監部付
→1982.12.21 退職
2松本克彦1982.09.01 - 1983.12.19防大1期海上幕僚監部防衛部運用課長航空集団司令部幕僚長
3岡部文雄1983.12.20 - 1985.07.31防大2期海上幕僚監部防衛部副部長
4林 赳夫1985.08.01 - 1987.03.15防大2期海上幕僚監部防衛部運用課長
→1985.6.1 海上幕僚監部防衛部付
第31航空群司令
5川村純彦1987.03.16 - 1988.07.06防大4期海上自衛隊幹部候補生学校副校長第4航空群司令
6佐伯聖二1988.07.07 - 1989.05.17防大7期海上幕僚監部防衛部防衛課長海上幕僚監部付
→1989.6.30
海上自衛隊幹部学校研究部長
7桐生光憲1989.05.18 - 1991.03.15防大5期第51航空隊司令海上自衛隊幹部学校副校長就任時1等海佐
1989.8.1 海将補昇任
8石田和彦1991.03.16 - 1993.06.30防大5期海上自衛隊幹部候補生学校副校長退職
9西島宜弘1993.07.01 - 1994.12.14防大7期航空集団司令部幕僚長第31航空群司令
10角田陽三1994.12.15 - 1996.06.30防大11期海上自衛隊幹部学校教官第2航空群司令
11中島榮一1996.07.01 - 1998.06.30防大15期第2航空群司令部首席幕僚
12半田謙次郎1998.07.01 - 2001.01.10防大17期海上幕僚監部人事教育部教育課長海上自衛隊幹部候補生学校長
13平尾祐助2001.01.11 - 2002.07.31防大13期徳島教育航空群司令退職
14高橋和男2002.08.01 - 2004.08.29防大19期航空集団司令部幕僚長呉地方総監部幕僚長
15河村克則2004.08.30 - 2007.03.27防大21期自衛艦隊司令部幕僚長
16野井健治2007.03.28 - 2009.01.29防大20期教育航空集団司令部幕僚長海上自衛隊幹部候補生学校長
17小松龍也2009.01.30 - 2009.12.06防大22期第51航空隊司令第31航空群司令
18高橋忠義2009.12.07 - 2012.07.25防大23期舞鶴地方総監部幕僚長阪神基地隊司令
19大瀬戸功2012.07.26 - 2014.08.04防大25期海上幕僚監部人事教育部援護業務課長第31航空群司令
20畠野俊一2014.08.05 - 2016.12.21防大28期第51航空隊司令第31航空群司令
21大西 哲2016.12.22 - 2017.03.26防大34期統合幕僚監部運用部運用第3課長自衛艦隊司令部勤務
22市田 章2017.03.27 - 2018.07.31防大33期第1航空群司令統合幕僚監部指揮通信システム部長
23中村敏弘2018.08.01 - 2019.12.19防大32期第1航空群司令航空集団司令部幕僚長
24金嶋浩司2019.12.20 -防大36期第4航空群司令

ギャラリー

脚注

  1. 自衛隊法施行令(昭和29年政令第179号)第18条の5”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 (2019年8月30日). 2020年1月4日閲覧。
  2. 昭和55年度防衛白書
  3. 国際緊急援助活動

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.